2016年05月02日

漢方薬局経営のご相談は、残念ながら過去の度重なる経験で、こりごりしているので

2011年05月02日の茶トラのボクチン(殆ど7歳)
2011年05月02日の茶トラのボクチン(殆ど7歳) posted by (C)ヒゲジジイ

【 ブログへ掲載の可否 】:転載応諾(ブログへ転載させて頂く場合があります。)
【 年 代 】:50〜59歳の男性
【 地 域 】:近畿
【 具体的なご職業 】:大学教員
【 お問い合せ内容 】: 突然のメールにて、失礼致します。

 まず、先生にメールさせていただきたいと思いましたは、このサイトの茶トラのボクチンの写真に惹かれまして、私にも黒猫のえちごや(お前も悪じゃのう、お代官様もお好きですねえ・・・)7歳がおりまして、関心を持たせていただきました。失礼しました、前置きが長くなりました。

 さて、お尋ね致したいことがありまして、ご返事いただければ幸いです。

 私は、現在大学教員をしておりますが、漢方薬局の経営をはじめたいと考えておりまして、誠に恐縮ですが
 一度お話をさせていただく機会をいただきたいと、ここにお願い申し上げる次第であります。なお、妻と娘が薬剤師でありまして、それぞれ調剤薬局と病院で勤務し、すでに二人とも漢方の勉強と関連する認定資格も取得しております。(漢方薬・生薬認定薬剤師)

 しかしながら、素人なりにも少し調べますと、言うまでもなくなかなか経営は難しいように感じております。

 いろいろとお忙しいところ、恐縮ではありますが、先生にご教示いただきたく、ここにお願い申し上げます。また茶トラのボクチンくんにも会わせていただければと願っております。

 重ねて、恐縮ながら私もひげ面であります、余計なことでした、失礼しました。

 何卒、宜しくご検討いただきたく、お願い申し上げます。

2012年05月02日の茶トラのボクチン(殆ど8歳)
2012年05月02日の茶トラのボクチン(殆ど8歳) posted by (C)ヒゲジジイ

お返事メール:

 残念ながら、ご要望にお応えすることはできません。
 ちょうど先日も関連したブログを掲載したばかりです。

2016年04月27日 善意がアダとなって逆恨みされることはシバシバだったので

 このブログの中ほどに引用しているブログ 
2012年11月06日 医師や同業者の見学や開業の相談はお断りする理由

 もちろん、アナタがそうだといっているわけではありませんが、人は状況次第ではいつなんどき豹変しないとも限りません。

 この中に書いているように、医師でさえ、信用ならない行動を取る現代日本社会の実情に、これ以上、人間嫌いの度を増したくないので、悪しからずご了承下さい。

 取り急ぎ、お返事まで。

2010年05月03日の茶トラのボクチン(ほとんど6歳)
2010年05月03日の茶トラのボクチン(ほとんど6歳) posted by (C)ボクチンの母

折り返し頂いたメール:

 早速のご返事、ありがとうございます。

 このご返事にて、先生のご苦労の一端がよくわかりました。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2010年05月03日の茶トラのボクチン(ほとんど6歳)
2010年05月03日の茶トラのボクチン(ほとんど6歳) posted by (C)ボクチンの母

2010年05月03日の茶トラのボクチン(ほとんど6歳)
2010年05月03日の茶トラのボクチン(ほとんど6歳) posted by (C)ボクチンの母

2010年05月03日の茶トラのボクチン(ほとんど6歳)
2010年05月03日の茶トラのボクチン(ほとんど6歳) posted by (C)ボクチンの母

2010年05月03日の茶トラのボクチン(ほとんど6歳)
2010年05月03日の茶トラのボクチン(ほとんど6歳) posted by (C)ボクチンの母

【関連する記事】
posted by ヒゲジジイ at 19:00| 山口 | 繊細でデリケートなヒゲジジイ | 更新情報をチェックする