2016年03月12日

HPやブログの案内に 「どうしてそんなに厳しいことを書かれているの?」

2009年03月11日の茶トラのボクチン(4歳)
2009年03月11日の茶トラのボクチン(4歳) posted by (C)ボクチンの母

 昨今、タイトルのような質問を受けることが多いが、当然、クレーマー予備軍撃退の目的が大きい。

 人間様は、猫様たちと異なって、うっかり信用できないからである(苦笑。

 できることなら、醜悪な人間の隠された闇の本性を見たくないのである。

 たとえば、若い頃の一つのトラウマとして、こんなことがあった。

 ご主人が癌に罹ったとかで、人に奨められたという某生薬を指名買いされた婦人があった。

 こちらも若かったから、指名される通りの生薬を素直に販売した。

 ところが、しばらく日を置いて、突然、その奥様らしき人が、血相を変えて勢いよく薬局に闖入して来た。
 
 お行儀よく来訪されるのならよいが、まさに闖入である。

 「こんな効かないものを売りつけてやがってっ!」といった類のことを喚くなり、残りの生薬袋を、こちらに向かって投げつけてきた。

 これが元「ヤマトなでしこ」の所業である。

 さらに大声で喚きながら出て行かれたのには唖然、呆然、愕然。

 つくづく人間様とは、得手勝手であり、誰かに責任を押し付けずにはおれない、実に卑劣で恐ろしい動物であることをしっかり学んだものである。

 これに類似した体験は、折々に、このブログにも書いて来たので、それ等もついでに紹介しようと思ったが、あまりに記事が多過ぎて面倒になり、とうとう探すの諦めた(苦笑。

 ちなみに、現在の記事数:2484

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2011年03月11日の茶トラのボクチン(6歳)
2011年03月11日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母

2010年03月11日の茶トラのボクチン(5歳)
2010年03月11日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母

2010年03月11日の茶トラのボクチン(5歳)
2010年03月11日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母

2010年03月11日の茶トラのボクチン(5歳)
2010年03月11日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母

【関連する記事】
posted by ヒゲジジイ at 00:20| 山口 ☀| とんでもない話や、信じられない困った話 | 更新情報をチェックする