2015年10月02日

クレマーには絶対に教えることのできない、咽喉腫痛を即効で治せる可能性の高い秘伝

2009年10月3日の茶トラのボクちん(5歳)
2009年10月3日の茶トラのボクちん(5歳) posted by (C)ヒゲジジイ

 午前中、耳の遠い常連さんに大声で話していたら、咽喉がヒリヒリ痛くなった。

 これはヤバイと、手元にあった板藍茶を唾液で潤して飲み込んだが、それでもまだスッキリしない。

 そこで、あの不味い天津感冒片の1錠だけを取り出して、トローチのようにしゃぶり続けながら、唾液で潤して少しずつ咽喉全体に行き渡らせるように、1錠すべてが口内で消えるまで溶かし続けたら、即効で治ってしまった。

 この安上がりで節約した方法は、村田漢方堂薬局の秘伝である。

 以前、この秘伝が、とんでもない地区に伝わって、一般客から製造メーカーに、「口で溶かさないといけないのかっ?」と苦情の問い合わせがあったという。

 どんなことにでも難癖をつけるヤツが絶えない。

 こういう秘伝は、クレーマーにまで教えたつもりはない。

 だから、これはあくまで、一般の人には伝授することのできない村田漢方堂薬局だけの秘伝である(苦笑。

 たまには応援のクリックをお願いします!⇒ 健康・ダイエットランキング
 こちらも一緒にお願いします

2010年10月3日の茶トラのボクちん(6歳)
2010年10月3日の茶トラのボクちん(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ

ラベル:天津感冒片
【関連する記事】
posted by ヒゲジジイ at 20:27| 山口 ☀| 風邪やインフルエンザ・咽喉痛 | 更新情報をチェックする