2015年03月07日

今生は、ちょうどボクシングでいえば、1ラウンドのわずか3分に過ぎない

2006年03月07日の茶トラのボクチン(1歳)
2006年03月07日の茶トラのボクチン(1歳) posted by (C)ヒゲジジイ

 土曜日だから、ちょっと息抜きに。
 といっても頭でっかちの唯物論者には無縁な話しだが、以下は先日あったお話し。

 但し、ヒゲジジイ自身は、あらゆる種類の『宗教』とは、まったく無縁な人間であり、どちらかといえば『構造主義科学論者』であると自認しているものである。

 この苦しい人生が、ルールのあるボクシングのように3分戦って1分の休憩時間があればよいのに。
 どうしても耐えられないときは、タオルを投げてもらって試合を打ち切ることさえできるのに。
 実際の人生はそのようなルールがないので、苦しみ抜く一生となってしまう・・・。

 と慨嘆される人がいた。

 何をおっしゃいますっ! 実人生なんて、ちょうどボクシングの1ラウンド3分に等しいもの。
今生が終われば1分くらいの休憩時間があって、また生まれ変わって次の人生がはじまる。
 12ラウンドや以前のように15ラウンドも戦うなんていう人は、まだまだ地球上での勉強が足らない証拠。
 お互いに、いつまでも落第していたら、100ラウンド以上も戦わなければならないかもしれない。

 
 前世があって今生があり、また来世がある。
 今生では忍耐精進すればしただけ、直ぐにKO勝ちすることもあれば、判定勝ちすることもあり、そうはならない場合でも、あの世で、あるいは来世で必ず報われる。
 苦があっても、いずれは必ず報われて、楽が待っている。

 努力すれば必ず、いつかは報われるときがやって来る。
 そのかわりに楽が続き過ぎると人間は堕落しやすいので、遅かれ早かれ、またもや苦が待っている。

 因果応報の法則だから止むを得ない。

 といっても、もしも楽ばかりが続いたら、こんなに退屈なこともないだろう(苦笑。

 実際のボクシングには階級制度があるけど、実人生では階級制度はなくなっている。
 ところが、あの世に帰れば、霊性における階級制度は歴然と存在する。

 来世では、類は友を呼ぶ、という現実が待っている。

 今生で頑張ってこそのあの世であり、また来世なのだから、お互いに逃げるわけにはゆかないでしょう。

 以上は、実際にあった会話をやや誇張・整理してまとめた。

たまには応援のクリックをお願いします!⇒ にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

2009年03月07日の茶トラのボクチン(4歳)
2009年03月07日の茶トラのボクチン(4歳) posted by (C)ヒゲジジイ

2009年03月07日の茶トラのボクチン(4歳)
2009年03月07日の茶トラのボクチン(4歳) posted by (C)ヒゲジジイ

2010年03月07日の茶トラのボクチン(5歳)
2010年03月07日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ヒゲジジイ

2011年03月07日の茶トラのボクチン(6歳)
2011年03月07日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ

2012年03月07日の茶トラのボクチン(7歳)
2012年03月07日の茶トラのボクチン(7歳) posted by (C)ヒゲジジイ


【関連する記事】
posted by ヒゲジジイ at 00:00| 山口 ☁| 漢方相談室での談話風景 | 更新情報をチェックする