2014年12月01日

先週の疲れを癒すべき日曜日は、仕事を離れて他分野の読書に専念していると、久しぶりに閃輝暗点がやってきた

2008年12月01日のボクチン(4歳)
2008年12月01日のボクチン(4歳) posted by (C)ボクチンの母

 昨日の日曜日は、仕事のことを忘れて、他分野の読書に専念していたから、月曜日のブログは、必然的に空っぽのものになる。

 ところが夜になって、久しぶりに閃輝暗点に襲われ、しばらく読書を中断せざるを得なかった。
 芥川龍之介も晩年、これに悩まされて『歯車』という小説を書いている。
 
 閃輝暗点が消えたら、同月同日の天界で暮らす可愛いボクチンの写真を貼って英気を養うのみ。

たまには応援のクリックをお願いします!⇒ にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

2008年12月01日のボクチン(4歳)
2008年12月01日のボクチン(4歳) posted by (C)ボクチンの母

2009年12月01日のボクチン(5歳)
2009年12月01日のボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母

2010年12月01日のボクチン(6歳)
2010年12月01日のボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母

2011年12月01日のボクチン(7歳)
2011年12月01日のボクチン(7歳) posted by (C)ボクチンの母


タグ:閃輝暗点