2014年03月08日

前回の続き:適切な漢方薬の選択と使用方法の伝授は手間暇がかかるので専門家と親しくなるのが一番

2008年8月7日のボクチン(4歳)
2008年8月7日のボクチン(4歳) posted by (C)ボクチンの母

折り返し頂いたメール:

 お返事ありがとうございます。

 銀翹散も、予防で飲んで良いと言われました。

 まだ飲んでいないので、お返事頂いて良かったです。

 お忙しい所、本当にありがとうございました!

 別の漢方薬局を探してみます!

2008年8月7日のボクチン(4歳)
2008年8月7日のボクチン(4歳) posted by (C)ボクチンの母

お返事メール:

 もともと咽喉に炎症が生じやすい体質の人であれば!という条件付きですが、

銀翹散(天津感冒片も同様)を少量(1〜2粒)を使って溶かした液体を咽喉にしますような(その詳細は省略しますが)予防的に常用する方法がありますが、このような方法は何度も通われて、互いに信頼関係が構築できているお常連さんやお馴染みさんでなければ、伝授しにくいものです。

はやく信頼関係の結べる漢方薬局がみつかるとよいですね。

2008年8月7日のボクチン(4歳)
2008年8月7日のボクチン(4歳) posted by (C)ボクチンの母

【関連する記事】
posted by ヒゲジジイ at 09:39| 山口 ☀| 風邪やインフルエンザ・咽喉痛 | 更新情報をチェックする