2014年03月06日

健康補助食品の乾燥ミミズ(田七人参含む)を服用して熱証から強烈な寒証に転じた人からのお問い合わせ

2008年8月7日のボクチン(4歳)
2008年8月7日のボクチン(4歳) posted by (C)ボクチンの母

【 ブログへ掲載の可否 】:転載応諾(ブログへ転載させて頂く場合があります。)
【 年 代 】:50〜59歳の女性
【 お問い合せ内容 】:

 いつもブログを拝見しています。
 しかし先生に質問をする事になるとは思っていませんでした。
 今どうしたらいいのかアドバイスをいただきたく連絡させていただきました。

 2月15日〜健康補助食品の乾燥ミミズ(田七人参含む)を服用。

 1日6〜7cpが標準のところ、様子を見ながらと思い始めの1週間は朝夕各1cp。

 2週目に朝夕各2cpに。

 そして3週目に入った3月1日に朝2・夕3cpと増やしていきました。

 1週目の途中、足の裏がスーとしました。あれ?と思いました。

 2週目の途中でも感じました。

 3月2日、朝から体が異常に冷たくどうしようもなくホッカイロを両足の裏に。

 これまで冷えで悩まされた事は1度もありません、暑がりです。

 両肩から指先まで、両ひざから足の裏まで、本当に冷たくて、これはしまったと思っています。
 昨夜舌をみたら、真っ白。
 見たことがない状態でした。
 3月1日を最後に服用はしていません。

 4年程前から不整脈があり、年に数回乱れが気になる時はありますが、毎年検診で経過観察というところです。

 この服用には、脈の乱れからくる血栓などにも良いということで予防で始めてみました。
 副作用には便秘・下痢とあります。

 本来であれば自分の事をもっと詳細にして質問をしていくべきだと思います。
 ただこの冷え方は、どうしたらよいのか。

 すぐに漢方薬局に行き策を講じるのか、それとも何とかこのままで戻るものなのか、
 こうした表れは治らないのでしょうか。

 先生のお考えを聞かせていただけますか。
 どうぞよろしくお願い致します。
 お忙しい先生に、自分の勝手な事で生じた内容での相談で本当にすみません。

トラちゃんとスコちゃんとシロちゃん
トラちゃんとスコちゃんとシロちゃん posted by (C)ボクチンの母

お返事メール:

> 2月15日〜健康補助食品の乾燥ミミズ(田七人参含む)を服用

とのことですが、乾燥ミミズはエキス剤としたものが第2類医薬品として「地竜」という名で流通しているものです。

 効能には「感冒時の解熱」となっていまが、中医学では清熱・鎮驚・定喘作用のある中薬として使用されます。
 単純に言えば、冷やす作用が強力です。
 それゆえ、中医学では熱性の炎症性疾患に他の方剤に加えて多用されます。

 結論として、あきらかに乾燥ミミズが原因で、身体を強く冷却してしまっているので、そのようになる前に中止すべきでした。

 もともと暑がりであれば、適量を必要な時だけ使用するには便利だったでしょうが、臨機応変に考えるべきでした。

 結果的に乾燥ミミズによって冷やしすぎたわけですから、中止してもまだ回復しない場合は、ご近所の漢方薬局で相談されて、当帰四逆加呉茱萸生姜湯など、適切な末梢血管を温める方剤を服用されると早く回復されると思います。

 但し、この場合でも、ほどほど温まった時点で、適当な時期に中止すべきです。

 一番良いのは購入されたところで、よく相談して現時点で必要な漢方薬を指導してもらうのが最善だと思います。

 取り急ぎ、お返事まで。

2008年8月7日のボクチン(4歳)
2008年8月7日のボクチン(4歳) posted by (C)ボクチンの母

折り返し頂いたメール:

 先生、早速のお返事を本当にありがとうございます。
 感謝いたします。

 今日も一日中体に向き合っています。
 冷たくて、冷たくて。
 怖くなりました。

 漢方薬局に相談に行きます。

 先生もどうぞお体を大切にお仕事を続けて下さい。
 ありがとうございました。

トラちゃん
トラちゃん posted by (C)ボクチンの母


タグ:地竜
【関連する記事】
posted by ヒゲジジイ at 00:29| 山口 ☁| 漢方と漢方薬関連の御質問 | 更新情報をチェックする