2014年02月05日

強力な補陽剤や去寒剤は長期連用は適さないことが多いように思われる

2008年8月2日のボクチン4歳
2008年8月2日のボクチン4歳 posted by (C)ボクチンの母

 明らかな附子の証があって、初期に速効があっても長期連用は適さないことが多いように思われる。

 昨今遭遇しただけでも、真武湯が主体の配合でしっかりと効果があった繊維筋痛症の人2名にクローン病の人1名。

 そのうち2名は初期には速効を得て、1名は劇的な効果を得たが、いずれも数ヶ月もしないうちに温熱過剰となって、真武湯は二度と出番がなくなっている。

 そのうち1名は、折々に隠し味程度に必要なことがあるが、ひところのように大量には必要ではなくなっている。

 大建中湯においては、子宮内膜症などで腹部の冷えが強烈なケースでは、牛膝散製剤などを主体に大建中湯去膠飴の製剤を併用することで劇的な効果を得ることが過去、相当な人数に上るが、遅かれ早かれ寒邪はほとんど除去されるので、いずれのケースでも、服用量を激減すべき時期がやって来る。

 多くは、たとえ使っても生理中に頓服程度にとどめておくのでちょうどよいレベルに改善する。

 真武湯にしても大建中湯にしても、長期連用は適さないというか、あるいは使っても断続的に使用するなり、微量の併用程度に落ち着いてくることが多い。
 
 但し、附子剤である真武湯に関しては、たとえ初期に速効があっても、一定期間を過ぎると完全にお役御免となることもある。

 以上、大した内容でもないが、例によって猫ちゃんの写真を貼るためのお茶濁し記事に過ぎない。

肩に乗るのが大好きなトラちゃん
肩に乗るのが大好きなトラちゃん posted by (C)ボクチンの母


ラベル:真武湯 大建中湯
【関連する記事】
posted by ヒゲジジイ at 00:40| 山口 ☀| 中医漢方薬学 | 更新情報をチェックする