2012年11月20日

この大変な時期に無礼な同業者から逆切れメールを受け取ったこと

日本一小さな小鳥=キクイタダキ
日本一小さな小鳥=キクイタダキ posted by (C)ヒゲジジイ

 関東の五十代の同業者から、90歳近いご家族の漢方相談を受けたが、相手もプロであるし、メールレベルで安易なお返事もできないので、

「残念ながら、九十歳近いご高齢者の病状が複雑化した時点での漢方相談を受けた経験がほとんどありません(というか長年当方で漢方相談を受けていたご高齢者や常連さんのご家族以外はすべてお断りしているのが実情)ゆえ経験に乏しく、アドバイスさせて頂く資格はまったくありません。
お役に立てずに申し訳ありません。 」

 とお返事していたところ、実に無礼千万な長々と執拗な逆切れメールを受け取った。
 あまりに長文なので、一部をピックアップして最も頭に来た部分を転載すると、
4.仮に高齢で経過の複雑な方の漢方相談の経験に乏しい(断わっている)のであるのになぜ常連の方のご家族の高齢者だけの相談にのられるのですか?大変失礼ですがポリシーがない。公平性がない気もします。ごめんなさい。

5なぜ高齢者の方の複雑な経過(私は何故複雑化の意味が分からないのですが)の漢方相談を断られるのですか。

6先生はたぶん生まれて初めての漢方相談は経験なしでされているはずですね、相談者が違えば何百回も、何千回も・・・・若い人ならいいとか、高齢者だとダメとか高齢者はダメ治らないということですか?病院の先生は年だからあきらめてくださいと言いますが同じ感じもします。何をするにも経験ないことをやってゆく事がないとすべてのことは前進しないはずです。経験することが人間のすべてだと思っています。新しいことにチャレンジすることそれには今までの経験から学んだことからやってそれが誠意であれば、貪欲に前に進む事で失敗してもだれも意義や文句は言わないと思います。

7高齢者で先生のおっしゃる複雑?な経過の方は漢方は適応外であると理解していいのでしょうか?漢方薬はすべての人に平等に使える治療法であると信じていますが如何でしょうか?

 実にみっともない逆切れであるが、当方の返事は、
こちらも一般の生活者です。
父上様が大変なことはご同情申し上げますが、こちらもやや似たような状況で、日々の仕事をこなしながらさまざまな困難に耐えながら仕事を続けている最中です。
何の縁もゆかりもない同業者?に、申し訳ないことながらメールでお付きできる暇と心の余裕もない状況です。
大変な状況は貴方だけではないこと、見ず知らずの同業者?から、このような居直ったような無礼千万なメールを受ける方の身にもなって欲しいものです。
こちらとて、人には言えない問題で、ヤケクソになりそうな気分を必死で我慢している状況が仕事外で続いているのです。
どのような分際でこのような無礼なメールを送りつける資格がおありなのでしょうか!?


参考にすべきブログ:2008年03月10日 お断りせざるを得ないご高齢者や子供さんのご家族からのお問い合わせ

BSC_4845
BSC_4845 posted by (C)ヒゲジジイ

タグ:無礼者
【関連する記事】