2012年08月21日

閉経後に縮小しない子宮筋腫の一つがグレーと言われ(子宮癌の疑い)

IMGP6768
IMGP6768 posted by (C)ボクチンの母

【 ブログへ掲載の可否 】:転載応諾(ブログへ転載させて頂く場合があります。)
【 年 代 】:50〜59歳の女性
【 地 域 】:甲信越
【 ご職業 】:事務職
【 お問い合せ内容 】: 村田漢方堂薬局 様  
 
 随分悩みましたが、やはりご相談に乗っていただきたく、メールさせていただきます。
 
 5月に受けた人間ドックから、”子宮筋腫”についてずっと悩んでいます。そんな折、「桂枝茯苓丸」という漢方薬が効くということがインターネットに載っていて、しかし近隣には漢方薬に造詣の深いお医者さんも居ず、もし漢方を扱っておられるお医者さんから処方してもらったとしても、やはり自分に合わなければ、効かないことは勿論、弊害もあることがこちらの村田様のホームページをいろいろと拝見しわかりました。でも漢方薬が自分に合えば素晴らしい効果が得られることもこちらのホームページを拝見し、よくわかり、また元気になったかたがうらやましくなりました。

 以下に書かせていただきますが、現在5?歳ですが、35歳頃から身体のあちこちが故障し始め、何をするにもどこに出かけるにも、いつも身体のことを気にかけながらで、本当に情けない限りです。そんな中で当然いろいろなお医者さんにお世話になっているわけですが、このお医者さん、私のこの症状がご自分の家族のことだったら、本当に同じ治療をされるのだろうかという思いと、でも私はこのお医者さんを頼るしかないんだというジレンマがあるのも事実です。

・子宮筋腫について
  以前から筋腫があるのはわかっていて、地元の総合病院で、半年に一度診察を受けていました。閉経すれば小さくなるでしょうと言われ、私もそれを期待していたのですが、閉経して一年半、なかなか変わらず、(以前の先生はときどきMRI検査をしてくださっていて(定年でお辞めになった)私が今度MRIをする必要はありませんか?とお聞きすると「私はそういうものは好きではない」ということでした。毎年人間ドックは受けていて、でも婦人科検査は半年に一度見ていただいているのでドックではパスしていました。でも自分が不安で今年、別の総合病院でドックを受けた時には検査をしてもらいました。内診をしてもらってすぐに、異常を指摘され、すぐにその病院の婦人科を受診することになりました。そこではやはり言わなければいけないと思い、現在半年に一度診てもらっているんですと。当然ですがじゃあそちらでよく診てもらってくださいと言われました。いくら今までの病歴があるにしても地元の病院に行く気になれず、離れた大学の附属病院を受診しました。内診そしてMRI検査の結果、2つあるうちの1つは良性であるのは確認できるが、もう1つは“グレー”とのこと。お医者様に閉経していることだし、子宮全摘をするほうがもし悪性であったとしてもとりきれるわけだからよいのでは、と手術を勧められました。私にしてみると思ってもいなかったことで本当にびっくりしました。旦那様と相談してきてくださいとのことでした。本当に悩み、もう一つの選択肢である”もう少し様子をみる”ということにし、3か月たちました。今回このことで村田様のホームページを拝見することになったのです。

(・左胸乳がんについて)
  4年前に温存手術、放射線治療を受けています。性格は“硬癌”とのことで、再発のことを思うと胸が締め付けられる思いですが、日常そんなことにとらわれるているとやっていけないので、考えないようにしていますが、怖いです。

(・高血圧症)
  自分が高血圧症で悩むことになるなんて若いころには想像もしませんでしたが、10年前(このとき職場の人間関係で自分の娘にも泣きつくほどの悩みがありました。)、それまでもあった偏頭痛とは違う頸部から後頭部の痛みを感じるようになり、そのことで医院を受診した所、血圧が170−100もありました。服薬への抵抗もありましたが、それから降圧剤との付き合いが始まりました。服用していても体調からか2,3か月に一度は上記のように高くなり、同時に首から後頭部にかけての締め付けられるような痛み、手足の痺れ感があり、そのことを心配なのでかかりつけの医院を受診し、訴えるとこのくらいの血圧でそんな症状が出るわけはないと言われ、痛みどめを処方されしぶしぶ帰ることも何度もありました。

(・高脂血症)
  ここ何年かずっと脂質以上で、コレステロールをはじめ、今回の人間ドックでは”悪玉”が異常に高かったので前から服用を進められていたため、2か月前から服用を始めました。

 そのほかにも胃ポリープがあったり、大腸ポリープがあったり、眼圧が高めだったり、自分でも情けなく、またお恥ずかしい限りです。


 こんなに読むのも嫌になるくらい書かれて、どうしてもらいたいの?と言われそうですが。
 
 遠方でも本気になれば、がんばって通ってこられる患者さんは大勢おられることと思います。
 現在、認知症でおまけに骨粗鬆症で動けない母(二年前に母が認知症になったときにも、何か認知症 に良い漢方薬はないものかと探したのですが、結局医者のいうままに西洋薬に頼ることになりました が)がいるため、なかなか通うことはかなわないですが、でも「漢方薬」に賭けてみたい思いも強い ので、ホームページで拝見したように3日ほどそちらに伺い、自分の症を診ていただき、アドバイス を受けることは可能でしょうか?それをお聞きしたく、長々と書かせていただきました。

  最後までお読みいただきありがとうございました。

DSC09721
DSC09721 posted by (C)ボクチンの母

お返事メール: 閉経後の子宮筋腫のご様子、疑いがあれば医師のアドバイス通り全摘を受けるほうが無難かもしれません。
 ましてや過去に乳癌、それも硬癌であればなおさらで、婦人科系統(子宮と乳房)の連絡関係を考えると、なおさら全摘されておくのが無難なように思われます。

 その前後の再発をできるだけ予防する意味では弁証論治に沿った中医学的な漢方薬や中草薬類を利用されることはとても懸命なことだとは思いますが、ご連絡頂いた諸症状ともあわせて考慮すると、抗癌中草薬を主体にしてその諸症状も改善する漢方薬類を総合すれば、あきらかに月額にして10万円近くかかってしまいそうです。

 ましてや甲信越地方からしばらくは最低でも一ヶ月に一度くらいは通ってもらい、服用後の反応を確かめながらしばらくは微調整の検討が必要です(配合が安定すれば数ヶ月分まとめて購入も可能ではありますが)。

>  遠方でも本気になれば、がんばって通ってこられる患者さんは大勢おられることと思います。

と書かれておられますように、その通りで、婦人科癌に限らず、血液癌や肺癌類など重大な疾患でも皆さんしばらくは通われ、来れない時には第2類医薬品以外のもの(第3類医薬品や中草類など)は通信販売が可能なので、代引きでお送りする方法を利用されています。

 貴女の場合、遠方であることもさることながら、母上様の介護の問題や旅費や漢方薬類の経費的な問題も含めて、当方の流儀には向かないのではないかと思います。
 
 以上、取り急ぎお返事まで。

IMGP6019
IMGP6019 posted by (C)ボクチンの母

折り返し頂いたメール: 本当に早速のお返事ありがとうございます。ホームページを読ませていただいていると、月曜日というのは本当にお忙しい日でありますのに、親身にお教えいただきありがたかったです。

 「全摘」ということにまず恐れおののいたというのがあります。それで「様子を見る」という選択肢を選び、それ以後のことが考えられなくなっていたのも事実です。
 改めていろいろなことを考え合わせると、やはり村田様の言われるような選択をすることが懸命なのかと思い直しました。これから「全摘」した後の体が受けるダメージなどいろいろ調べながら、前向きに考えていきたいと思います。

 母を送ってからでなければ、私は逝けないという思いだけはあってもこればかりはどうしようもなく、せめてぎりぎりまで元気で過ごせるようでありたいと願うばかりです。
 お示しいただいた、費用面、状況等クリアできるときがきたら、すぐにでもお世話になりたいと思っています。村田様のような方が近隣にいないということが本当に口惜しいです。

 意を決してご相談させていただいて、本当に良かったです。
 村田様のご自身のお身体にもご留意の上、ますますのご活躍をお祈りいたします。
 本当にありがとうございました。


編集後記: ちょうど前回のブログ子宮体癌手術前の諸検査で発見された肺の5つの腫瘤も子宮癌にからんで、偶然にも肺の腫瘤が5つも見付かったケースなど、ご本人の希望もあって出来る限りの中医学的な配合を行うと漢方薬類の諸経費は月額に換算すると、やはり8〜9万円はかかっている。
 これに関西から通われる交通費も加わるわけだから、できるだけの漢方薬類でサポートするとなると、長期間一定の経費の出費は免れそうもない。
 但し、そこまでやっても絶対的な効果の保障まではできないわけだから、実に因果な仕事ですね。

IMGP2058
IMGP2058 posted by (C)ボクチンの母

posted by ヒゲジジイ at 20:56| 山口 ☁| 子宮頚部異形成および子宮頸癌や子宮体癌・卵巣癌 | 更新情報をチェックする