2006年11月24日

まさに弱肉強食を証明するかのように真っ先に反応した漢方製造メーカーさん

 休み明けの金曜日だから、薬の補充注文の電話が多い上に複数の新人さんや、ようやくピントが合った人、シッカリ方針が決まって点検確認しながら継続中の人、まだピントがしっかり合わずに残念がる人などなど、一日中多忙で疲労困憊の夕方閉店前、昨日のブログ
薬系漢方業界も弱肉強食時代に突入間違いなし!
 に早速反応した漢方製造メーカーの外交員さんがやって来られた。薬局内にお客さんが多いので、外で一時間も待っていたのだという。

 案の定、真っ先に反応したのはU社だった。
 「悪魔のササヤキ」が気に食わぬのか、仕入れ価格の値引きをプレゼントに来られたと思いきや、トンデモナイ! 驚くべきことに納入価の値上げ交渉に臆面もなくやって来たのだと言う。

 これが現実社会というもので、本日はしかもこの社の牛黄製剤を三度も服用して命をつないだのだった(笑)
【関連する記事】
posted by ヒゲジジイ at 21:39| 山口 ☁| 繊細でデリケートなヒゲジジイ | 更新情報をチェックする