2012年03月04日

不妊症に杞菊地黄丸主体で三連続フィット

IMG_9344
IMG_9344 posted by (C)ボクチンの母

 当方の薬局は不妊治療を歓迎して受け入れているわけではないが、アトピーやパニック、あるいは虚弱体質など他の疾患治療で漢方薬の効果を実感された人達が、時を隔てて不妊症の改善も請われたケースが多い。

 ともあれ、最近では三人連続、三人が三人とも杞菊地黄丸主体でめでたくご懐妊となった(笑。

 その三例のうち、二例は海馬補腎丸と極めて優秀な加味逍遥散製剤も必須の配合方剤として併用してもらった結果である。

 三例目が先ほど、めでたくご懐妊との報告がメールで入ってきたので、これで杞菊地黄丸や海馬補腎丸など、一定の条件下では補腎薬が不妊治療に有効なことがますます証明された。

 一例はまる二年かかったが、他の二例は一年以内、本日の例はほんの数ヶ月。

 いずれも西洋医学治療を断念して純粋に漢方薬のみによる成果。

 少しは人口減少の歯止めに貢献したかもしれない(笑。

IMG_9299
IMG_9299 posted by (C)ボクチンの母


タグ:不妊症 漢方