2011年08月01日

図々しいクレーマーが増え続けるネット社会の日本人

GSC_2668
GSC_2668 posted by (C)ヒゲジジイ

 電話で自分に合った漢方薬を教えて欲しいという図々しい電話がかかった。
 当然、受付嬢は鄭重にお断りした。

 相談があるから店主を出せ、といきなり図々しい電話にも、受付嬢は鄭重にお断りした。

 前者では早速、ウジウジと恨み辛みのメールが執拗に続いた。

 メールでいきなり罵りられることも珍しくない。

 「お前は本当に腕がいいのか、漢方のことを調べてもお前のブログばっかり検索されて先に進まない。死人増やす気か。治せないくせにブログなど書くな。」

 これが現代日本人の成れの果てである。

 だからますますいよいよ警戒して、迂闊には相談に乗れないという悪循環のようだが、現実には直接やって来る人たちは、古きよき時代の日本人的感覚の若者ばかりである。

 どうせコチトラ、老い先短い最終ラウンドに差し掛かっている。
 不遜で図々しい連中とは断じて付き合ってやるものかっ。
 慇懃無礼も同様である。

 最低限のマナーも守れない連中が多過ぎる。
 だからこちらもますます依怙地になる(苦笑。

 このブログが気に入らないからといって、匿名の罵りメールが毎年何通送られてくることかっ。
 卑怯でかつ卑劣、匿名者による罵詈雑言にもほどがある。

 とうとうここまで落ちた日本人。
 これが「世界に誇れる日本人」などとは、実に噴飯物である。

 「世界に誇れる日本人」とは、当方の常連さんやお馴染みさんのような人達のことである(笑。

CSC_7153
CSC_7153 posted by (C)ヒゲジジイ

【関連する記事】
posted by ヒゲジジイ at 00:39| 山口 ☁| 繊細でデリケートなヒゲジジイ | 更新情報をチェックする