2011年02月06日

悪性リンパ腫の漢方相談

DSC_3214
DSC_3214 posted by (C)ヒゲジジイ

ブログへの転載の可否 : ブログへ転載を許可します
ご職業 : 自営業の男性
簡単なご住所:日本国内
お問い合わせ内容 : 半年前ぐらいから右目が飛び出て、垂れている感じがありました。いろいろと眼科を受診したのですが「ガンケン下垂」と言われただけでした。

 どうも目の内側からの圧迫のようなので、昨年の12月に再度違う病院を受診しました。MRIやCT、ペット検査の結果「悪性リンパ腫」と診断されました。

 MRIとCTで両目の上あたり(とくに右の腫れが大きい)と肺に小さくリンパ腫が見つかり、MRIで足の付け根あたりと首に小さく腫瘍があるとのことでした。

 まだ小さいこともあり、入院にて化学療法を行うとのことでした。仕事が多忙ということもあり、体の冷えや無理のしすぎのような気がいたします。

 入院前に先生に漢方等を調合していただければと思いメールいたしました。予約等はどのようにすればよろしいのでしょうか。先生の薬局にお伺いするのは初めてです。よろしくお願いいたします。

DSC_7736
DSC_7736 posted by (C)ヒゲジジイ

お返事メール:悪性リンパ腫は漢方薬で容易に治るような病気ではありません。

 でも、さいわい西洋医学の化学療法がかなり有効なことが多い腫瘍ですので、西洋医学治療にご専念下さい。

 取り急ぎ、お返事まで。

DSC_7722
DSC_7722 posted by (C)ヒゲジジイ

折り返し頂いたメール: ありがとうございます。
 化学療法が有効な場合があることは存じております。
 また、体力が極端に弱ることもあることも存じております。

 少しでも体力等の温存や治療効果がいい方に向かえばいいと思いメール致しました。
 漢方薬が難しいことも存じております。
 なにかいい方法はないのでしょうか。

 知り合いに聞きまして、先生の所ならいい方法を見つけてくださると聞いたものですから。

 宜しくお願い致します。

DSC_7818
DSC_7818 posted by (C)ヒゲジジイ

お返事メール:ご意向、しっかり理解申し上げました。
 直接来られて体質をしっかり把握してからのことになるとはいえ、血液リンパ系の癌・腫瘍類の場合、当方の流儀では多くの場合、最低限四種類(10日分で三万円弱の経費)の方剤が必要で、その中には第2類医薬品に該当する漢方薬が二種類含まれます。

 それゆえ、現在の薬事法上では、通信販売を行えません。

 最初に一度来られた時点では10日分の配合で様子をみてもらうことになりますが、その後の様子ではさらに服用量を増やす必要がある場合も有り得ます。

 10日以後、漢方薬を補充されるには直接来られる必要があり(二回目からは代理の人でも可能ですが・・・)、第2類の医薬品に該当する漢方薬が含まれるため、通信販売は出来ません。(効果が明らかによい場合は、まとめ買いも可能となります。)

 もしも、上記の条件でよろしければ、特別予約される必要はありません。

 開業時間は「日曜・祝祭日休業 平日は午前9時〜午後6時まで 但し、土曜は昼12時まで」となっています。
 詳しくは、http://murata-kanpo.ftw.jp/ および http://murata-kanpo.ftw.jp/u11571.html
あるいは http://murata-kanpo.seesaa.net/ を御覧頂くとさいわいです。


【編集後記】牛黄や麝香類の高貴薬を使用するために、通常の疾患よりもやや高額な経費がかかってしまうのが実情である。

 これらの方法で、西洋医学治療による治療方法が皆無となってしまった慢性リンパ性白血病の患者さんが、当方の漢方薬だけで、根治しないまでも15年以上、現在に到るまで極めてお元気で過ごされている現在進行形の実例がある。


DSC_3253
DSC_3253 posted by (C)ヒゲジジイ
posted by ヒゲジジイ at 00:07| 山口 | 悪性リンパ腫・胃マルトリンパ腫 | 更新情報をチェックする