2010年10月29日

とうとう焼きが回った話

IMG_3304
ヒヨドリ posted by (C)ヒゲジジイ

 関東から毎月やって来られている●●さんから、都合によりいつもより一週間遅れるが必ず伺いますというメールが入ったので、お返事を返すのだが送信不能。数ヶ月前にはまともに交信出来ていたのにおかしいと思って、所有するほかのメールで送信してもやはり送信不能。(県外では関東の人が最も多い)
 きっとセキュリティのレベルを上げているに違いない。

 それはともかく「とうとう焼きが回った」というのはヒゲジジイの不慮の事故?に遭遇した話である。
 ほどほどの運動神経とバランス感覚には自信があったが、歳は取りたくないもの。

 本日、午前中に店内の蛍光灯がマバタキをはじめたので、応急処置にとりあえずグロス管だけを抜いておこうと脚立の上に上って取り外し、降りようとした瞬間、そのまま足を踏み外して頭から転倒。

 後頭部を店の入り口のドアに激しく打ち付けた弾みのショックで、不思議なことに上唇の裏表から出血。

 それ以外には右足の打撲少々。後頭部は不思議に今に到るまでまったく疼痛もなく、触ってもおかしなところが皆無っ!

 おそらく減らず口を叩かせないようにと天の配剤、ひどく打ちつけた後頭部のショックを、いつも減らず口がやまない上唇ばかりにあらゆる罰を集中させたに違いない。

 上唇は腫れ上がり無惨この上ない・・・と思いきや、天も怖れぬヒゲジジイ、相変わらず減らず口だけは止むことがないっ。

 直後に、はじめて来られたアトピーの中年女性。みかけは大して悪くない上に、経費が心配だとのたもうばかりでなく、食事制限が出来るかどうかもあやふや。
 お気楽な気配が拭いきれないので・・・
 どうせ続かないから止めときなっ、と減らず口を交えてお断り。

ツグミ
ツグミ posted by (C)ヒゲジジイ

【関連する記事】
posted by ヒゲジジイ at 23:39| 山口 ☀| 繊細でデリケートなヒゲジジイ | 更新情報をチェックする