2006年03月21日

漢方薬の値段は高いか安いか?相談料は?

当方のホームページを見られた方から御質問フォームを利用されて折々に訊ねられるのが、漢方薬の値段のことである。

また、HPを開設する以前から今日にいたるまで、お電話での同様な御質問を受けることもたまにある。

本日も同様な御質問がメールに入ってきているので、このことを書く気になった。

当方では世間一般の漢方薬の値段としては常識的なものであるが、かといって、漢方処方によってそれぞれに値段が異なり、すべての方剤が同一価格というわけでもない。

中には麝香や牛黄などの、いわゆる「高貴薬」を必要とする場合などでは、やや高価なものになる。

ところで、同じ御問合せでも漢方処方を指名して値段を訊かれた場合は要注意、素人療法はこわいので処方指名の方には特に気をつけている。

また、たまには御相談料はいくらくらいかかりますか?と嬉しい御質問をして下さる方があるが、残念ながら相談料は頂いていない。

三十数年のキャリアと知識を有する漢方薬の専門家(薬剤師)としてご相談に乗るのだから、頂いてもよさそうだがほんとうに残念ながら(笑)相談料は無料で、お薬代だけである。

だからお気軽やお気楽なご相談には応じたくないのであった。

大事なことではあるが、あまりにも漢方薬の値段にこだわり過ぎるお問合せ


時間と体力の関係もあって、あれかこれかと迷われている方のご相談までは、手が回らない。

そろそろ自分があやしいと思ってるくらいだもの。

それだけ時間が惜しい人間が、よくそれだけブログやHPをやってるな〜〜って?

恥を書くのは趣味で猛スピードで書き殴って瞬時に終わる。

既にいろんな所で書いているように、日本漢方の現状を憂うるところがあるから、正論を以て指摘しているつもりなんですがね?!
【関連する記事】
posted by ヒゲジジイ at 23:26| 山口 ☁| 繊細でデリケートなヒゲジジイ | 更新情報をチェックする