2010年03月10日

マナーのよい真摯な人と警戒すべき取り扱い注意の人

DSC_8831
DSC_8831 posted by (C)ボクチンの母

 この雪が猛烈に舞い散る嵐の中、こんな日には誰も直接訪れる人はないだろう。久しぶりに休養できそうだと喜んでいたところへ、遠慮深い常連さんが、特別な相談があると電話がある。

 こんな嵐だからきっと来客は少ないかもしれないので、この日なら電話で相談できるだろうと、長年の常連さんに限って遠慮深く控えめで、世間ではどちらが客かっといぶかしく思うことだろう(笑。

 だからここは別世界、古きよき時代の日本社会が延々と続く別世界の空間なのである(笑。

 お相手するのは受付嬢が相応しい内容だから電話相談を彼女にまかせてヒゲジジイは・・・案に相異してヒマになるどころか真面目な相談メールや無理難題メールが次々に入るので応対に多忙を極める。

 と、何となんと、この猛吹雪の中、ここ一年以上、忙しい仕事を持ちながらも毎週定期便のように遠方から数時間かけて通って来られる真面目人間がご到着である。

 スタッドレスをしてるのっ?! と思わずヒゲジジイは心配声。まさかっという返事には絶句。

 ご家族数人分の補充注文だが、代引きで送ることができるのに、この真面目人間さんは、過去に一度送ったことがあるかないかくらいで、熱心に通い続けたお陰で思いがけず半年で8〜9割は寛解してしまった人である。

 各医療機関や自費の漢方薬で大金を投資して失敗した過去を持ち、地獄を見た人達は、最終的に村田漢方堂薬局に辿り着くくらいだから、イジケルことなく却って真摯な人間性が形成されるのかもしれない。

 ヒゲジジイの毒舌にめげることなく頑張りぬいた成果が出たのも、病気を克服したいという堅い信念に負うところ大であろう。

 それに引き換え、計画性のない好い加減な連中ときたら、それほど通ったわけでもないのに「いちいち注文しないでも、定期的に常用の漢方薬を送って欲しい」という思い上がった申し出に呆れ果てる。

 もちろんケンモホロロにお断りである。その都度、注文出すのが筋だろう。症状の変化による微調整のタイミングを逃すことになるではないかっ。

 変な要求を出す人には常々またどんな要求を出されるか分かったもんじゃないっと無意識に警戒しているが、案の定、後になって電話がかかってぐずぐずと漢方薬は高すぎるので続かないという苦情をネチネチとやる。
 前回の要求とは真逆の激しい矛盾を如何せんっ
 
 それじゃ〜無理せずにお止めくださいよ。こちらから頼んで貴女を招いたわけでもあるまいしっ。

 自費の漢方薬は一定の経費がかかるのは常識だから、それを今になって文句言われる筋合いはない。
 それでも世間相場よりも遥かに安価な価格体系は自他ともに認めるところである

 せっかく著効が出たので喜んであげている矢先にこれだから、性格の悪い人に遭遇するとろくなことはない。一日中不愉快になってまたサンドバックに向かいたくなる。

 このようなマナーの最低な人には、「病院治療で治らない、苦しいですっと泣きついて来たのはどなたでしたかね〜」と言いたくもなる。

メジロ
メジロ posted by (C)ヒゲジジイ


【関連する記事】
posted by ヒゲジジイ at 20:16| 山口 ☔| とんでもない話や、信じられない困った話 | 更新情報をチェックする