2009年06月26日

6月以降の新人さんは「悪法」のお陰で、県外の超遠方であっても定期的に通って頂かなくてはなりません

可愛い雀たち
可愛い雀たち posted by (C)ヒゲジジイ

ブログへの転載の可否 : ブログへ転載を許可します
年齢 : 40歳〜49歳の女性
お問い合わせ内容 : はじめまして。
 主人が骨髄異形成症候群を患い総合病院の血液内科で3年程治療を受けております。ですが効果は上がらず逆に数値は下がるばかりでおりましたところ、貴HPに辿り着きました。

 主人も是非漢方の処方をお願いしてみたいと申しております。

 予約が不可とのとのことですが混雑している場合は朝からお待ちしてもその日に面談して頂けない場合もあるのでしょうか?

夕刻のムクドリ
夕刻のムクドリ posted by (C)ヒゲジジイ

御返事メール:直接定期的に通える方であれば、漢方薬によって一定レベルの効果が出ることも多々あります。

 また、自動車の修理のようにこうしたら確実に・・・という断定的なことが言えるような疾患でもありませんので、お互いの努力と運も見方してくれなければなりません。

 これらの問題以外にも、遠方であるがゆえに、また病気による体力低下の問題からも、定期的に通うことが不可能であろうと推察申し上げます。

 他の疾患では、もっと遠方からでも熱心に毎月定期的に通われて来られる方も複数おられますが、病状的にも不可能ではないでしょうか。

 一度来られれば、あとは電話やメールで、という訳にはゆかない時代となり、かの悪名高い厚生労働省の恣意的な省令により、6月以降の新人さんは、直接来られない限りは漢方薬の販売ができないことになっています。

 上記の事情から、残念ながらお断りせざるを得ない情況です。

(このような厚生労働省の野蛮な省令は、遅かれ早かれ常習犯的な厚生労働省の度重なる憲法違反として覆る可能性も大ではありますが、悪法でも法ですので、遵守せざるを得ません。)

 以上、悪しからず御了承下さいませ。

やっぱり桔梗
やっぱり桔梗 posted by (C)ヒゲジジイ

折り返し頂いたメール:お忙しい中早速の返信誠に有難うございます。

 早速ですが、残念ながらご無理とのご返答でございましたが、現在主人は会社員として病気の為にお休みを頂くことも無く通勤させていただいており、激しい運動でないかぎり日常生活は送れております。確かに遠路ではありますが定期的に通うことを考えた上でのお願いでございます。

 先生のブログも読ませていただき2007年に同じ病の方に漢方薬の効果が表れた事を知りまして、これはもう先生にみて頂きたい!とただその一念です。もちろん先生の処方がどれほど素晴らしくてもそれが必ず主人に適合するという保証など無いことも承知しております。

 ですがこのまま3年間効果の上がらない薬を飲み続けて容態が悪化するのを見守っていくばかりもできません。大変やっかいな病気であることは承知の上で、それだからこそ是非先生にみて頂きたいと思っております。何卒再考の程、よろしくお願い申し上げます。

 お疲れの所不躾な文章お許し下さいませ。

可愛いスズメたち
可愛いスズメたち posted by (C)ヒゲジジイ

御返事メール:体力的にも会社に通えるのであれば、こちらへ定期的に通うことも可能とあれば、話は別です。
 当方ではアトピー性皮膚炎以外では難治性疾患の漢方相談が主となっていますので、お一人にたっぷり時間をかけるシステムです。

 流れ作業が出来ない仕事ですので、常連さん以外は簡単な病気の相談はあり得ません。(といっても常連さんはほとんど電話相談が主となっています。)
 それゆえ、普通の薬局のようなお気楽な来客は皆無ですので、土曜日や月曜日、あるいは火曜日以外は、それほど込み合うことはありません。

 たまたま新しいご相談者が重なった場合には、待ち時間が多少長くなります。
 明らかな傾向としては水曜日と木曜日や金曜日の三日間は多くは比較的空いており、本日などは閑古鳥が鳴いてくれて、昨日までの三日間の疲れがどっとでてゴロゴロしていたほどです。(昨日の水曜日は例外的に夜まで延長戦が続きましたが・・・)

 また、月曜日や火曜日、あるいは土曜日とて、時には閑古鳥が鳴くこともありますので、お時間にたっぷり余裕をもって来られれば、ご都合のよい日に特別なご連絡がなくとも突然来られても構いません。
 
 以上、取り急ぎお返事まで。

逆光で捉えたツバメ
逆光で捉えたツバメ posted by (C)ヒゲジジイ


【関連する記事】
posted by ヒゲジジイ at 08:36| 山口 🌁| とんでもない話や、信じられない困った話 | 更新情報をチェックする