2008年08月04日

メタボ健診、肥満者を駆逐する国家総動員令            (魔女狩りによる家畜の平等)

 とうとう健康まで国に管理されるようになったかっ。
 家畜の平等国家に邁進するつもりなのだろう。

 腹部に内臓脂肪のたまったメタボリックシンドロームの人は脳卒中や心筋梗塞などの心血管疾患を起こしやすい

というにしても、数値基準にかなり信憑性も危ぶまれる単なる学説のために、国民を家畜扱いする乱暴な政策である。迷惑千万極まりない。

 体型まで管理されるという肥満者に対する差別意識は、実に中世的な魔女狩りと同じではないかっ。

—━大きなお世話の「メタボ検診」

 メタボ健診の義務化は、肥満者を狩り出して処罰する中世の魔女狩りと同様である。

 このようなことが日本国家のプロジェクトとして行われるという前代未聞の家畜の平等化政策であることを知るべきである。

—━メタボ健診は肥満者に対する差別政策である

【関連する記事】
posted by ヒゲジジイ at 00:53| 山口 ☔| ありがた迷惑な話 | 更新情報をチェックする