2008年06月10日

XP搭載のPCは6月一杯で手に入らなくなるらしい

XPばかりを買い込んだ

 パソコンはVISTAではなくXPばかりを買い込んだ。

 左側は昨年買ったメモリ2GBのパソコン工房製だが、中央は最近購入したばかりのエプソン製でメモリーは4GBある。右側も先月購入したデルパソコン1GB。

 六月いっぱいでXPはどこの会社も販売が終了するので、薬局内にもヒゲジジイ専用のパソコン三台はすべて入れ替え最中。
 すでに一台はメモリ2GBのエプソン製に入れ替えているが、あと二台は4GBと2GBのノートPCが今週中には入れ替えが完了する予定。

 ヒゲジジイのPCの先生であったサツの旦那(警察の兄ちゃん)も6台のパソコンを所有するPCオタクだが、彼はデスクトップも所有しているのに、弟子のヒゲジジイはノートPCばかりに凝っている。

 居間と薬局内とそれぞれ三台ずつが必要なのは、一台で頻繁に入るメールの受信用で、一台はメール返信用。もう一台は送り状発行やブログやHPの更新用で結構フル回転している。メール返信用はしばしばモニター画面に役割を変える。

 初めてPCを覚えて以来使用していた三台のPCいずれもメモリーが250MBしかなかったのを知ったのは最近のことであまりに迂闊だった。
 通りで動きが遅くフリーズすることも多くて張り倒したくなることがシバシバだった。

 6月一杯でXPが永久に手に入らなくなることを知って踏ん切りがついた。メモリーも4GB(実際に使用できるのは3GB)の2台をはじめ、2GB3台、1GB2台と、これだけあれば仕事に支障を来たすこともないだろう。

 CPUもintel core2 Duoシリーズが5台、2台はCeleron Mだがメモリーが充実したので動きにストレスはない。
 core2 Duoシリーズでもいずれもランクが異なるものばかりに振り分けている。
 だんだんマニアックになっていくのかも・・・?
【関連する記事】
posted by ヒゲジジイ at 01:28| 山口 ☁| 繊細でデリケートなヒゲジジイ | 更新情報をチェックする