2020年09月30日

今日も常連さんが・・・

 決まった漢方を定期的に購入に来られる常連さんが、わざわざ!かけていたマスクを外して、友人や知人の病気の相談をされるので、「マスク!マスク!」ときつく注意をしたことだった。

 一定年齢以上の人達のかなり多くの人が不用意にマスクを外して話そうとされるが、まったく本末転倒である。

 どんなに嫌われても構わまいから、日々、マスクの注意を行っているが、運転中にかけていたマスクを、薬局内に入るときには、わざわざ!車にマスクを置いてきたり、ポケットにしまい込んだりしてやって来る高齢の男性がなんと多いことか!!!

 これこそ典型的な本末転倒。一人で運転している時こそ、マスクを外しておけばよいだろう。

 用心深い人では、補充購入だけのときでさえ、マスクのみならず、しっかりフェイスシールドも装着して来られる人も、次第に増えているが、フェイスシールド着用者が、まったく自然な姿と感じられる時代となった感が強い。

 こんなことが、いつまで続くことやら。
応援のクリックをお願いします 健康・ダイエットランキング

2010年9月30日の茶トラのボクチン(6歳)
2010年9月30日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母
posted by ヒゲジジイ at 12:33| 山口 ☁| 近況報告 | 更新情報をチェックする

2020年09月29日

天国の門



 この映画は本国アメリカでも日本でも、あまり評判がよいとはいえないが、個人的には最も好きな映画で、繰り返し見ることが多い。

 バックミュージックも、哀愁を帯びて、最高にグッド!

 凝り性のマイケル・チミノ監督によるこの作品は、制作会社の経営危機をもたらせてしまったが、19世紀末に起きたジョンソン郡戦争を題材にしているだけに、アメリカ史の恥部を暴いた影響もあって、この超大作が本国でも不人気だったという。

 切なく哀愁を帯びた何とも言えぬこの映画のムードは、タイトルに相応しく、何度繰り返し見てもあきることがない。
応援のクリックをお願いします 健康・ダイエットランキング

2009年9月29日の茶トラのボクチン(5歳)
2009年9月29日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ヒゲジジイ

ラベル:天国の門

2020年09月28日

コロナ対策のお陰で、インフルエンザの感染は

 コロナ対策のお陰で、インフルエンザの感染者は、例年に比べ、はるかに少なくて済むことが予測される。
 
 今後、冬に向かって、新型コロナウイルス感染だけでなく、インフルエンザの流行も交じって、見分けが困難な問題を心配される医療関係者も多いが、マスクや手洗い・消毒・人との交流をできるだけ避けるなどの対策のお陰で、インフルエンザの流行は、かなりなレベル、抑えることができるだろう。

 だが、問題は、まだまだ得体のしれない新型コロナウイルスの感染力である。

 インフルエンザと違って、軽症者でも、かなりな後遺症が続く可能性も大きく、ましてや死亡率はインフルエンザよりもはるかに高い。

 昨今のアメリカやヨーロッパの感染者の増加傾向を見れば、各国の日々の感染者数は、日本の10〜100倍以上多いというのに、日本も含めた各国が、経済を考えた中途半端な対策を続け、のみならず、今後は海外の人々の受け入れを徐々に推進するトンデモナイ政府の方針が出たため、冬に向かってどうなるかは、まったく予測不能。

 油断していると、海外の人々の流入により、ヨーロッパ型コロナの感染爆発すら危惧される。

 100年前のスペイン風邪の時のように、流行の数年後に、突然のように収束することを期待したいところだが、あの頃の時代と違って、自然破壊が進んだ今日、新型コロナウイルスの問題のみならず、強毒性のさらなる新種のウイルスによる、波状攻撃の可能性も警戒しなければならない。
応援のクリックをお願いします 健康・ダイエットランキング

2009年9月28日の茶トラのボクチン(5歳)
2009年9月28日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母

2020年09月27日

人類の未来、というよりも、予測される遠い将来は



 歌詞の意味は、しっかり日本語訳されている。
応援のクリックをお願いします 健康・ダイエットランキング

2009年9月27日の茶トラのボクチン(5歳)
2009年9月27日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ヒゲジジイ

2020年09月26日

先が見えない

 コロナに再度感染する人が、かなり増えつつあり、また感染後の有効な抗体も数ヶ月以内に激減している調査結果からも、たとえ、かなり理想的なワクチンが開発されても、1回や2回の接種では、まったくおぼつかないだろうことが目に見えている。

 それ以前に、今回の新型コロナウイルスに関しては、真に有効なワクチンの開発が成功するのは、夢のまた夢、まぼろしに終わることだろう。

 そうすると今後はどうなるか?

 本日の東京の感染者は、また3百人近い数に増えており、さらには先日の浮かれた連休の影響で、今後、爆発的なクラスターが生じる可能性が大といえるだけに、見通しはまったく明るくない。

 我々高齢者は、年齢が年齢だけに、感染すると恐ろしい結果になることはやむを得ないにしても、それよりも何よりも、若いこれからという人達が、コロナのお陰で自由に安心して学校生活が送りにくい不安の問題、若い人達が羽目を外すことも憚られる時代が延々と続きそうな状況下、まことにお気の毒としか言いようがない。

 医療の最前線では、医師を筆頭に、様々な医療スタッフが日夜大変なご苦労をおかけしていることも、忘れてはならない。

 加えて、皆がコロナに気を取られているうちに、海外情勢は、想像以上に逼迫しているだけに、これで東シナ海で、紛争でも起きようものなら、目も当てられない。

 もしかして、地球温暖化などの問題に関連して世界的な森林火災や、永久凍土が解け始めるなどとともに、多種類の新型ウイルスが次から次へと生まれ、各地で紛争が勃発するなど、有史始まって以来の、悲劇的な大激変・激動期に向かっているのかもしれない。
応援のクリックをお願いします 健康・ダイエットランキング

2009年9月26日の茶トラのボクチン(5歳)
2009年9月26日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母

2020年09月24日

急に生じた親指の屈伸時の激しい疼痛に地竜で超即効の自験例

 昨日、久しぶりの開店前、忙しく除湿器の満タンになった水タンク4器分を空にする作業を終えてのち、どうしたことか、突然、右手の親指が屈伸困難で、無理に曲げると激しい疼痛を発する。

 蛇足ながら、開店前の慌ただしい時間帯に、どんな電話がかかっても出ることは不可能。
 電話を取ることができるのは9時以降の開店後からである。


 重い水タンクを何度も運ぶ作業で、親指を知らぬ間に捩じって筋違いを起こしたような急性炎症、これを腱鞘炎というのか、発展して慢性化するとばね指になるのか?

 このままだと、昨日から溜まっている発送依頼の伝票を入力するのが困難であるから、急ぎ地竜エキスをやや多めに服用して、開店後に続く、電話相談兼発送依頼も含めて、電話注文の応対も多く、2本同時にかかっていることもあった。

 早速、たくさん溜まる発送依頼の伝票を入力するのに、しばらくは親指の激痛に耐えながら、のろのろとやって、失敗伝票をかなり作って破棄したが、いつの間にか、痛みを忘れて、昼食時間になって、親指を曲げ伸ばししても、やや違和感が残っているだけで、疼痛は皆無となった。

 ところで、このようにどのような症状に、何を使って良かったかを書いてくれるブログでは、関西の廣田漢方堂薬局さんなどは、ハイレベルな内容で詳細を極めて、とても参考価値が高い。

 ところが、他の多くのブログは、症状を書いても、漢方薬で治ったと自慢げに書かれながらも、実際の方剤を記すことはほぼ皆無の、実に思わせぶりのブログが何と多いことか!

 それらを読んでも何の参考価値もない。

 客寄せブログという目的には効果があっても、同業者にとっては何の参考価値もないのだが、企業秘密ということなのだろう、きっと(苦笑。

 ブログ運営者の、度量の問題である。

 といっても、ヒゲジジイとて、複雑難治な症例や、ステージ4の転移癌などのサポートにおいては、デリケートな配合の部分は、合いもしないシロウトさんが勝手にまねして、苦情を持ち込まれたくないからで、企業秘密といったつもりは、まったくない。

 なお、本日起床後、例の右親指は、わずかな違和感を残すのみで、除湿器の水が満杯になったタンクを空にする作業を3器分、スムーズに行えたが、地竜を昨日朝1回服用してのち、今朝も念のため規定量を服用。ほぼ根治に近づいている。
応援のクリックをお願いします 健康・ダイエットランキング

2011年9月24日の茶トラのボクチン(7歳)
2011年9月24日の茶トラのボクチン(7歳) posted by (C)ボクチンの母
posted by ヒゲジジイ at 07:54| 山口 ☁| 近況報告 | 更新情報をチェックする

2020年09月20日

病院で投与された半夏厚朴湯が無効なのに

 病院で投与された漢方薬で効果がなく、他社の同じ方剤を飲んでもらうと、明らかに効果があったというケースは、これまで最も多かったのが猪苓湯で、次に柴胡桂枝湯や五苓散、六君子湯や補中益気湯など、数えればきりがないが、今回は半夏厚朴湯。

 ステージ4の悪性腫瘍で、進行がピタリと止まったままのやや高齢者が、以前からあった頑固に続く咽喉の詰まり感によって、折々に嚥下困難を感じていたのが、何年も前から、病院で汎用される例のメーカーさんの半夏厚朴湯を投与されていたが全く効果がないというので、昨年だったか、他社の半夏厚朴湯を飲んでもらうと、しっかり効果があり、一昨日電話でもあらためてお礼を言われたところだった。

 長年、漢方薬の品質問題に関しては、煎じ薬の薬味一つ一つの選別に神経を使っていた時代から、あることをきっかけに、家庭で煎じる成分の抽出ロスの問題、および、臨機応変の配合変化には極めて不便な煎じ薬の非能率な問題。

 のみならず進行性手掌角皮症などに対して煎じの温経湯を使っていた時代よりも、エキス製剤を使用しだして以降の方が、効果が出る速度が、たとえエキス濃度が二分の一の製剤であっても、2倍以上早い速度で効果が出る経験を繰り返すうち、優良な製剤を選べば、煎じ薬よりも効果が優れていることを実感するに至った。

 とはいえ、ここで極めて重大な問題は、同じエキス剤でも、各社で効果がかなり異なる場合があるので、注意が必要であるばかりか、同じ方剤名でも、虚証用の白朮を使うべきところを実証用の蒼朮が配合されていたり、白朮のみならず蒼朮も両者を配合すべき方剤に、白朮しか配合されてないものなど。

 そればかりか、同じ方剤名でも、それぞれ薬味の配合比率が大きくことなる問題など、それはそれは、問題を指摘すれば際限がない。

 話は戻って、半夏厚朴湯でさえ、このような効果に差がでるのは、厚朴の品質に問題があるのかもしれないし、精油成分の揮発状況など、成分の抽出方法に問題があるのかもしれない。

 あるいは投与する人間との信頼関係の問題、ということがないとは言いきれないかもしれないが、過去、疑り深い人でも、同様な経験をして、そのお陰で信頼されるようになったこともあるくらいだから、信頼関係の影響とは無関係のように思える。
応援のクリックをお願いします 健康・ダイエットランキング

2008年9月20日の茶トラのボクチン(4歳)
2008年9月20日の茶トラのボクチン(4歳) posted by (C)ボクチンの母
ラベル:半夏厚朴湯
posted by ヒゲジジイ at 08:06| 山口 | 病院の漢方薬 | 更新情報をチェックする

2020年09月18日

まったく信用されない

 連休前とて、悲惨なほど千客万来、発送依頼も半端じゃない。

 夕刻、ようやくホッとしかけたのもつかの間、40年来の常連さんが、数ヶ月毎に定期便で常用薬をまとめ買いに来られた。

 その時、ちょうど裏庭で、哲学の煙を嗜んでいたときだったので、急ぎ店頭に向かうと、いつもながら、その匂いを敏感に察知した女性薬剤師が、僅かにむせ返った。

 常連さんは、私もタバコは大嫌いよ、とのたまうので、コロナ対策には最高の薬で、タバコを吸う人は、統計的にも、明らかにコロナに感染しにくいことを縷々説明するのだが、呆れかえって、まったく信用されない。

 実に歯がゆい思いだが、世の中、タバコをこれほど毛嫌いされるのも少しは理解できるが、それならもっと害悪を垂れ流す飲酒の問題は、どうなのだっ!

 現実的には、喫煙の害よりも、飲酒の害毒の方が、はるかに大きいのに、あまりにも飲兵衛が溢れかえっているので、この問題が社会的に取り上げられることは、ほとんどない。

 タバコをこれだけ迫害するのだったら、禁酒法も制定するのが公平というものだろう。
応援のクリックをお願いします 健康・ダイエットランキング

2010年9月18日の茶トラのボクチン(6歳)
2010年9月18日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ
ラベル:コロナ
posted by ヒゲジジイ at 17:37| 山口 ☁| 漢方相談室での談話風景 | 更新情報をチェックする

2020年09月17日

マスクの着用は、新型コロナウイルス感染予防に、ワクチンよりも効果がある

 案の定、昨日書いた、一昨日の閉店後の夜8時前に「ネット販売では絶対に見つからない中医学系のやや特殊な製品の値段の問い合わせ」の電話をかけてきた若い男性は、本日、再度、電話がかかることはなかった。

 夜間にかかる、このような得体の知れない不快な電話というのは、村田漢方堂薬局に限っては、滅多にないことだから、まことに異様に感じるものである。

 それはともかく16日、米疾病対策センター(CDC)のレッドフィールド所長は、議会証言で、マスク着用は新型コロナウイルス対策としてワクチンよりも有効な可能性があると述べられていた。

 ポロっと本音が出たのか、実際のところ、新型コロナウイルスに限っては、インフルエンザワクチンと同様、ワクチンに過度な期待を持たないことである。

 テレビ報道などで、ワクチンを期待する話題が出るたびに、性懲りもなくオメデタイ人達だ、と呆れているイヤミなヒゲジジイが長州にいる。
応援のクリックをお願いします 健康・ダイエットランキング

2009年9月17日の茶トラのボクチン(5歳)
2009年9月17日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母

2020年09月16日

義理人情なんて

 今回は、特別な題材もないので、昨夜の出来事から。

 昨夜8時前に、ネット販売では絶対に見つからない中医学系のやや特殊な製品の値段の問い合わせがあった。

 ちょうど庭でタバコを吸っているところにかかった電話なので、慌てて家に入り、受話器を取った。

 閉店後の時間外にかかる電話には、ロクなものがないので、電話番号によっては取らないことも多いし、ましてや「非通知」の場合は、絶対に取らない。

 080から始まる番号なので、シブシブ取ったものの、上記の通り、やや特殊な製品の値段を尋ねる質問だが、閉店後は薬局にいないので、値段は分からないが、飲んだことがあるのか?と尋ねると「ある」という返事。

 何時まで開いているのかというので夕方6時までだと答えたが、翌日の本日再度電話をかけるつもりらしいが、こちらは怪訝そうな応対に終始していたので、再度かかるとは限らないだろう。

 他の薬局の店主やスタッフによるサグリということもあり得るが、もしも本当にその製品を欲しているのだとしたら、その製品を選んでくれた薬局さんに失礼である。

 やや特殊な製品だけに、素人の個人の知識で、到底選べるものではないだけに、義理人情なんて、大昔の話。

 既に、村田漢方堂薬局でも、適切な方剤を見つけてあげても、効果が確実になると、さっさと他の薬局やネット通販に切り替える連中も、決してマレではない。

 そういう人に限って、ムシよく、困ったときには相談を依頼して来るのだから、もともと人間という動物は、そんなものなので、まだ犬や猫の方が、はるかに義理堅いものである。

 こんな嫌味なブログを書き終わったところで、1〜2年前に、肺がん手術前の数ヶ月にわたって、当方の漢方薬類を飲んで体調を整えていたつもりの人が、手術寸前になって病巣が消滅して、寸前で手術を免れた人は、律儀に継続服用されているが、念のための検査も半年に1回にのびているとの報告を得た。

 よっぽど前世の行いがよかった人に違いない。

 本日は自分のではなく、ご主人用の牛黄製剤の補充だったが、長年、ご一家で入れ替わり立ち代わり、あるいは同時に、比較的長いお付き合いのご家族のお話し。
応援のクリックをお願いします 健康・ダイエットランキング

2011年9月16日の茶トラのボクちん(7歳)
2011年9月16日の茶トラのボクちん(7歳) posted by (C)ヒゲジジイ
ラベル:義理人情
posted by ヒゲジジイ at 10:17| 山口 ☔| 近況報告 | 更新情報をチェックする

2020年09月15日

メマイなど、ストレスの多い時代には

 我が薬局に関しては、コロナの時代になって、例年になく目立つのは、メマイを訴える新旧の相談者たち。

 やや高齢の人達によくフィットするのは、釣藤散+半夏白朮天麻湯+六味丸系列の方剤。

 それより若い年齢層でも、半夏白朮天麻湯証を呈する人が多く、釣藤散の併用も必要なこともある。

 世間で頻繁に使用されるらしい苓桂朮甘湯がフィットしそうな人は、以前から村田漢方堂薬局では、そのようなタイプの人は少ない。

 以前から、重症のメニエール氏症候群には、釣藤散+半夏白朮天麻湯+六味丸系列の方剤という3種類の併用によって、しっかりフィットして、根治する人も多かった。

 なお、ストレスに弱い体質者によくみられる、突然のメマイ・嘔吐・下痢など、自律神経発作症とも言うべき発作的に生じる諸症状も含めて、様々な領域の疾患に、柴胡桂枝湯の適応がないかどうかを考慮しておく必要がある。

 ずいぶん昔の話だが、故相見三郎先生が、たとえば昭和46年発行の『漢方の臨床』誌の第200号記念特集号に、『傷寒論の特質と治療方針及びその診療の実際について』と題された中で、「正邪分争」など、傷寒論の条文のみならず、素問なども数多く引用されて、極めて詳細に論じられつつ、「小柴胡湯合桂枝加芍薬湯の自験に基づく傷寒論思想の理解」の項目中で、心臓神経症・自家中毒・チック症、夜尿症、円形禿頭、喘息、蕁麻疹、潰瘍性大腸炎,偏頭痛、パルキンソン氏病(パーキンソン病)、メニエル氏病、リウマチ、バセドウ氏病、無月経、月経困難症、手掌角皮症、腰痛、帯下、ノイローゼ、不眠症、神経痛、神経麻痺、胃潰瘍、てんかんなどに対する有効性を論じられながら、実際の治療統計を公表されていた。

 小柴胡湯合桂枝加芍薬湯は、とりもなおさず、柴胡桂枝湯中の芍薬を2〜3倍に増量したものに過ぎない。

 これで思い出したのだが、昔、故小曽戸丈夫先生が、苦笑を禁じ得ない表情をされながら、次のような面白いお話をされたことだった。

 先生の知人の漢方薬局さんでは、どの相談者にも、まずは柴胡桂枝湯を最初に飲んでもらうことにしているという話だったが、上記の相見三郎先生の論説が発表されて5〜6年以後の話だったので、もしかしたら相見三郎先生の論説に基づいての安易な販売行動だったのかもしれない。

 ともあれ、現代中医学では、考えられないような応用分野を切り開く、独特な日本古方派の人達が昔からおられ、しかも脈々とどこかで受け継がれているのだろう。

 小柴胡湯合桂枝加芍薬湯という柴胡桂枝湯の広範囲な応用については、実に深い解釈と理解があって投与されているハズだから、素人や漢方初心者が安易にマネしても、実際に効果があるかどうかは別問題である。
応援のクリックをお願いします 健康・ダイエットランキング

2010年9月15日の茶トラのボクチン(6歳)
2010年9月15日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ
posted by ヒゲジジイ at 13:06| 山口 ☁| 時代的な傾向や使用頻度が増加中の漢方薬方剤 | 更新情報をチェックする

2020年09月14日

コロナ時代の外出自粛で、長いなが〜い、おうち時間の楽しみ方

 人それぞれの工夫があるだろうけど、ヒゲジジイに関しては、コロナ時代が始まる前からやっていることをそのまま継続で、何のかわりもない。

 世の中、スマホが席巻する時代で、パソコンは形見の狭い時代になっているようだが、そもそも画面の大きさが違う。

 だから、もっぱらパソコン中心の生活で、DAZNでサッカーやボクシングを観戦するのも、パソコンから大きな画面のテレビに繋いで、臨場感を満喫しているし、WOWOWやスカパーのオンデマンドでボクシングや映画を鑑賞するのも、パソコンからテレビにつないで、大きな画面で鑑賞する。

 YouTubeを見るときも同様。

 スマホでも同様にテレビに繋いで鑑賞できるのだろうけど、あの小さなスマホを使うことを想像するだけでも吐き気がする。

 あんなに小さな画面で、よくぞ皆は楽しめるものだと、まったく信じられない。

 身近な身内に、本業の片手間にスマホのアプリ開発を楽しんでいる?人間もいるらしいが、蓼食う虫も好き好きである。

 といっても、当のヒゲジジイこそ、時代遅れの化石人間らしいが、スマホはもとよりパソコンにしても、世の中、あまりに便利になり過ぎて、人間の進化が伴ってないのは間違いないだろう。

 歴史は繰り返すで、いつ何時、大きな戦争が勃発してもおかしくない世界情勢であることを忘れるべきではない。

 コロナばかりが、人類を不幸に陥れているのではなく、各国それぞれのエゴが、常に平和を危うくして、大量虐殺を招くのである。

 そもそも人間が信用ならないのと同様、各国の指導者こそが、まったく信用ならないのである。

 日本国内では、もっとも警戒すべきは、自民党内に巣くう、平気で国を売りかねない売国保守の連中である。
応援のクリックをお願いします 健康・ダイエットランキング

2010年9月14日の茶トラのボクチン(6歳)
2010年9月14日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母
posted by ヒゲジジイ at 19:03| 山口 ☀| 繊細でデリケートなヒゲジジイ | 更新情報をチェックする

2020年09月11日

新型コロナウイルス感染拡大によって日頃の病院診療ではあり得ない出来事

 コロナのお陰で、医療界は通常ではあり得ない、様々な、きわどい出来事が起こっている。

 高熱を発した人で、てっきりコロナを疑ってPCR検査のみで、その他の検査をされることなく、1週間自宅待機してもらったところ、コロナは陰性であったことから、ようやく諸検査により、急性腎盂腎炎が原因の高熱であることが判明した。

 その後、必要な諸治療によって、事なきを得たものの、一週間も長きにわたって急性腎盂腎炎を放置するほうが、新型コロナウイルス感染よりも、遥かに命の危険があったはずで、このような、日頃では考えられない危うい状況も生じている。

 コロナのお陰で、医療界でも様々な混乱が生じるのは、慎重に慎重を期しても、コロナ感染の恐怖から、やむを得ない事情もあり、急患の患者さんはもとより、病院や診療所の医師や看護師さんが、どのような緊張状態で日々、仕事をこなされているか、心から同情を禁じ得ない。
応援のクリックをお願いします 健康・ダイエットランキング

2009年9月11日の茶トラのボクチン(5歳)
2009年9月11日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ヒゲジジイ

2020年09月10日

常連さんやお馴染みさんの身近なご家族の深刻な相談が続いている

 まともな専門家なら、誰もが不安視していた通り、新型コロナウイルスのワクチン開発では、案の定、副作用問題で世界中が騒然となっている。

 日本でも、関西で、ワクチン開発に自信ありげに、折々にテレビ出演している人の話も、話半分以下と考えていた方が無難である。

 それはともかく、常連さんやお馴染みさんの遠方に住まれるご家族の、台風後の心労による体調の異変や、手術後の後遺症に、判明した時はステージ4で転移が何か所にも見られる末期がんなど、様々なご相談が日々続いている。

 コロナの影響で、まったくの新規相談は原則、当分の間、受付しない方針ながら、常連さんやお馴染みさんの身近なご家族の深刻な相談ともなれば、人情として断り切れないことがあるのも現実である。

 その場合でも、内容とご本人の本気度によっては、お断りせざるを得ないことも多いのだが、数十年来の常連さんで、信頼関係をしっかり構築できている人達では、内容とご本人の本気度によっては、安易に断り切れるものではない。

 そのような事例が、昨日も本日も続いているが、直接来訪できる場合は、代理人であれ、ご本人であれ、必ずマスクのみならず、苦しくともフェイスシールドを装着してもらうのが鉄則であり、皆がそれをしっかり守られている。

 例外的に、数十年来の常連さんのご家族の場合、常連さんご自身の報告能力が極めて高いので、直接来訪せずとも、電話相談だけで、ほぼピントのあった必要な漢方薬類が決まる場合もあるが、何十年来の我が中医漢方薬学流弁証論治の訓練のお陰である。
応援のクリックをお願いします 健康・ダイエットランキング

2009年9月10日の茶トラのボクチン(5歳)
2009年9月10日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母
posted by ヒゲジジイ at 13:08| 山口 ☀| 近況報告 | 更新情報をチェックする

2020年09月09日

マスクを着けない高齢の男性が目立つので厳重注意する日々

 日本はようやく新型コロナウイルスの感染者の増加が頭打ちになりつつあるが、ヨーロッパの各国では、ここに来て急速に感染拡大が目立っている。

 村田漢方堂薬局に訪れる常連さんやお馴染みさんの中では、マスクを車に置いて来たり、ポケットに入れたままで、マスクを着けないで訪れる人は、決まって高齢の男性たちである。

 昨日も、以前、疎経活血湯で腰痛改善後、しばらく遠ざかっていた80代の男性。
 事務仕事の勤務を続けているということだが、数年ぶりに再発とて、同じ漢方薬を求めて来られたものの、マスクを着けられてないので、マスクを着けるようにと、差し出そうとすると、ポケットに持っているからと、慌てて着用された。

 マスク着用の必要性を説いたのを恐縮されたのか、効くのが分かっている疎経活血湯エキス製剤の徳用サイズを1箱購入と言っていたのが、やっぱり2箱下さいと言われるので、マスクをガミガミ言われるから? と言って皆で大笑い。
応援のクリックをお願いします 健康・ダイエットランキング

2009年9月9日の茶トラのボクチン(5歳)
2009年9月9日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ヒゲジジイ

2020年09月07日

台風10号の影響皆無で、明日8日(火曜日)より、通常通り再開可能!

 朝9時50分現在、多少の吹き返しはあるものの、ほとんど去りつつある台風10号は、村田漢方堂薬局に関しては、強風もそれほどではなく、降雨も少なく、停電も含めて何の影響もなく、無事通過しつつある。

 ここまでくれば大丈夫だろうが、さきほど救急車がサイレンを鳴らして通り過ぎた。

 ともあれ、明日8日(火曜日)より、仕事は平常に戻り、発送業務も明日からクロネコヤマトさんも再開される。

 ただ、心配なのは一昨日、発送依頼を受けていた九州地方のお馴染みさんが、明日の発送で、明後日の配達が可能かどうか?
 被災状況によっては、過去の事例でも、道路が寸断されているなどで、受け付けてもらえない場合もあることである。
応援のクリックをお願いします 健康・ダイエットランキング

2012年9月7日体調を壊して3ヶ月になる茶トラのボクチン(8歳)
2012年9月7日体調を壊して3ヶ月になる茶トラのボクチン(8歳) posted by (C)ヒゲジジイ
ラベル:台風10号
posted by ヒゲジジイ at 09:54| 山口 ☁| 近況報告 | 更新情報をチェックする

2020年09月06日

明日7日(月曜日)は、台風10号通過のため、臨時休業です!

 下関市のクロネコヤマトさんですら、7日(月曜日)は、臨時休業するくらいなので、村田漢方堂薬局も全面的に1日中、臨時休業。

 午後に吹き返しが弱まったとしても、台風後の後始末や、もしも被害が大きければなおさら、仕事なんてとんでもない話。

 8日(火曜日)に、無事に再開できればよいがと思っている。

 本日深夜から翌日の7日(月曜日)の午前中に強烈な暴風雨に見舞われること必至なので、被害が最小限に終わることを祈るばかり。
応援のクリックをお願いします 健康・ダイエットランキング

2012年9月7日の体調を壊して3ケ月になる茶トラのボクチン(8歳)
2012年9月7日の体調を壊して3ケ月になる茶トラのボクチン(8歳) posted by (C)ヒゲジジイ
ラベル:台風10号
posted by ヒゲジジイ at 12:05| 山口 ☁| 近況報告 | 更新情報をチェックする

2020年09月04日

半ドンの 明日5日(土曜日)の発送業務は、本州方面は可能でも、九州地方は無理です

 下関地方も、台風10号の接近のため、明日5日(土曜日)の発送依頼は、本州地方は可能でも、半ドンの土曜日なので午前中の連絡がなければ、次回は8日(火曜日)の発送となります。

 なお、九州地方は明日土曜日の発送は無理で、8日(火曜日)以降となります。

 下関市のクロネコヤマトさんは、7日(月曜日)はあらゆる業務を完全休業するとのことなので、それだけ強烈な台風を警戒して、我が薬局も、同じく月曜日は全面的に休業の予定

 明日を逃すと、発送が8日(火曜日)になるといっても、台風10号の影響が少なく、村田漢方堂薬局が吹き飛ばされてなければ、という条件付きではあります。
応援のクリックをお願いします 健康・ダイエットランキング

2012年9月4日の体調を崩して3ヶ月の茶トラのボクチン(8歳)
2012年9月4日の体調を崩して3ヶ月の茶トラのボクチン(8歳) posted by (C)ヒゲジジイ
ラベル:台風10号
posted by ヒゲジジイ at 18:45| 山口 ☔| 近況報告 | 更新情報をチェックする

2020年09月03日

コロナ対策で欠かせないエタノールによる殺虫効果実験

 たまに見かける便所虫のチョウバエは、水をぶっかけても、それを弾いて殺傷は無理なので、試しにコロナ対策で使っているエタノールをスプレーすると、イチコロだった。

 これもたまに見かけるコバエもイチコロだったが、一度の経験だけなので、見かけたら再度試す必要がある。

 ナメクジは、一度試しただけだが、塩を振りかけるよりも、エタノールスプレーによる殺傷の方が清潔で、殺虫後の処理も、しばらく放置しておけば、黒く固まって除去しやすい。塩を振りかけたときのような、ドロドロに汚濁することがない。

 蚊にも効果があるのかどうか?
 幸か不幸か、意外にも蚊に遭遇することがほとんどないので、試す機会がまだ訪れない。
応援のクリックをお願いします 健康・ダイエットランキング

2009年9月3日の病み上がりでまだスッキリしない茶トラのボクチン(5歳)
2009年9月3日の病み上がりでまだスッキリしない茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母
ラベル:エタノール
posted by ヒゲジジイ at 09:52| 山口 ☁| 近況報告 | 更新情報をチェックする

2020年09月01日

異常に増え続ける郵便物に唖然とする毎日

 漢方関係の各社のみならず、様々な業種から、購入を促すパンフレットが日々(ややオーバーに表現すれば)山のように送られてくる。

 中でも、バカじゃないの、経費の全く無駄使いだと呆れるのは、取引が少ない某漢方メーカーから、手を変え、品を変えて、頻繁に様々なパンフレットが送られてくることである。

 これら、山のような郵便物に、日々エタノール消毒をほどこすので、消毒代もバカにならない。

 また別の某社の納入伝票だけは、エタノールで文字がすべて流れて消えるので、やむを得ず、次亜塩素酸ナトリウム液で消毒である。

 頻繁に使用するエタノールの入れ替えをノートパソコンの上でやっていたら、うっかり大量にこぼれたので、完全に乾燥したあと、電源を入れると、すべてまともに作動するのに、肝腎なディスプレーが、派手に滲んだサイケデリックな画像を映すばかり。

 数年前、未使用の新古品を安価で手に入れた第2世代のCrei5でSSDに入れ替えた優れもののFujitsuの小型ノートパソコンだったが、惜しいことをした。
応援のクリックをお願いします 健康・ダイエットランキング

2010年9月1日の茶トラのボクチン(6歳)
2010年9月1日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ
posted by ヒゲジジイ at 11:34| 山口 ☀| 近況報告 | 更新情報をチェックする