2017年10月20日

癌サポートの漢方薬類を求めて来られる年代は、意外にも40歳代が最も多い

2010年10月20日の茶トラのボクちん(6歳)
2010年10月20日の茶トラのボクちん(6歳) posted by (C)ボクチンの母

 癌サポートを求めて来られる年代層は、意外にも40歳代が最も多く、しかも多くの人達が既に他臓器に転移がみられる。そこまででなくとも、リンパ節転移があるなど。

 その多くは、村田漢方堂薬局に相談に来られる以前に、病巣の摘出手術を受けたものの、数年も経たずに、肝転移や肺転移、あるいは腹膜播種や脳転移や骨転移などを生じて、そのようなステージ4と診断される段階になってはじめて、西洋医学治療も限定的なものになるため、少しでも改善する余地はないものかと、漢方サポートを求めて来られるのである。

 若い年齢層だけに、進行が速い傾向があるものの、その分かえって漢方薬類の反応性は良好な傾向があり、また高齢者と違って、比較的明晰な判断力を維持されている人達が多いので、実際に漢方薬類を取り入れることによって、多くは短期間で、体感的に漢方薬類の効果を実感されるので、素直に喜んでもらえる。

 喜んでもらえるのは幸いなことではあるものの、年代的には十分な漢方サポートを行えるわけではなく、経費的な制約も当然考慮せざるを得ないケースも多い。

 なかには、三十代で手術前後から漢方薬を利用されながら、ようやく5〜6年経過して根治の目途がたったと思った矢先、今度は配偶者が手術不能の転移癌が見つかるなど、お二人が四十代になったというのに、このように不運なご夫婦もおられる。

 いずれにせよ、40代の年齢層で、悪性腫瘍の漢方サポートを求めて来られる人達が、他の年代の人達よりも、目立って多いのは、意外なことかもしれない。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします
     ⇒ ⇒ ⇒ 健康・ダイエットランキング ⇒

2009年10月20日の茶トラのボクちん(5歳)
2009年10月20日の茶トラのボクちん(5歳) posted by (C)ボクチンの母
posted by ヒゲジジイ at 16:37| 山口 ☁| 悪性腫瘍・癌・ステージ4の進行癌や転移癌 | 更新情報をチェックする

2017年10月19日

暴走する無謀運転者を高速隊の警察官が検挙してみると・・・

2008年10月19日の茶トラのボクチン(4歳)
2008年10月19日の茶トラのボクチン(4歳) posted by (C)ヒゲジジイ

 数十年前の話だが、友人の警察官がしばらく高速道路における高速隊に所属して勤務していた頃、暴走する無謀運転者を検挙してみると、そのほとんどが虫も殺さぬような優男(やさおとこ)、要するに弱々しい男性ばかりだったという。

 心身ともに豪傑肌だった友人の警察官は、ほんとうに不思議がっていたが、昨今はどのようであるか、誰も高速隊に所属する人がいないので、情報は入らない。

 いずれにせよ、ハンドルを握った途端、悪魔の本性をさらけ出す人間が少なくないのは、なにも今に始まったことではないので、このような卑近な例をあげるだけでも、十分に「人間ほど信用ならない残酷な動物はほかには見当た」らない証拠の一つだろう。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします
     ⇒ ⇒ ⇒ 健康・ダイエットランキング ⇒

2009年10月19日の茶トラのボクチン(5歳)
2009年10月19日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ヒゲジジイ
posted by ヒゲジジイ at 13:46| 山口 ☁| とんでもない話や、信じられない困った話 | 更新情報をチェックする

2017年10月18日

ペットロスが蔓延する原因は、ほかでもない・・・

2009年10月18日の茶トラのボクチン(5歳)
2009年10月18日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母

 中世を過ぎて、近世、近代も過ぎて、戦前、戦後も過ぎて、現代社会になっても、相変わらず人間という醜い動物の悪業は減るどころか、種類を変えてますまず多彩になっている。

 卑近なところでは、普通の人でもいったんハンドルを握ると、あおり運転など、悪魔に豹変する人達。

 人間は最も信用ならない悪魔の動物であるから、純真な猫や犬たちにしか心を許せないから、ペットロスが蔓延するのも当然だろう。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2009年10月18日の茶トラのボクチン(5歳)
2009年10月18日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母
posted by ヒゲジジイ at 08:36| 山口 ☁| とんでもない話や、信じられない困った話 | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

専門書籍の、うっかり二重買い『寝ころんで読む傷寒論 温熱論』(入江祥史著)

2009年10月15日の茶トラのボクチン(5歳)
2009年10月15日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ヒゲジジイ

 先日、「漢方1日1歩のブログ」という、匿名のお医者さんによるブログを拝見していたところ、タイトルにあげた書籍が紹介されていた。
 面白そうだから、復習の意味で買っておこうと、さっそく入手して、目次から気になる項目を拾い読み。

 ずいぶんお世話になった「葉天士『温熱論』」のところを読んでいたら、
 この「温熱論」は葉天士の直筆ではない。
 今もそうなのだが、優れたプレイヤーやパフォーマーというのはライブ実践に命をかけているので、あまり本は書いていない。知るものは言わず、言うものは知らず。
 とあるのを見て、やや複雑な気持ちになった(苦笑。

 苦笑いしながらタマタマ後ろを振り向くと、何と同じ書籍が書棚にニコニコ笑って鎮座しているではないか!

 うっかりの二重買いだったようで、いつ購入していたか記憶がない。

 若いころには、中国で書かれた中医学専門書籍は、いずれも紙質が薄くて破損しやすいので、意図的に気に入った書籍は2冊と言わず3冊くらいは同じものを購入して悦に入っていたものだが、今回は明らかに、日本の紙質のしっかりした書籍だけに、うっかりの二重買い。

 著者の経歴を見ると、愚息と同じ大学医学部出身。何かの縁だろうと、この際、同じ著者の過去の出版書籍をアマゾンで検索して、中でも気になる8種類8冊をまとめて注文した。
 当然、すべてに目を通す時間と暇はあり得ないが、気になる書籍は手元にないと居心地が悪いのである。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2009年10月15日の茶トラのボクチン(5歳)
2009年10月15日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ヒゲジジイ
posted by ヒゲジジイ at 10:02| 山口 ☔| 村田漢方堂薬局の近況 | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

はたして励ましになったかどうか?

2009年10月13日の茶トラのボクチン(5歳)
2009年10月13日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ヒゲジジイ

 昨今は、ブログに難治性疾患や、不妊相談ばかりでなく、転移癌や進行癌に対して、漢方薬による嬉しい報告例を自慢げに書いていると、過剰な宣伝効果となってもヤバいので、それでなくとも仕事が増えるばかりだから、あまり自慢話は書かないように気を付けている(苦笑。

 先日の連休前の土曜日まで、暇な日もないではなかったが、日によってはあまりに仕事量が多過ぎて、土曜日の午後からは完全にダウン。連休中は身体を休めることに専念して、読書すらままならなかった。
 連休明けも相変わらずで、本日こそ仕事量が多過ぎて、新規相談者がないことを祈ったのだが・・・

 生まれる前から親しい高齢の女性に紹介されて来られた胃腸疾患の、これまた高齢の女性。
 先年、八十代半ばのご主人を亡くされて以来、胃症状に悩まされて、どんなに病院に通っても治らず、諸検査でも胃癌なども含めて、まったく異常は見られないという。

 集荷に間に合わせるべく、発送業務に追われている最中だったので、しばらく待ってもらうか、待てなければ日をあらためて・・・と伝えれば、待たしてもらいたいとのことで、結局、かなりな時間を待ってもらうことになった。

 とても素直そうなご老人(ヒゲジジイも老人だが・・・苦笑)なので、単刀直入に、

 死んだら終わりと思うからショックも大きいだろうけど、間違いなくあの世はあるし、この仕事を通じて、実際に亡くなられた人に、ご家族で再会された報告もあるとはいえ、これは滅多にないことながら、いずれあの世に戻られた時には必ず再会できるのだから、亡くなられた年齢を考えると贅沢をいってはなりませんよ。

 あとで考えれば、忙しさにかまけて、相変わらず単刀直入に話しただけに、どれだけ励ましになったことやら・・・といっても、ヒゲジジイがPCに向かって送り状を発行する間に、女性薬剤師が、凄まじい量の荷造りに専念する姿に、いたく恐縮されたらしく、たくさんの感謝の言葉を述べられて、六君子湯を主体にした二種類の漢方薬を購入して、10日後の再来を約して、帰宅されたのだった(苦笑。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2009年10月13日の茶トラのボクチン(5歳)
2009年10月13日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ヒゲジジイ
posted by ヒゲジジイ at 19:58| 山口 ☁| 漢方相談室での談話風景 | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

意外にも! 前回のブログの内容が極端に不人気だったが、ということは、なるほど・・・

2012年10月12日の茶トラのボクチン(8歳)
2012年10月12日の茶トラのボクチン(8歳) posted by (C)ボクチンの母

 お国のために身を犠牲にして奮闘したご先祖を蔑ろにする訪問者ばかりだったということなのだろう。

 タイトルに「意外にも」と書いたが、本音を言えば、そのレベルだろうとは思っていた。

 今に、日本は滅びるだろう。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2012年10月12日の茶トラのボクチン(8歳)
2012年10月12日の茶トラのボクチン(8歳) posted by (C)ボクチンの母
posted by ヒゲジジイ at 23:41| 山口 ☀| 日本人としての自覚の問題 | 更新情報をチェックする

2017年10月09日

もう滅多に感動しなくなったヒゲジジイでも

2012年10月9日の病が長引いていた茶トラのボクチン(8歳)
2012年10月9日の病が長引いていた茶トラのボクチン(8歳) posted by (C)ヒゲジジイ

 しばらくシーサーブログ全体がダウンしていたが、ようやく回復したところで、その間にあった出来事。

 先日の北陸地方の常連さんが案内してくれた複数のユーチューブの講演動画。
 少々のことでは「当然のこと」として、感動しやすい愚妻とは異なって、拝見する前からそのように嘯いていたヒゲジジイだったが、28歳の我那覇真子さんの講演だけは違った!

https://www.youtube.com/watch?v=hEZ15p6QOls

 動物の中では、最も神に近いといわれる猫のレベル以上の人が、ほんの僅かながら存在するのは承知していたとはいえ、現実にこれほどまでの人が、しかも若い女性の中に、日本に存在していたとは・・・(苦笑。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2012年10月9日の病が長引いていた茶トラのボクチン(8歳)
2012年10月9日の病が長引いていた茶トラのボクチン(8歳) posted by (C)ヒゲジジイ
posted by ヒゲジジイ at 16:45| 山口 ☀| 日本人としての自覚の問題 | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

村田漢方堂薬局の常連さんに限って言えば、例えば北陸地方の常連さんから頂いたお便りの内容と同意見の人が多い

2010年10月7日の茶トラのボクチン(6歳)
2010年10月7日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ

北陸地方の常連さんからのお便り:
        (ご本人の許可を得て全文を転載)

 ここ数日の先生のブログを読んでいて同感することしきりでございます。
 腹立たしいことばかりで肝鬱がひどくなりそうです。

 ただ私の希望から言えば安倍首相の加憲ではなく、改憲もしくは9条削除を希望しているのですが、本当に改正に1歩近づけるためにはやむなしかもとも思うのですが…

 あとは消費税も増税は反対です。
 8%にあげたのが経済の失速につながったは公にも自明の理であり、ノーベル経済学賞のクルーグマンさんやシムズさんも日本の消費税引き上げは行うべきではないとの見解なのに、日本の御用学者は頭がどうかしているのではないでしょうか?

 そうすると小池さんの希望の党の政策ががっちしてくるのですが、あのおばさん煮ても焼いても食えない感じで、希望より野心を感じます。
 ましてや理念なき民進党との野合が気に入りません!

 共産党の方なんか「市民」と一緒に安保法案反対をやってきたと、さもすべての人と行ったかのような発言に怒りをおぼえます。
 頭よすぎておかしくなったんじゃないでしょうか。

 大半の野党は安倍さん憎しで、自分たちは安倍さんの政策よりもっと素晴らしい政策が実現できるという気概が全然かんじられません!

 あの方達の選挙の争点は安倍おろしのようで、あまりにもひどい。

 またそんな人に投票してしまう方もおるのがなんともはやです。

 毎日新聞の調査ですが、小池さんが首相になってほしいという調査で確か7割近い数字をだしていましたが、多くが女性の支持で、アンケートの内容を見るともうマスごみに踊らされた内容ばかりで残念です。

 女性蔑視ととられるかもしれませんが「雌鶏鳴いたら国が亡びる」との故事が出てきます。

 すいません、最近の政治にストレスを感じ、書いてしまいました。ご容赦ください。
 お薬宜しくお願いします。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2010年10月7日の茶トラのボクチン(6歳)
2010年10月7日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ
posted by ヒゲジジイ at 07:20| 山口 ☔| 日本人としての自覚の問題 | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

人生はそれほど長くはないのだから、サイコパスの人達に翻弄されて、人生をメチャクチャにされないこと

2010年10月5日の茶トラのボクチン(6歳)
2010年10月5日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ

 政治の世界は、人間がいかに最低の動物であるかを証明されているようで、ますます同じ人間であることが恥ずかしくなる。動物の中では最も神に近いと言われる猫ちゃんたちに申し訳ない。

 市民運動家たちに「市民」という日本語を乗っ取られてしまったのは、まことに釈に障る話だが、期待する保守であっても、いまや日本全体が、一人の鵺(ぬえ)的なサイコパス女子に翻弄され続けている現実こそ、実に不愉快。

 どうせ、策士は策に溺れて、いずれ化けの皮が剥がれることを期待するばかりだが、本当に人間と言うのは、こうまでもみっともない動物なのかと、悲しさを通り越して呆れるばかり。

 ノーベル文学賞を受賞されたカズオ・イシグロ氏が訴えるように「人生は短い」のだから、まずはサイコパスの人達に翻弄されて、人生をメチャクチャにされないこと。

 とうぜん、国家も同様である。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2010年10月5日の茶トラのボクチン(6歳)
2010年10月5日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ
ラベル:サイコパス
posted by ヒゲジジイ at 00:10| 山口 ☁| とんでもない話や、信じられない困った話 | 更新情報をチェックする

2017年10月04日

ヒゲジジイは、日本国民ではあっても、断じて「市民」ではない、らしい

2010年10月4日の茶トラのボクチン(6歳)
2010年10月4日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母

 市民連合や市民運動など、テレビ報道では声高に市民、市民と、市民は左翼思想の塊のように連呼されているようだが、とすると、ヒゲジジイなどは、断じて市民ではないことになる。

 日本国民ではあっても、市民ではないというと、下関市民ではないということか?
 それなのに長年、多額?の市民税を納めているのだが、なんのための市民税なのだろう?

 市民運動や市民連合など、テレビ報道を見ていると、まるであらゆる市民が、護憲派こそは正義で、自衛隊の恩恵を数々受けている現実を否定するかのように、憲法で明記することすら断じて許さない人達だけが「市民」と名乗る資格があるというのか?!

 「市民」という言葉に、これだけ泥を塗りたくられれば、「市民でなくて結構だ」と居直って、日本国民であることだけは死守しようと思っている(苦笑。

 蛇足ながら、上記の伝で行くと、中医学派には「市民」が多く、日本古方派には日本国民であっても「市民」は少ない。だから国民であっても「市民」ではない中医漢方薬学派としては、どちらからも嫌われる微妙な立場かもしれない(呵々。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします
     ⇒ ⇒ ⇒ 健康・ダイエットランキング ⇒

2010年10月4日の茶トラのボクチン(6歳)
2010年10月4日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母
posted by ヒゲジジイ at 12:56| 山口 ☁| とんでもない話や、信じられない困った話 | 更新情報をチェックする

2017年10月03日

頭文字が「た」の人達ばかり、という奇妙な1日

2009年10月3日の茶トラのボクちん(5歳)
2009年10月3日の茶トラのボクちん(5歳) posted by (C)ヒゲジジイ

 久しぶりに比較的のんびりできた1日。

 しかも奇妙なことに、発送依頼の人達3名、頭文字が全員「た」の人達ばかり。

 直接来られた常連さんも、ここ数ヶ月通われている人も、お二人とも頭文字が「た」の人達で、合計5名が「た」の人達。

 ほかには仕事関連の業者ばかりの出入りで、新規相談者もなく、久しぶりに、のんびりできた。

 しばしばありがちな発送依頼10名、店頭10名くらいであっても、スタッフの少ない村田漢方堂薬局においては、ほとんど休む暇もなくなるが、こんな日もあってくれるからこそ、やっていけるのである。

 こんな調子だから、休み明けの月曜日や連休の前後、および半ドンの土曜日には、とうてい新規の相談者を受け入れることは、まったく不可能である。

 だからこそ、本日のようにタマに暇な日があるからといって、昨日書いたようなクレーマー予備軍など、とんでもない話。わざわざ喧嘩を売りに来るつもりなら、気難しい頑固ジジイであることは、自他ともに認めるところであるから、「薬局のくせに!」と揚げ足を取ろうと企んでも、必ず返り討ちにあうだけである(呵々。

 ともあれ、それにしても発送依頼の3名も、店頭に訪れたお二人にしても、いずれの人の頭文字が、全員5名が「た」であったとは、面白くも奇妙な1日だった。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2009年10月3日の茶トラのボクチン(5歳)
2009年10月3日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ヒゲジジイ

2017年10月02日

こちらの親切を暴言で返礼する、電話で問い合わせる無礼者たち

2010年10月3日の茶トラのボクチン(6歳)
2010年10月3日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ

 45年もこの仕事をやっていると、人間的に真摯な人達ばかりと長期間のお付き合いになることが多いのだが、それに引き換え、電話やメールで問い合わせる人の中には、ちょっとやそっとでは直ぐすぐ改善できるとは限らないのだから、なるべく地元で通える範囲内の漢方薬局やクリニックを見つけるようにアドバイスすると、中には何を逆切れしているのか? 激しく罵って始末に負えない人達がいる。

 匿名をよいことに、言いたい放題、書きたい放題の連中である。

 だから、ますます拒絶して大正解だったと、こちらの勘の鋭さに自画自賛もしたくなるほど、クレーマー予備軍というのは、ハナから電話での特有の口吻、メールでは強引な筆致などで、既に無意識に察知しているのである。

 常々書いていることだが、そのようなクレーマー予備軍の連中は、人一倍、気難しいヒゲジジイの薬局に来ようというのは、ハナから間違っている。喧嘩腰で来られるような連中に構っている暇はない。

 クレーマー予備軍の連中は、こちらがどんなに親切にアドバイスしても、ハナから揚げ足を取るつもりで電話を掛けたり、メールを寄こしたりしているのだから、ほんとうに始末に負えない連中である。

 考えてみるがよい。
 電話や店頭で罵しりまくるような無礼者相手に、だれが真剣に相談に乗ってくれようというのだろう。思い上がりも甚だしい。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2010年10月3日の茶トラのボクチン(6歳)
2010年10月3日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ
posted by ヒゲジジイ at 13:41| 山口 ☔| とんでもない話や、信じられない困った話 | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

杞菊地黄丸のエキス顆粒製剤によって即効的に視力が回復

2008年10月1日の茶トラのボクチン(4歳)
2008年10月1日の茶トラのボクチン(4歳) posted by (C)ヒゲジジイ

 いまさらながら、杞菊地黄丸の偉効をみずから実感するとは、「漢方薬って、凄い効き目があるんですね〜!」と常連さんの前で、冗談交じりに驚いてみせたほど。

 新品同様と言ってよいほどの中古PCを1台2万円台で複数台購入して、何年間も酷使して動きの悪くなったPCと入れ替え作業を続けていたところ、気が付いてみると右目の視力が急速に悪化して、近くも遠くもぼんやりしてピントが合わない。
 蛇足ながら、PCを安く手に入れても、ウイルスバスターを導入し、それぞれメモリーを1台につき8〜16Gに、搭載できる精一杯を増設するので、結果的にはそれほど安上がりになるわけでもない(苦笑。

 肩こり首コリも伴っているので、適切な他方剤とともに、最もエキス量がしっかり含有した双料杞菊顆粒を服用すると、1〜2回の服用で明らかに軽減。1週間の続けるとほとんど以前の視力に回復した。

 ところで、アトピー性皮膚炎の人達にも、六味丸がフィットしていた人達は、途中から眼精疲労などを伴っていたことから、しばしば杞菊地黄丸に切り替えるケースが多いが、その人たちには上記の双料杞菊顆粒に切り替えることはなく、必ず丸剤の杞菊地黄丸を勧めている。

 敏感なアトピー性皮膚炎の場合は、他方剤との配合バランスがとても微妙なので、服用量を容易に調整しやすい丸剤の方がはるかに扱いやすいからである。

 上記のヒゲジジイの経験を聞かされたアトピーで通われている女性が以下のようなご自身の経験を話してくれた、

 昨年のことだったか? アトピーで一定の効果が持続している時点で、眼精疲労もあるということで、六味丸を杞菊地黄丸に切り替えた翌朝、出勤中に気が付いたら常用しているコンタクトレンズを、うっかり装着するのを車を運転中に気が付いたほど、眼精疲労と視力回復が即効的だったことを思い出して苦笑されいた。

 ともあれ、蛇足ながら、最近の即効例では、出血を伴う潰瘍性大腸炎の頻繁な下痢に胃苓湯エキス製剤と適宜大建中湯去膠飴の粉末製剤の併用で即効を得たり、排卵日に生じる腹部の激しい冷え痛みに大建中湯去膠飴の粉末製剤で即効を得たり、肺機能低下を伴う各種特殊な慢性気管枝炎の諸症状に対して、竹葉石膏湯エキス製剤を主体にした複数の方剤の併用で即効を得るのみならず、転移癌による西洋医学治療で却って免疫を落として疲労困憊の人達に、多種類の漢方薬類によって即効的に気力・体力を回復するなど、最近の即効例を挙げれば際限がない。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2010年10月1日の茶トラのボクチン(6歳)
2010年10月1日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ
posted by ヒゲジジイ at 09:05| 山口 ☁| 漢方薬の即効例 | 更新情報をチェックする