2016年01月09日

今年の新規相談者は、当然ながら、西洋医学では限界があり過ぎるものばかり

2012年01月09日の茶トラのボクチン(7歳)
2012年01月09日の茶トラのボクチン(7歳) posted by (C)ヒゲジジイ

 連日、新規相談者が続いたが、本日土曜日は新規相談は受付できない日。

 今年の新規相談者は、いずれも西洋医学治療では、まったく無効。

 西洋医学治療で十分に治療できる分野では、しっかり西洋医学治療を受けるように進言して、漢方相談をお断りするのが我が薬局のポリシーであるが、なるほど西洋医学では限界があり過ぎるというものばかり。

 病名が分かっていても、治療方法がなかったり、あるいは繰り返し検査をしても西洋医学的な原因がサッパリ見つからないケースなども含まれる。

 病院のツムラ漢方も無効だった人達。

 病院の漢方薬を続けることで、ますます病状が悪化した人すら漢方相談に来られた。

 昨年末から相談を受けていた胃腸が弱くて食欲不振や悪心・嘔吐など、吐き気が止まらなかった人達も、西洋医学では完全に行き詰って、ツムラ漢方も投与されても無効だった人達でも、比較的安価なものばかりの組み合わせで順調に快方に向かっている。

 そういえば、最今は様々な疾患に合併して吐き気に悩んでいる人がやや目立つ。
 精神的な分野では、それぞれの人が、何かに対する拒絶反応のシグナルも含んでいるのかもしれない。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2012年01月09日の茶トラのボクチン(7歳)
2012年01月09日の茶トラのボクチン(7歳) posted by (C)ヒゲジジイ

2012年01月09日の茶トラのボクチン(7歳)
2012年01月09日の茶トラのボクチン(7歳) posted by (C)ヒゲジジイ

2012年01月09日の茶トラのボクチン(7歳)
2012年01月09日の茶トラのボクチン(7歳) posted by (C)ヒゲジジイ

2012年01月09日の茶トラのボクチン(7歳)
2012年01月09日の茶トラのボクチン(7歳) posted by (C)ヒゲジジイ

posted by ヒゲジジイ at 00:02| 山口 ☔| 時代的な傾向や使用頻度が増加中の漢方薬方剤 | 更新情報をチェックする

2016年01月08日

毎年恒例の行事:正月前後の食事内容の異変により

2009年01月08日の茶トラのボクチン(4歳)
2009年01月08日の茶トラのボクチン(4歳) posted by (C)ボクチンの母

 正月前後の食事内容の異変により、アトピー性皮膚炎や酒皶、あるいは乾癬の人達が、せっかく一定レベル落ち着いていても、毎年必ず何人かの人達が再燃したと相談がある。

 今年は、まだ乾癬の人からの相談があったばかりだが、これから、きっとアトピーの人達から、反省の弁を伴って、相談があることだろう。

 例年、この時期、毎年恒例の行事となっているので、こちらも変に慣れっこになっている。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2009年01月08日の茶トラのボクチン(4歳)
2009年01月08日の茶トラのボクチン(4歳) posted by (C)ボクチンの母

2009年01月08日の茶トラのボクチン(4歳)
2009年01月08日の茶トラのボクチン(4歳) posted by (C)ボクチンの母

2009年01月08日の茶トラのボクチン(4歳)
2009年01月08日の茶トラのボクチン(4歳) posted by (C)ボクチンの母

2011年01月08日の茶トラのボクチン(6歳)
2011年01月08日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母

posted by ヒゲジジイ at 00:08| 山口 ☁| アトピー性皮膚炎や慢性湿疹など痒みを伴う皮膚病 | 更新情報をチェックする

2016年01月07日

「漢方専門薬局なのに意外に若い人の相談者が多いですね」っと言われたが・・・

2016年1月6日のシロちゃんとトラちゃん(メス2歳)
2016年1月6日のシロちゃんとトラちゃん(メス2歳) posted by (C)ボクチンの母

 某漢方メーカーの社員さんに言われた。
 毎月訪問される折々に店頭で遭遇する人達に、20〜30代の人達が意外に多いことに驚かれていた。

 他の専門薬局さんでは、不妊治療のサポートに力を入れられているところでは、若い人達こそ多いはずだから、きっと「ジジババ薬局にしては若い人の出入りが多い」という意味に違いない。

 と言われながらも、たまたま今回は、その社員さんが帰られる前に偶然補充購入に来られた人は、中年女性だった。

 蛇足ながら、その女性は関節リウマチが比較的スムーズに寛解して、ずっと調子がよいので、同病で悩む知人の女性に村田漢方堂薬局を勧めるのだが、その女性は、過去に県外の各地の漢方薬局を歴訪して、まったく効果がなかったので、漢方薬はもうコリゴリだと言われたという。

 もちろん、紹介などしないでよ、本気の人は紹介などされなくても、みずから積極的に来られるもので、ご自身が調子がよいからと勧めたところで、義理で来られても、貴女が間に入って、却って気まずいことになり兼ねないので、紹介は不要であることを納得してもらった。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2010年01月07日の茶トラのボクチン(5歳)
2010年01月07日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ヒゲジジイ

2010年01月07日の茶トラのボクチン(5歳)
2010年01月07日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ヒゲジジイ

2010年01月07日の茶トラのボクチン(5歳)
2010年01月07日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ヒゲジジイ

2011年01月07日の茶トラのボクチン(6歳)
2011年01月07日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ

posted by ヒゲジジイ at 00:01| 山口 ☁| 近況報告 | 更新情報をチェックする

2016年01月06日

人間は病気になるために生まれて来たのだろうか?

2011年01月06日の茶トラのボクチン(6歳)
2011年01月06日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母

 新年になって2日目の仕事。
 2日目にしてフル回転で、無い頭を振り絞った1日。
 
 こんな田舎の漢方薬局でも、西洋医学治療のみならず、各地の日本漢方専門クリニックや漢方薬局でも治らなかった人達が集まって来る。

 中年以降に病気が出て来るのは止むを得ないとしても、30〜40歳代の人達が難病をかかえて集まる数の多さはここ10年来目立つことである。

 その中には悪性腫瘍の人達も、その年代でも相談件数が確実に増えているのだから、人間は病気になるために生まれてきたのだろうかと感じることが多い昨今。

 すべての人に満足してもらえるのは不可能にしても、弁証論治を繰り返すことで、多くの人に喜んでもらえる中医漢方薬学は、いまさらながら素晴らしいものだと自画自賛して、たまには強がっておきたい(苦笑。

 といっても、真摯で根気のある人達ばかりが集まるところだから多くのことが可能となっているので、それだからこそ、引き続きお気軽やお気楽な相談者を謝絶する方針は、絶対に墨守しなければならない。

 ボケなければ、あと20年以上は頑張れそうだが、はたして?

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2011年01月06日の茶トラのボクチン(6歳)
2011年01月06日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母

2011年01月06日の茶トラのボクチン(6歳)
2011年01月06日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母

2011年01月06日の茶トラのボクチン(6歳)
2011年01月06日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母

2011年01月06日の茶トラのボクチン(6歳)
2011年01月06日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母

posted by ヒゲジジイ at 00:00| 山口 ☔| 中医漢方薬学 | 更新情報をチェックする

2016年01月05日

脂漏性皮膚炎や酒さ等と診断され

2011年01月05日の茶トラのボクちん(6歳)
2011年01月05日の茶トラのボクちん(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ

【 ブログへ掲載の可否 】:転載応諾(ブログへ転載させて頂く場合があります。)
【 年 代 】:20〜29歳の男性
【 地 域 】:関東地方
【 お問い合せ内容 】: 恐れ入ります。

 高校生の頃より、皮脂による皮膚炎に長年悩まされております。後頭部に痒みを伴う皮膚炎、顔面にも(目の周りを除き)皮脂の過剰分泌と赤みが生じております。

 皮膚科に通いましたが、脂漏皮膚炎や酒さ等と診断され、抗菌剤やステロイドを処方されるのみでした。
 その後、都内の漢方専門の病院に通いまして、茵蔯五苓散と荊芥連翹湯を処方され、半年以上服用しております。

 後頭部は、やはり痒みは時々生じますが、皮膚炎となるほどの赤みは減りつつあります。しかし、顔面を中心とした皮脂の過剰分泌や赤みは全く変化がないのが現状です。なお、先生には、後頭部の調子が多少なりとも改善しているのなら、このまま同じ処方で続けると言われております。

 もちろん、仮に体質改善となりますと、半年程度の服用で大幅に症状が改善するものではないということも十分承知しております。もっとも、長期にわたる服用が必要だとしても、あくまで「ピントのあった」処方で改善をすべきと思いますので、そうしますと、後頭部の皮膚炎にわずかな改善が見られたことのみをもって今の処方を続けるというのも不安に感じます。

 先生のご経験からしまして、ピントのあった処方でしたら、未だ改善が特に見られない顔面の皮脂過剰分泌や赤み等はこの半年で既にある程度の改善は見られているべきものでしょうか。

 また、村田先生のホームページを拝見し、中医学にも通じていることの大切さを感じましたので、「中医」を看板に掲げている先生に伺ったほうがよりピントのあった処方が可能なのではないかとも考えております(ちなみに、都内にあります●●●先生が開業され今は別の先生が引き継がれている「○○○○○クリニック」を考えております)。

 多少の改善をもってピントがあっていると判断するべきなのか、今のままの処方を続けるべきなのか、悩んでおります。お忙しいところ恐縮ですが、ご意見を頂ければ幸いです。宜しくお願い致します。

2011年01月05日の茶トラのボクチン(6歳)
2011年01月05日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ

お返事メール:

 茵蔯五苓散と荊芥連翹湯を半年の服用によって、

>後頭部は、やはり痒みは時々生じますが、皮膚炎となるほどの赤みは減りつつあります。

 というのであれば、もしも舌の奥に黄色い苔が存在しているようでしたら、という条件付ですが、
 荊芥連翹湯+茵蔯蒿湯に切り替えてテストしてみるとか、
 さらには舌の先が明らかに赤いようであれば、清上防風湯+茵蔯蒿湯でテストしてみるとかの比較検討があってもよさそうなものです。

 あるいは体質によっては、単純に黄連解毒湯だけでもフィットするケースもあり得るわけですので一概に断定はできません。
 患部の観察だけでなく、詳細な舌の状態の早くが重要ですので。

 皮脂の過剰分泌の体質改善には、相当な期間が必要なケースがあっても、漢方薬がしっかりフィットすれば、酒さ様の皮膚の赤みはもう少し早めに軽減できるはずのものです。

 その病院では患部の観察だけでなく、舌の状態をしっかり観察されているかどうかが重要です。
 また、上記に類似した配合変化によるテストを行ってもらえる可能性が低いようであれば、転院するのもアリかもしれませんね。

 取り急ぎ、お返事まで。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2011年01月05日の茶トラのボクチン(6歳)
2011年01月05日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ

2011年01月05日の茶トラのボクチン(6歳)
2011年01月05日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ

2011年01月05日の茶トラのボクチン(6歳)
2011年01月05日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ

posted by ヒゲジジイ at 07:17| 山口 ☀| 吹き出物やニキビ、脂性や角栓および脂漏性皮膚炎 | 更新情報をチェックする

2016年01月04日

こんなときこそ、知識と経験豊富な漢方薬局と馴染みになっておくと便利

2011年01月04日の茶トラのボクちん(6歳)
2011年01月04日の茶トラのボクちん(6歳) posted by (C)ボクチンの母

【 ブログへ掲載の可否 】:転載応諾(ブログへ転載させて頂く場合があります。)
【 年 代 】:30〜39歳の女性
【 地 域 】:近畿地方
【 お問い合せ内容 】:
 体力のない太った女性です。

 年末に引いた風邪がなおらず、カイゲンで誤魔化しておりますが、夜間の鼻づまり、日中の気管支炎っぽい胸の炎症に悩まされております。

 昨日より快鼻膏にて鼻づまり軽減しておりますが、柴陥湯を買い求める方がよいでしょうか?

 残念ながら近くの漢方店は風邪には葛根湯なのです。
 麻黄は苦手と相談してある上での葛根湯処方に通うことを躊躇しております。

 よろしくおねがいします。

2011年01月04日の茶トラのボクちん(6歳)
2011年01月04日の茶トラのボクちん(6歳) posted by (C)ボクチンの母

お返事メール:

 急性疾患が遷延した状況下で、日頃の体質状況がしっかり把握できている常連さんならともかく、見ず知らずの遠方の漢方薬局にメールで訊ねるのは無理があり過ぎます。

 かかりつけの病院やクリニックに行くか、それでも治らない場合は、そちらは大都会なのですから、探せば知識と経験が豊富な漢方薬局が容易にみつかるはずです。

 直接出向いて、詳細な症状とともに、直接、顔色や体形などとともに、とても重要な舌の状態などの観察も必要です。

 取り急ぎ、お返事まで。

補遺: 「気管支炎っぽい胸の炎症」に対しては、少なくとも葛根湯は絶対に不適である。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2011年01月04日の茶トラのボクちん(6歳)
2011年01月04日の茶トラのボクちん(6歳) posted by (C)ボクチンの母

2011年01月04日の茶トラのボクちん(6歳)
2011年01月04日の茶トラのボクちん(6歳) posted by (C)ボクチンの母

2012年01月04日の茶トラのボクちん(7歳)
2012年01月04日の茶トラのボクちん(7歳) posted by (C)ボクチンの母

2012年01月04日の茶トラのボクちん(7歳)
2012年01月04日の茶トラのボクちん(7歳) posted by (C)ボクチンの母

2016年01月03日

通導散に頼る過食の日々

2009年01月03日の茶トラのボクちん(4歳)
2009年01月03日の茶トラのボクちん(4歳) posted by (C)ヒゲジジイ

 昨年から常連さんの便秘症に評判がよい通導散。

 中には抗癌剤治療中の膵臓癌(肝転移あり)の便秘にも喜ばれている通導散。

 尾篭な話だが正月前後から、運動不足と過食によるものか、排便不如意となったヒゲジジイも日々愛用することとなった。
 1回1包で1日1〜3回で排便具合によって調節している。
 個人的には1日2〜3回排便があるほうが、スッキリする。
 常連さん達の中には1日1包の服用で十分という人や、2〜3回の服用が必要な人など様々。

 一般の便秘症に人には、比較的安価な麻子仁丸エキスを奨めるケースが多いが、よりがん予防を兼ねたい人で腹部に実邪が蔓延している人には通導散が最適なよう。

  中島髄象先生が山本巌先生に「癌に対して通導散を使え」と遺言されたといわれる逸話が有名なこの通導散。

 上記の抗癌剤治療中の人では、通導散のみならず、牛黄製剤や補気建中湯など四種類の製剤以外にも、排便が通導散だけでも弱いときには適宜、麻子仁丸も併用してもらっている。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2009年01月03日の茶トラのボクちん(4歳)
2009年01月03日の茶トラのボクちん(4歳) posted by (C)ヒゲジジイ

2009年01月03日の茶トラのボクちん(4歳)
2009年01月03日の茶トラのボクちん(4歳) posted by (C)ヒゲジジイ

2010年01月03日の茶トラのボクちん(5歳)
2010年01月03日の茶トラのボクちん(5歳) posted by (C)ヒゲジジイ

2011年01月03日の茶トラのボクちん(6歳)
2011年01月03日の茶トラのボクちん(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ
 
ラベル:通導散
posted by ヒゲジジイ at 08:59| 山口 ☁| 常習便秘症 | 更新情報をチェックする