2012年11月25日

漢方知識の浅い医師から投薬を受ける危うさ

IMG_0604
IMG_0604 posted by (C)ヒゲジジイ

ブログへの転載の可否 : ブログへ転載を許可します
年齢 : 20歳〜29歳の男性
簡単なご住所 : 関東地方
具体的な御職業 : 大学院生(博士)
お問い合わせ内容 :

 アトピーと不安症、過敏性腸症候群と診断されています。
 吐き気とふわふわめまいがあります。
 食べ物も食後、なかなか移動せず、戻ってくる感じがあります。
 消化も悪く、一部そのまま出てしまうものもあります。
 たまに下痢してしまう事があります。
 以前は,下痢後下腹部が冷えていたのですが,最近はなくなりました。

 尿意、便意を感じる時に顔に熱感を感じます。
 夏には,汗も吹き出す感じでした。

 吐き気などに対し、半夏瀉心湯(ハンゲシャシントウ)、神経症や背中、肩の凝りに対し、加味逍遥散(カミショウヨウサン)、下痢に対し、小建中湯(ショウケンチュウトウ)、補中益気湯(ホチュウエッキトウ)などを使っています。

 顔の火照りに、柴胡清肝湯(サイコセイカントウ)なども用いています。

 最近は,便がべたついて,お腹に残りやすいようです。
 そのべたつきが気持ち悪く,お腹に違和感があります。

 お腹は,以前に痛みがあったので、胃カメラ,大腸カメラを受けましたが、異常ありませんでした。
 イリボーは、効いていましたが、対処療法のような気が気がして止めてしまいました。
 メンタル面の薬(リーゼ)も同じです。

 今行っている医者が,切診、脈診、舌診などを毎回行わず,適切なエキスが出ているか心配なので,ご相談差し上げました。

IMG_0629
IMG_0629 posted by (C)ヒゲジジイ

お返事メール:

 現在の配合で症状が緩和されているのであれば、結果オーライと言えますが・・・但し、舌診すら行わない医師による漢方診療とは、些か驚きです。

 ところで、メールでこちらに相談されても当然のことながら限界があるので、少しのアドバイスしかできませんが、配合上の大問題は、現在服用されている漢方薬のいずれにも甘草(かんぞう)という成分が含まれ、すべての方剤で重複していることです。

 合計すればかなりな分量となり、長期間これらを連用すると甘草中に含まれるグリチルリチン酸により血清カルシウム値が低下して偽アルドステロン症を生じる可能性が心配されます。
 これより高ナトリウム血症、低カリウム血症、浮腫や高血圧などが生じる恐れがあるということです。

 このような配合をなされる医師は、ほとんど漢方薬に無知であろうと言わざるを得ません。
 漢方の知識と経験の豊富な医師か薬剤師(漢方薬局)に移られたほうが無難なように思います。

 取り急ぎ、お返事まで。

IMG_0810
IMG_0810 posted by (C)ヒゲジジイ

posted by ヒゲジジイ at 06:38| 山口 ☀| 病院の保険漢方による誤投与あるいは危険な配合 | 更新情報をチェックする

2012年11月23日

前回の続き:見ず知らずの非常識な同業者から折り返し頂いたメール

OPQ_0587
OPQ_0587 posted by (C)ヒゲジジイ

【 ブログへ掲載の可否 】:転載応諾(ブログへ転載させて頂く場合があります。)
【 年 代 】:50〜59歳の男性
【 地 域 】:関東
【 具体的なご職業 】:薬局経営
【 お問い合せ内容 】:

 何かとても悪いことをしてしまったようで申しわくございません。
 私生活で大変な思いも知らず失礼なメールお許しください。

 私も両親の介護10年くらいしていて常識がなくなってしまっていたかもしれません。1日も早く問題解決されること、をできの悪い同業者からお祈り申し上げます。

 今回はいろいろ勉強させて頂きありがとうございました。
 先生が小太郎漢方に依頼してできた補気健中湯が父には合っているようです。
 この場をお借りして心より御礼申し上げます。

OPQ_0706
OPQ_0706 posted by (C)ヒゲジジイ

posted by ヒゲジジイ at 17:03| 山口 ☁| とんでもない話や、信じられない困った話 | 更新情報をチェックする

2012年11月20日

この大変な時期に無礼な同業者から逆切れメールを受け取ったこと

日本一小さな小鳥=キクイタダキ
日本一小さな小鳥=キクイタダキ posted by (C)ヒゲジジイ

 関東の五十代の同業者から、90歳近いご家族の漢方相談を受けたが、相手もプロであるし、メールレベルで安易なお返事もできないので、

「残念ながら、九十歳近いご高齢者の病状が複雑化した時点での漢方相談を受けた経験がほとんどありません(というか長年当方で漢方相談を受けていたご高齢者や常連さんのご家族以外はすべてお断りしているのが実情)ゆえ経験に乏しく、アドバイスさせて頂く資格はまったくありません。
お役に立てずに申し訳ありません。 」

 とお返事していたところ、実に無礼千万な長々と執拗な逆切れメールを受け取った。
 あまりに長文なので、一部をピックアップして最も頭に来た部分を転載すると、
4.仮に高齢で経過の複雑な方の漢方相談の経験に乏しい(断わっている)のであるのになぜ常連の方のご家族の高齢者だけの相談にのられるのですか?大変失礼ですがポリシーがない。公平性がない気もします。ごめんなさい。

5なぜ高齢者の方の複雑な経過(私は何故複雑化の意味が分からないのですが)の漢方相談を断られるのですか。

6先生はたぶん生まれて初めての漢方相談は経験なしでされているはずですね、相談者が違えば何百回も、何千回も・・・・若い人ならいいとか、高齢者だとダメとか高齢者はダメ治らないということですか?病院の先生は年だからあきらめてくださいと言いますが同じ感じもします。何をするにも経験ないことをやってゆく事がないとすべてのことは前進しないはずです。経験することが人間のすべてだと思っています。新しいことにチャレンジすることそれには今までの経験から学んだことからやってそれが誠意であれば、貪欲に前に進む事で失敗してもだれも意義や文句は言わないと思います。

7高齢者で先生のおっしゃる複雑?な経過の方は漢方は適応外であると理解していいのでしょうか?漢方薬はすべての人に平等に使える治療法であると信じていますが如何でしょうか?

 実にみっともない逆切れであるが、当方の返事は、
こちらも一般の生活者です。
父上様が大変なことはご同情申し上げますが、こちらもやや似たような状況で、日々の仕事をこなしながらさまざまな困難に耐えながら仕事を続けている最中です。
何の縁もゆかりもない同業者?に、申し訳ないことながらメールでお付きできる暇と心の余裕もない状況です。
大変な状況は貴方だけではないこと、見ず知らずの同業者?から、このような居直ったような無礼千万なメールを受ける方の身にもなって欲しいものです。
こちらとて、人には言えない問題で、ヤケクソになりそうな気分を必死で我慢している状況が仕事外で続いているのです。
どのような分際でこのような無礼なメールを送りつける資格がおありなのでしょうか!?


参考にすべきブログ:2008年03月10日 お断りせざるを得ないご高齢者や子供さんのご家族からのお問い合わせ

BSC_4845
BSC_4845 posted by (C)ヒゲジジイ

タグ:無礼者

2012年11月14日

ほとんどあらゆる漢方薬で摩訶不思議な不快な反応が出る人達

DSC_0006a
DSC_0006a posted by (C)ボクチンの母

ブログへの転載の可否 : ブログへ転載を許可します
年齢 : 30歳〜39歳の男性
簡単なご住所 : 関東地方
具体的な御職業 : 研究職
お問い合わせ内容 : では、質問の方よろしくお願いします。

 現在、某漢方薬局にかかっています。そこが漢方薬局では2件目なのですがなぜかというと、漢方を飲んだ際の私の体のとある症状が和らげられないので無理にでも飲んでくれもしくは「うちではこれ以上は対応しかねる」と言われたためです。

 20歳で花粉症と後鼻漏になり、16年間ずっと後鼻漏で苦しんでいます。耳鼻科をたらいまわしにされ、精神科を紹介されまた今度は漢方医にさじをなげられたと、とても辛い思いです。
 とある症状といいますのは、漢方薬を飲むと左肩と左側背中、特に左側肩甲骨あたりなのですが鈍痛、ツッパリ感が出るのです。
 また、漢方薬を飲むとたくさんの透明な痰が左肩、左側背中から浮き上がってきて痰が切れず、飲み込めずで吐いてしまいます。もしくは、浮き上がって、出よう出ようとする痰をどんどん吐き出していくと背中に鈍痛、ツッパリ感が出て、また吐いてしまいます。

 ここは私の想像ですが私は鼻の歪みから後鼻漏が左側に偏って降りてきます。そしてそのまま気管支に降りていき、そこで溜まります。一度MRIをとったのですが、左肺のあたりに白い影が出ていました。先生も何か溜まっているかもしれないけど、今すぐ処置するものではないとおっしゃっていました。
 また、たくさん透明の痰が出るといいましたが必ず気管支の左側あたりから痰がでてきます。すべて左側にしか起きないのは、こういう原因ではないかなと自分では思っています。

 長くなりましたが、お聞きしたいのは左側背中のツッパリ感、鈍痛とたくさん出る透明な痰です。たくさん出る透明な痰は、後鼻漏で気管支まで落ちた痰が出てくるのだろうと思います。
 ただ、なぜ漢方薬を飲むと、痰がたくさん出てくるのか分かりません。

 ちなみに飲む漢方薬は、ササヘルスのような弱いものでも痰はでます。左側背中のツッパリ感、鈍痛は、今まで飲んだほとんどの漢方薬でおきました。葛根湯加川芎辛夷のような鼻のお薬から半夏厚朴湯のような鼻とはあまり関係ないものを飲んでも起きました。
 すぐには起きないんです。順調に飲み始めて、2週間くらいして急に鈍痛がきて、吐いてしまいます。だいたい感覚的にわかるのですが痰が出るので、痰を吐き続けると、だんだん左背中に違和感が出てきて漢方の痰を出す作用?にしたがい、痰を出し続けると左背中の鈍痛になり、吐いてしまいます。
 吐いてしまうのは、粘液が、鼻⇒喉⇒背中、とつながっているため中で痰がうごいて、周りを刺激し吐いてしまうのだと思います。

 左側背中の鈍痛、ツッパリ感とたくさんでる透明の痰についてご意見いただければ嬉しいです。またご無理なら結構ですがこういう漢方を試してみては?というアドバイスがあればよろしくお願いします。

FSC_0495
FSC_0495 posted by (C)ボクチンの母

お返事メール: 超稀なことですが、あらゆるほとんどの漢方薬が合わない人がおられるようです。
 これまで遭遇した例では(以前もブログで書いたことがあるような気がするのですが)、四国から来られた医療関係者で、病院の合成医薬品はほとんどの薬が問題なく飲めるものの治療効果がない。そこで高名な漢方専門の医師を歴訪して処方してもらうと、医院で投与される漢方薬の悉くが不快反応を生じて続けることができないということでした。 (もともとの主訴は何だったか失念しましたが・・・苦笑)

 そこで、せっかく遠路はるばる来られたので、様々に想定される方剤を何種類かお渡ししたところ、茵蔯蒿湯だけは問題なく服用できてやや効果を感じたものの、それ以外の漢方処方はやはり不快反応が生じて続けられないということでした。
 このような例は40年近い漢方相談事例では超稀なことで、ちょうど貴方もそのような稀なケースであろうと想像されます。

 最近ではブログで転載の条件でご相談に乗ったケースでは、葛根湯は平気なのに、医師の漢方も、漢方薬局の漢方の多くが不快反応を生じる。
 問い合わせメールの文面では明らかな熱証が顕著に見えるので、牛黄を試すようにアドバイスしていたところ、前代未聞の反応で、解熱作用のある牛黄で却って発熱される人がおられました(このことは直近のブログに掲載しています)。

 貴方も含めてここ数年以内に、先ほどの四国の医療関係者を含めて、同様な人が3名もおられること自体が前代未聞です。
とりわけ、貴方と上記の医療関係者の反応は極端を極めるようで、滅多なことでは副作用の生じにくい漢方薬類で、それこそ想定外の反応が出る人達に対しては、通常の弁証論治は不可能ですので、アドバイスのしようありません。
 あしからずご了承下さいませ。

FSC_0498
FSC_0498 posted by (C)ボクチンの母

posted by ヒゲジジイ at 23:02| 山口 ☁| 漢方と漢方薬関連の御質問 | 更新情報をチェックする

2012年11月07日

一度しか来られない場合はお断りせざるを得ません

OPQ_0029
OPQ_0029 posted by (C)ヒゲジジイ

お問い合わせ:

 以前、メールにて2度、相談させて頂きました◎◎県の●●●●と申します。
(4/6熱中症の後遺症)(6/16温め療法で副作用の連続)

 6月に先生に御相談して以降、元の漢方専門医や県外の漢方薬局から取り寄せた漢方薬を服用したりしましたが、一向に改善しません。それどころか煎じ薬で胃炎をおこし胃カメラを飲むはめにもなりました。

 先生の所に伺いたいと思いながら体調の悪さから一人で汽車に乗る事は出来ないので半分諦めつつ、でも諦め切れず何か方法はないかと必死で考えてました。

 主人に付き添ってもらい伺う事もできますが、現在単身赴任中でなかなか帰ってこれない為、1,2ヶ月に1回通えるかどうかで、やっぱり駄目か・・と諦めかけてた所、先生のブログ(2011.2.6)で「漢方薬の補充は2回目以降は代理人でも可能ですが」と書いてあるのを見て「何とかなるかも!」と思いました。
 暗闇に光が差し込んだようでした。

 山口県に住む人を必死で探し、勤務先の○○営業所の人や△△に住む知人、下関の主婦の人に代理で薬を受け取りに行ってもらえる段どりを整えました。
 先生、上記の条件で受け入れて頂く事は出来ませんでしょうか?
 もし、可能でしたら早速主人に話をし、休暇を取ってもらうよう頼もうと思います。
 お忙しい所申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。

OPQ_0030>
OPQ_0030 posted by (C)ヒゲジジイ

お返事メール:

 代理で済むようになるには、一定程度通い詰めて、ある程度安定した効果が得られるようになってからのことです!!!
 ●●さんの場合は、複雑な病態の上に、一度来られたくらいでしっかりフィットした配合が見つかるとは決して思えません。
 第一、もっとも無難だと思われた牛黄で発熱されるとは前代未聞の反応ゆえに、通常の弁証論治が通用するとも思えません。
 こちらでは、昨今進行癌の人達が遠路はるばる医師に紹介されるなどして熱心に通い詰める人達が多く、そちらの方で頭が一杯です。

 申し訳ないことながら、通うのが困難な人まで受け入れるわけには行きません。通い詰める熱意のない人は受け入れることはできません。
 命に関わる疾患や難治性疾患の人達でも、関東地方や四国など不便な地区からも熱心な人は通い詰めておられます。

 ●●さんの場合は、様々な条件的にどう考えても当方の漢方の流儀には不向きですので、申し訳ないことながらきっぱりとお断りさせて下さいませ。
 再度繰り返しますが、切り札的な最も頼りになる牛黄で発熱する特異体質の人には通常の弁証論治は通用しそうもないので、残念ながらお断り申し上げる次第です。
 悪しからずご了承下さいませ。

OPQ_0031
OPQ_0031 posted by (C)ヒゲジジイ

折り返し頂いたメール:

 私の浅はかな考えで先生に不快な思いをさせてしまい大変申し訳ありませんでした。
 先生の所に伺えると思い少し有頂天になってました。

 進行がんの方々が遠路通いつめておられる事を思えば私の考えが実に甘いか思い知らされました。本当に恥ずかしいです。
 先生が腹立たしく思われるのも当然です。

 しかし、牛黄がダメでも他の漢方薬で治せるという希望だけは捨てずにいようと思います。
 本当にお忙しい所すみませんでした。

OPQ_0032
OPQ_0032 posted by (C)ヒゲジジイ

posted by ヒゲジジイ at 21:29| 山口 ☀| 村田漢方堂薬局の徹底したポリシー | 更新情報をチェックする

2012年11月06日

医師や同業者の見学や開業の相談はお断りする理由

GSC_6173
GSC_6173 posted by (C)ヒゲジジイ

ブログへの転載の可否 : ブログへ転載を許可します
年齢 : 30歳〜39歳の男性
ご職業 : 医療・福祉関係
簡単なご住所 : 九州
具体的な御職業 : 薬剤師
お問い合わせ内容 :

 私は村田先生に強い憧れを抱いています。そして、先生のような本物の専門家を目指しています。

 近い将来独立を考えているのですが、先生の薬局を一度見学させていただくことはできないでしょうか?
 
 それから、私の中西医結合理論も一度先生にみていただきたいのです。

 突然のお願いで恐縮ですが、何卒よろしくお願い申し上げます。

GSC_6174
GSC_6174 posted by (C)ヒゲジジイ

お返事メール:

 せっかくのお申し出ながら、きっぱりとお断り申し上げます(苦笑。
 その理由を述べますが、その前に「先生のような本物の専門家」というのは買い被りも甚だしく、単なる「独善的な専門家」に過ぎません。
 本題のお断りの理由ですが・・・
 
 過去、関東から数度に亘って直接来局された男性医師がいました。
 ヒゲジジイ流の中医漢方薬学にあこがれているという巧言令色巧みに接近して来た人でした。
 開業に当たって、漢方メーカーを紹介して欲しいというので、要求通り紹介していたら、驚くことにヒゲジジイの名前がまるで水戸黄門の印籠かのように利用され、取引額は僅少極まりない癖に、各メーカーに理不尽な要求を突きつけて、要求が通らなければガキのように地団太を踏んでゴネまくる。

 各メーカーさんはヒゲジジイの手前、我慢に我慢を重ねていたようで、その医師から折々に来る苦情のメールで発覚しました。間違っているのは要求を呑まないメーカーさんではなく、世間の常識をわきまえない医師であるアナタの方であると、きっぱりと教えてあげると、人の顔に泥をさんざん塗りたくった挙句に帰ってきたメールが、

 いつも奥さんにおむつを代えてもらっていればよいんじゃないんですか?

 という、狂ったとしか思えない最後っ屁の言葉がメールで返ってきました。
 良識あると思われる医師でさえこの通りですから、
巷の薬剤師や登録販売者でも大同小異と踏んでいます。アナタがそうだといっているわけではありませんが、人は状況次第ではいつなんどき豹変しないとも限りません

 先日も登録販売者が、もっとも多忙を極める土曜日の閉店前に、漢方専門で開業したいと相談に見えましたが、一週間の疲れがドッと出る土曜日の延長戦のあとのこととて、図々しいやら腹立たしいやら・・・以前、当方である疾患の漢方治療を利用されたことのある男性だけに「今日は客として来ました」という言葉に付き合っていたら、開業すべきかどうかの相談に終始して、漢方薬を購入するわけでも無いのに延々と何時間も付き合わさせられた挙句、昼もだいぶ下がって閉店後は疲労困憊の末、食事もせずに寝込んでしまったほど。

 とまあ、こういう経験ばかりしていると、薬剤師であれ登録販売者であれ、あるいは巧言令色巧みな医師であれ、同業者関係ではよっぽど若くて超美人な女性で無い限りは御免蒙る次第。

 以上、ブログのネタに使うことになりますが、以上の理由からきっぱりお断りさせて頂く次第です。
 あしからずご了承下さいませ。

GSC_5566
GSC_5566 posted by (C)ヒゲジジイ

折り返し頂いたメール:

 すいませんでした。
 人に頼ろうとした自分が愚かでした。
 自分で試行錯誤しながら頑張っていこうと思います。
 本当にすいませんでした。

GSC_6020
GSC_6020 posted by (C)ヒゲジジイ


posted by ヒゲジジイ at 00:16| 山口 ☁| 繊細でデリケートなヒゲジジイ | 更新情報をチェックする

2012年11月05日

10月29日「酒さ様皮膚炎と生理不順の漢方薬」の折り返し頂いたメール

GSC_6175
GSC_6175 posted by (C)ヒゲジジイ

2012年10月29日 酒さ様皮膚炎と生理不順の漢方薬の続き

折り返し頂いたメール:早々のお返事ありがとうございました。お礼のメールが遅くなり申し訳ありません。

 二至丹を出して貰った薬局に、「二至丹が私の体質に合わなかったのでは?」と聞いてみたのですが、熱を取る薬なので火照ったり、湿疹が出るようなことは絶対ないと言われ、顔の皮膚炎はアトピーが悪化したか、酒さ様皮膚炎がぶり返しているだけと言われました。

 私は酒さ様皮膚炎歴8年になります。
 最初の2〜3年は確かに酷かったのですが、それ以降〜現在は、冬に温度やストーブで頬が火照るのと、少しニキビ様の湿疹が出るくらいまでに回復しています。

 ここまで改善したものが、酷かった時のような状態に戻るということは考えられないし、関係のない頬の下辺りに出たものはアトピーが出ているとだけと言われ、都合の良すぎる話なのでは?と思い、もうこの薬局に通うことは出来なくなりました。
(熱を取る力が強い漢方薬をすぐに郵送すると言われたのですが、何か違うような・・・)

>十味敗毒湯の副作用を治してくれた配合の中の黄連解毒湯を残すべきだったのかもしれません。
 黄連解毒丸(最初のメールで湯と書きましたが、間違えておりました。)は、
 もっと飲みたいと思うくらい調子が良かったと思います。

>症状が安定するまでは少なくとも7〜10日毎に通いつめて、
>必要に応じて配合の微調整を頻繁に行わなければ、直ぐにはフィットした配合が得られないことはしばしばです。
 悪化してしまった皮膚炎が気になりますが、上記のお返事を参考に、焦らず薬局探しをしたいと思います。
(私も桂枝茯苓丸だけで改善どころか、治ってしまったら本当に嬉しいです。)

 この度もどうもありがとうございました。

GSC_6176
GSC_6176 posted by (C)ヒゲジジイ

posted by ヒゲジジイ at 00:00| 山口 ☔| 酒さ(酒皶)・赤ら顔・酒さ様皮膚炎・ステロイド酒さ | 更新情報をチェックする

2012年11月01日

虫垂癌が各所に転移して絶望的な状況下で漢方薬を利用されて2年以上無症状となり

ZZZ_7143
ZZZ_7143 posted by (C)ヒゲジジイ

 絶望的な転移状況の人が漢方薬を利用されて2年以上、急速に体力を回復して病感も消失し仕事もほとんど休まず来られたが、突然、癌細胞による脳梗塞を生じてお亡くなりになった。
 一時は腹水も取れ、肺の転移も消失したほどだが、漢方薬を利用されて1年半後には再度転移が現れても、なおも無症状のまま過ごされた。

 当初は医師に数ヶ月以内と覚悟されるように言われており、状態も悪液質に近く、絶望視されるほど転移が拡がっていた。
 ご家族は思いがけず漢方薬のお陰でみるみる回復していくので、このまま根治するのではないかという淡い期待をいだくほどに回復した時期もあった。

 折々に旅行され、その旅先で村田漢方堂薬局をあまりに宣伝されるので、お断りするのに難儀したほどであった。
 結局は2年過ぎて突然亡くなられてしまったが、その後もご家族は過分なほどに感謝され、折々に難病で困っている人達をご紹介しようと努力される。
 
 ところが、ご紹介者の社会的地位から考えても、ご紹介される側は断り切れずに義理で止むを得ず来られる羽目に陥り勝ちとなり、現実的には経費的な問題も絡んで大いにありがた迷惑であったというも無きにしも非ず。
 それゆえご紹介はご無用であり、こちらもご紹介者の手前、板ばさみに合うのみならず、ご紹介者のアナタ同様に板ばさみに合わないとも限らないのでっ、過分に感謝頂いているのはよく承知していますので、他の人までご紹介されるに及ばないことをお伝えしたのだった。

 思い返せばこの方達も、医療関係者に紹介されて当方に問い合わせて来られたのだが、あまりの内容に気を使いながらもお断りすること3度。
 3度目の正直で、病人さんを連れて直談判に来られたゆえ、ダメもとのおつもりでというお約束が出来たこととて、賭けのおつもりで漢方薬を利用してもらったのだった。

 かくしてお亡くなりになった後も、ご家族は2年間も無症状で充実した生活を送ることが出来たことに感謝され、折々に身近な難病の人達のご紹介を試みられるのだったが、ヒゲジジイのトウヘンボクな性格上、よほどの条件が揃わない限りは、社会的地位がおありのかたによるご紹介というのは実ににありがた迷惑としか感じないのであった。 

ZZZ_7157
ZZZ_7157 posted by (C)ヒゲジジイ

posted by ヒゲジジイ at 01:25| 山口 ☁| 悪性腫瘍・癌・ステージ4の進行癌や転移癌 | 更新情報をチェックする