2011年03月31日

闇夜のあとには必ず明るい朝が来る

BSC_0312
BSC_0312 posted by (C)ヒゲジジイ

 闇の夜に鳴かぬ烏の声聞けば生まれぬ先の父ぞ恋しき

 前回のブログ「日はまた昇る」のような内容は、専門誌に書いていた時代からきまって反感を持つ中医学派が多い。

 ところが、実証と虚証、虚実中間証という分類をよしとする同業者には同調されることが多い内容である。

 これらの齟齬が不思議でならない。

 その昔、月刊「和漢薬」誌の新年号の巻頭随筆に、類似した内容をしばしば書いていたが、それを掲載してくれていた当時の編集長には、いまさらながら敬意を表するものである。

 論理的な思考を得意とするはず?の中医学派に反感を持たれ、虚実挟雑というならともかく、虚実中間証という意味不明な証を主張して恬として恥じない人達からは同調される。

 前回のブログは、まっとうな人としての「情」を基礎に、史実にもとづく一面の真理を突いたものと自負しているのだが、世の中、これだから付き合いきれない。

 どうぞご勝手にっ

ASC_6373
ASC_6373 posted by (C)ヒゲジジイ

ASC_6375
ASC_6375 posted by (C)ヒゲジジイ

ASC_6338
ASC_6338 posted by (C)ヒゲジジイ


posted by ヒゲジジイ at 22:50| 山口 | 中医漢方薬学 | 更新情報をチェックする

2011年03月29日

日はまた昇る

KSC_2161
KSC_2161 posted by (C)ヒゲジジイ

 我が日本国は、たった一度の敗戦以来、まったくの腑抜け国家に成り下がっていたが、このたび敗戦後最大の国難に遭遇するに至り、逆にこれをバネにして大和魂に再び目覚めることを信じたい。
 (帝国主義時代にアジア諸国のほとんどを植民地化した白人社会のエゴに、わが日本国が孤軍奮闘立ち向かったお陰で、多くの国々が独立を獲得した側面があることを忘れてはならない。)

 超弩級の大地震に想像を絶する大津波。
 のみならず、よりによって原爆を2発も落とされ世界で唯一の被爆国である我が国が、こんどは原発事故を誘発されて四面楚歌に追い込まれている。
 
 よくよく放射能に呪われているとしか言いようがない。

 おまけに心配の種は民主党政権のテイタラク。
 乃木希典を馬鹿にした昭和陸軍のごとき菅直人の勇ましいばかりで実質を伴わない無様な迷走。

 のみならず平成の無能な地震学者や原子物理学者と腑抜けの政治家たち、この人達はほんとうにいただけない。
 獅子身中の虫とは彼等のことを指すに違いない。

 多くの犠牲者が出てしまった今回の大震災、心からお悔やみを申し上げる気持ちは日本国中同じ気持ちであろうが、同様に先の戦争でお国のために戦って亡くなられた多くの兵隊さんたちも同様に悼んで欲しい。

 また、先の戦争で生き残られた兵隊さんたちが敗戦後、国に帰り、今日までの豊かな日本を築き上げた彼らに感謝の気持ちを少しでも感じて欲しい。

 我々団塊の世代は、親の世代に「どうして戦争に行ったの?」と批判的な質問を投げかけて来た。
 誰がすき好んで戦争などに行くものかっ。

 こんな理屈の分からない世代が、この国のモラルを地に貶め、菅直人ら民主党政権など無責任国家を作り上げてしまったのだ。

BSC_0388
BSC_0388 posted by (C)ヒゲジジイ

posted by ヒゲジジイ at 20:27| 山口 ☁| 繊細でデリケートなヒゲジジイ | 更新情報をチェックする

2011年03月28日

自然の中で無心になる

アリスイ (キツツキ目キツツキ科)
アリスイ (キツツキ目キツツキ科) posted by (C)ヒゲジジイ

 なにもかもを忘れたくて無農薬に徹した我が家の小さな畑で遊ぶ。

 さっそくお馴染みのジョウビタキさんがご挨拶にやって来た。

 続いて珍しくアリスイさんがなにやら考え深かげに枝で坐禅を組んでいる。

 ジョウビタキさんを忘れ、夢中でアリスイさんを撮っていると、いつまでもしつこくジョウビタキさんが追ってくる。

 アリスイさんを撮り過ぎたため、地団太踏んでる2m先のジョウビタキさんを撮ったら2枚分しか残ってなかった。

待ちくたびれてそっぽを向くジョウビタキさん
待ちくたびれてそっぽを向くジョウビタキさん posted by (C)ヒゲジジイ

機嫌がよいときのジョウビタキさん
機嫌がよいときのジョウビタキさん posted by (C)ヒゲジジイ

アリスイ (キツツキ目キツツキ科)
アリスイ (キツツキ目キツツキ科) posted by (C)ヒゲジジイ

posted by ヒゲジジイ at 00:00| 山口 ☀| 繊細でデリケートなヒゲジジイ | 更新情報をチェックする

2011年03月26日

頼りになる自衛隊に比べ、どうにも頼りにならない政府と学者たち

ASC_5736
ASC_5736 posted by (C)ヒゲジジイ

 現地で実践部隊として活動される自衛隊は救いの神だが、頼りにならない政府と学者たち。

 広域でここまで被害が出てしまった状況下では、民主党議員が各避難所に駐屯して、逐一必要な物資の調達や諸問題の解決に奔走すべきである。政府の議員達は今何をしているのかっ?

 まったくあてにならない学者は、漢方世界にも通じる問題だが、理論倒れに終わった今回の震災による膨大な被害。おまけに原発事故。

 学者が口を揃えて言う「想定外の事態」とは何だっ!
 そんな想像力も持ち合わせてない頭でっかちで融通の利かない学者はもはや不要である。

 漢方世界も同様で、基礎理論というのはある部分パーターン化した典型であり、最も重要ではあるが臨床の現実は様々な条件が錯綜しているので、臨機応変の想像力と論理的な飛躍も必要になることは希ではない。

 ところが日本で昨今、医学部でも取り入れられた漢方医学は、中医学理論とはかなり隔たりのあるローカル漢方の域を出ず、あれではたして東洋医学の一つと言えるのか? 甚だ疑問である。

 地震学者といい、原発関連の学者といい、日本の漢方医学の教科書を付け焼刃で速成された学者?さんたちといい、学者さんたちの限界を如実に証明してしまったこの日本の現状をイカニセむ。

 ともあれ、いまだに自衛隊の存在を否定する日本人が多いらしいが、おめでたい連中としかいいようがない。
 早く憲法改正の後、名実ともに日本国を守る「国軍」になって欲しいものである。

ASC_5894
ASC_5894 posted by (C)ヒゲジジイ


posted by ヒゲジジイ at 08:58| 山口 ☁| 繊細でデリケートなヒゲジジイ | 更新情報をチェックする

2011年03月24日

検査被爆による発癌

IMGP0320
IMGP0320 posted by (C)ヒゲジジイ

 地震や津波によって誘発された原発事故が収拾されるのはいつになることだろう。処理に当っている現場の人達は、命がけで日夜奮闘されている。

 昨今、菅首相の姿が見えないが、きっと率先して第一線の現場で活躍している?
はずは無いな〜絶対にっ。菅さんは雲隠れでもしたのかね〜。

 敗戦後、被統治者は最高だが、統治者は最低の国柄となってしまった。

 原発事故による被爆は日本国中の心配の種だが、翻って医療被曝、主として検査被爆による発癌は3.2パーセントに及ぶといわれる。

 ともあれ、我が薬局でもアトピーの漢方相談が皆無の日はあっても、進行癌や転移癌の漢方相談が皆無という日はほとんどあり得ない。
 ほとんどの日で長期継続者を含めて複数はある。

 漢方薬類は明らかに一定のサポート能力があるので、実際に服用されておれられる人達による紹介が絶えないので、年々増加傾向にある。

 原発問題も心配だが、日々仕事上の難問も重なるので三日連続、閃輝暗点が続いたのかもしれないが、さいわいにもここ二日はナシっ。

IMGP0329
IMGP0329 posted by (C)ヒゲジジイ

ESC_0447a
ESC_0447a posted by (C)ヒゲジジイ


posted by ヒゲジジイ at 21:14| 山口 | 悪性腫瘍・癌・ステージ4の進行癌や転移癌 | 更新情報をチェックする

2011年03月21日

閃輝暗点

サシバ?
サシバ? posted by (C)ヒゲジジイ

 一昨日の土曜日と昨日の日曜日、それに続いて休日の今日、どうしたことか3日連続、閃輝暗点に襲われた。
 十数年前から数ヶ月に一度、忘れた頃に閃輝暗点がやって来ていたが、3日間で3度も襲われたのは初めて。

 2日連続したことすらなかったのにっ!

 稲妻のようなワニの歯のような、あるいは歯車のような稲光が両目の視野を阻害する。数十分もしないうちに完全に消失するが、一時的に視界を遮られて不快である。

 ヒゲジジイの閃輝暗点は、芥川龍之介の「歯車」(昭和2年の遺稿)のような頭痛は、まったく伴わない。

 北陸・関東地方の大地震に大津波、おまけに原発事故のショックで、日本国中の多くの人が精神的に大きなダメージを受けている。

 連休中であることが却って不安を増幅したのか、日曜日も休日の月曜日も体調不良を訴える人達のメールの応対に忙しく、おまけに常連さんが久しぶりに胸痛発作に襲われ、指南を仰ぐ電話もかかった。
 
 急性疾患の場合、地元の常連さん達は日頃から急性用の漢方常備薬を各種備えているから日毎の対策を直ぐにアドバイスできるが、常備薬をほとんど備えていない遠方の人達には、情況に応じた細かなアドバイスも無用の長物となるので、休みが明けたら地元の病院に行くようにアドバイスする以外にしかたがない場合も多い。

 ともあれ、気の休まる暇もない昨今とはいえ、閃輝暗点に3日連続襲われたのは実に青天の霹靂。そろそろヒゲジジイも焼きが回ったらしい。

 明日から真面目に漢方薬を続けることにしよう(苦笑。

KSC_1283
KSC_1283 posted by (C)ヒゲジジイ



 
posted by ヒゲジジイ at 23:40| 山口 ☔| 繊細でデリケートなヒゲジジイ | 更新情報をチェックする

2011年03月20日

大地震後の東京は・・・関東の内科医師のおたより


地震にめげず建っている新東京タワー(撮影者:関東の内科医師


おたより:関東の内科医師

 あの大きな地震の後…東京の活気は消えてしまっています。開業して一ヶ月余り、次第に増えていた自分の医院の患者さんの数にも影響が出ています。自分は借金を払えるんだろうかぁ?(汗

 そして今日、秋葉原の大きな電気屋さんに行った時に感じたのは、「ここで、あの大きな揺れが来て、全館停電になったらどうしよう?」と言う不安感でした。それは、そのお店のお客さんの数が平常の1/3以下であったことからも分かります。加えて、そんなことから感じたのは…「地震の後に来院して下さった患者さんの気持ち」でした。

 地震発生当日、全ての電車が止まってしまい、多くの方が帰宅困難者となって自宅まで歩いて帰宅しました。その光景は異様でした。自分の医院のスタッフを送って行こうと車で移動している時のこと。街は朝方の通勤光景そのものでした。出勤する人達のラッシュみたいな感じなのです。でも…それは陽の当たっている朝ではなく、暗闇に包まれた夜の光景でした。

 当然、渋滞で車が全く進みません。そんなことから自分の車で帰宅させようとしているスタッフに「医院で、もう少し待つか? それとも自分の足で帰宅するか?」の選択をせざるを得ませんでした。結局、スタッフ達は「歩いて帰る」ことを決めたため歩いて帰宅しました。スタッフの自宅まで3時間余りの道のりだったそうです。ごく一般的には6時間以上歩いた方も多かった様です。

 さて、明るいニュースをば!

 地震により帰宅困難者になり、歩いて自宅まで戻った1人の花粉症の患者さんのお話です。この患者さんは自分が処方した漢方薬を飲んでいました。そして、再診した彼女が言うには「あの地震の後、花粉症の症状が消えてしまいました。先生はどんな人?」などと話すのです。

 身体を診ると肺熱の症状が消えていました。とすれば…歩いたことで熱のベクトルが変わったことを意味している様に思いました。「腹部から胸部への熱のベクトル」が「腹部から皮膚への熱のベクトル」へと移ったことが推測されました。

 村田先生のブログをご覧になっていらっしゃる皆さんにお願いがあります。

 今の日本は沢山の方々の涙の中にあります。
 そんな日本でも、世界の未来は日本に託されていると感じます。

 今の困難な日本の現状…それを救えるのは「多くの方々の勇気」であるのは言うまでもありません。同時に、今こそが、日本を大きく変化させることが出来る時でもあると感じます。

 新しい日本を作る切欠を作らなくては、亡くなった方に申し訳ないと思います。
 皆様方と一緒に、世界に誇れる日本を作って行かなくては!と感じてなりません。

                 関東の内科医師 (^_-)v

ヒゲジジイのお返事がわりの写真:

IMGP9386
IMGP9386 posted by (C)ヒゲジジイ

IMGP5074
IMGP5074 posted by (C)ヒゲジジイ

posted by ヒゲジジイ at 23:53| 山口 ☔| 繊細でデリケートなヒゲジジイ | 更新情報をチェックする

2011年03月18日

高血圧と塩

ESC_0039
ESC_0039 posted by (C)ボクチンの母

おたより:東海地方の美人女性薬剤師

 それにしても大地震で大変な災害が出てしまいました。
 こちらのお客様も7名ほど安否がわからず、心配しています。
 東京方面、北海道方面の運送もかなりの乱れがあるようで、昨日から対応に追われています。
 映像を見ていると本当に恐ろしく、お祈りすることしかできません・・・。
____________________

高血圧と塩について

 ひげ先生の目はその後いかがでしょうか?
 私は最近、本当に老眼がひどくなり、老眼鏡をつけたりはずしたりでとても目が疲れます。
 パソコン仕事でドライアイもあるせいか、帰りの運転時には、対向車のライトが散乱して眩しく、危機感を感じるようになりました。
 血圧も高い方なので、緑内障の検査をしてきたところ、大丈夫で一安心しましたが、油断は禁物でした。

 ところで、3年ほど前から始まった更年期症状ですが、思わぬことですっかり落ち着きました。
 高血圧(186,116)ほど、眩暈、ふらつき、のぼせ+脾虚の症状があって、いろいろと難航していました。

1,補腎剤、補血剤をやっても今ひとつ効果が上がらない
2,脾虚対策の処方を服用してもなかなか効果が上がらない
3,理気剤や活血剤を使うと必ずしんどくなってしまう

などがあり、毎日微調整をして自分の処方を決めていましたが、1月30日から始めたある食箋で”こんなもんで、こんなに効果が出るの?”というほど、すべてが好転しました。

 その名は”梅醤番茶”です。
 自然塩でつけた梅干し1個+自然塩、丸大豆の醤油スプーン1+すりおろし生姜スプーン1に熱々の有機三年番茶を注いだものです。

 良いことは知りながら、血圧が高い自分はどうしても抵抗があり、長い間ご縁が無い飲み物でした。

 ところが、何だか今回は”これや!”という直感力が働き、最初1杯飲んだところ、キツイ肩の凝りがジワジワほぐれ、妙に気分が良いではありませんか!
 それから毎朝、まずこれを服用しました。

 すると、とにかくお腹が快調、ゴリゴリ言っていた肩がスムーズに回るようになり、3日目より老眼鏡が要らないときもあるほどに・・・。
 その後半月くらいが経ち、あれほど薄かった月経が若い頃のように回復、血圧は(130,78)まで安定、真っ白だった爪がピンク色に・・・・。

 そして、飲み出してから一度も眩暈発作、ふらつき、のぼせを感じないのです。

 要するに血液の質が薄くて悪かったために、血圧を上げなければ対応できないし、上半身を栄養できなかったのですね。

梅の酸味・・・帯脈の引き締め、クエン酸の効果、胃腸を活発化
醤油のしおから味・・・沈、潤の作用で腎を滋養
生姜の辛味・・・血行促進、発散
番茶の苦味・・・解毒浄化

が上手くバランスをとったようで、今まで飲んでいた処方が効率よく吸収されて効果が上手く引き上げられたようです。

 思えば反省点として、極端に減塩をしていました。
 卒中系列なので、父母が塩にはうるさく育てられ、薄味に加え、漬け物、佃煮は食べない、麺類のスープは飲まない・・・。

 去年のような猛暑で汗をかいたり、ダンスで汗をかいても、塩分は遠ざけていたように思います。
塩が足りずに、補腎薬、補血薬を飲んでもうまく取り込めず、ヘロヘロになっていたわけです。
 精製された化学塩はいけないけれども、自然塩は血圧をうまく調整し、質の良い血液も作ってゆくことを身をもって体験いたしました。

 この春、発作が出なければ本物です・・・またご報告いたしますねっ♪

 これなら、もう一人産めるかも・・・ウフフ (冗談でした)

ボクチンの彼女
ボクチンの彼女 posted by (C)ボクチンの母

お返事メール:おたよりありがとうございます。

 大震災以来、ヒゲジジイは元気を失くしました。
 多くの日本人が同様な雰囲気で、月曜日、火曜日と二日間は、例年になく閑散とした職場となり、それでも元気に関西から定期便のようにやって来られる人がおられました。

 水曜日になって、皆さんも意識を回復されたかのように、漢方薬の供給が断たれたら困るとて、数ヶ月分を買い込む人が続出しました。

 ますますヒゲジジイは元気を失くしています(苦笑。

 ところで「減塩による高血圧」だったという先生の奇特な体質、恐れ入りました。実に興味深い話ですが、そんなこともあるんですね〜っ。

 ヒゲジジイは人並みに塩分過剰による高血圧のようで、食事量が減ると、途端に血圧は正常化しますが、仕事が忙しくなると、どうしても血圧が一時的に上がります。

 あっ、お陰さまでその後は、視力は自然に完全回復しました。目を酷使して朝食抜きが重なったのが原因だったようです。

IMGP5586
IMGP5586 posted by (C)ボクチンの母


posted by ヒゲジジイ at 13:57| 山口 ☁| 中医漢方薬学問答 | 更新情報をチェックする

2011年03月15日

地震と津波

ASC_4909
ASC_4909 posted by (C)ヒゲジジイ

 想像を絶する被害に、ただタダ、絶句するのみ。

 一人でも多くご無事であることをお祈りするばかり。

 もっとも心配してた岩手県のご家族、昨日の午前中にお電話で無事を報せて下さった。腰が抜けるほどの安堵感とともに、言われてみれば尤もだと思うことがあった。

 被災された地区は、まったくの情報鎖国。
 なんとか電話線だけは先ほどから通じるようになったものの、電気も水も完全に絶たれたまま、携帯も通じない。家の電話を使って情報を得る以外に術はないといわれる。

 内陸にお住まいだから、地震の被害で余震のご心配を相当されておられたが、津波での被害が甚大だったことを知ったのは、水の配給場所で小耳に挟んだ程度だったと言われる。

 ともあれ、ご一家みなさん御無事で何より。

 地震のあった11日の金曜日、関東から初めての新人さんが夜行バスで1泊2日の旅程で来られていた。土曜日には夜行バスで帰宅されたが、地震の影響でバスが遅れて大変な思いをしてようやく帰宅されたとメールで報せて下さった。

 土曜日に二週間ごと関西から通って来られていた人は、ご家族に止められて中止されたが、高速道路を使ってやって来られた人もおられた。

 関東の内科医の先生は、クリニックのビルは無事だったが、お住まの方は色んなものが飛び散って大変だったとメールでご報告があった。

 地震列島の日本。
 このような国土に原発を推進して来たこれまでの日本政府の迂闊な施策は、考え直す必要に迫られることだろう。

ASC_4874
ASC_4874 posted by (C)ヒゲジジイ

posted by ヒゲジジイ at 00:13| 山口 ☔| 繊細でデリケートなヒゲジジイ | 更新情報をチェックする

2011年03月14日

アルツハイマーに対する医師の処方例

BSC_8126
BSC_8126 posted by (C)ヒゲジジイ

 大地震が起こる前に関東の先生から頂いていた再度のおたより。
 あの巨大地震のショックで茫然としたままブログを更新する気力を失っていた。

 関東の先生のクリニックは被害はなかった模様で、皆さんご無事とのこと。

 村田漢方堂薬局の漢方を利用されている人の中には東京や横浜や埼玉、のみならずもっとも心配なのは岩手県のご一家。大変な時に無事かと連絡を取るのは憚られ・・・(ヒゲジジイの個人的な経験では家の近所で火事があったときに、ご心配の電話やメールを頂いて、却って煩わしかったことがあるので、こちらから連絡するのは遠慮しています)。

 おたより:関東の内科医師

 毎週、水曜日は訪問診療のアルバイトをやっています。
 昨日の患者さんの漢方治療をお話致します。

 70代のご夫婦のお話です。

 アルツハイマーの奥さんが徐々に歩けなくなってきました。
 自分が訪問するようになって3ヶ月弱。

 旦那さんの献身的な介護に心を打たれ本気で治すことが必要なのかな?と思いました。

 漢方治療は一般治療と比べて傍流であり患者さんに漢方治療をするときに抵抗があります。

 開業をしたことから意を決して…漢方エキス薬治療を始めました。

 そして…2週間後の昨日。
 アルツハイマーでトンチンカンな返事しかしなかった奥さんがしっかりと返事をするのです。

 一番…驚いたのは自分かも知れません。
 次が…旦那さんかな?

 先生。
 処方内容は… 牛車腎気丸と理中附子湯です。

 下腹の力が抜けていて心窩部直上の熱があり地黄が必要な患者さんでした。
 とすれば…六味丸関係と白朮が入っている処方です。

 自分は漢方が正しく発展するようにしたいです。

 おやすみなさい。

BSC_7953
BSC_7953 posted by (C)ヒゲジジイ

お返事メール:

 先生はきっと天才的な漢方感覚をお持ちなのですねっ!

> 下腹の力が抜けていて
> 心窩部直上の熱があり地黄が必要な患者さんでした。
> とすれば…六味丸関係と白朮が入っている処方です。

 この下腹部の力が抜けていれば八味丸系列というのは分かるのですが、「心窩部直上の熱があり地黄」という部分が、なぜっ?

 この熱は実熱か虚熱か?

 結果から見ると虚熱のようですが、陰虚による熱か、甘温除熱的な陰火のことなのか?

 配合から察するに両者が合併した熱なのか? 中医学的には様々に想像されますが、先生はまったく天才に違いありませんっ!

BSC_8506
BSC_8506 posted by (C)ヒゲジジイ

posted by ヒゲジジイ at 07:47| 山口 ☀| 中医漢方薬学問答 | 更新情報をチェックする

2011年03月10日

大柴胡湯と生理痛の関連性

BSC_6700
BSC_6700 posted by (C)ヒゲジジイ

おたより:関東の内科医師

 東海地方の内科医の先生の大柴胡湯と生理痛の関連性に関してお話いたします。

 自分の感覚では「生理痛は肝臓と生殖器の生理学的な距離感が原因では?」と感じています。

 生理痛が柴胡剤で治ることは自分も経験しているのですが、これが「どの様なメカニズムによるものか?」ということを考える方も多いと思います。ちなみに自分も不思議な現象の一つと感じておりました。

 「柴胡剤は肝臓部分の鬱血を取る薬草」と自分なりに考えております。加えて…生殖器の鬱血は左下腹部から右季肋部の肝臓への伝搬して行く様に感じております。ですから、生殖器の鬱血が長期に続くと生殖器の鬱血だけではなく次に肝臓の鬱血も加わると推測しています。

 この様なメカニズムによって、生殖器が鬱血するときには「生殖器と肝臓との生理学的な距離」が短縮されると解釈されます。その時に肝臓の鬱血を取れば、肝臓と生殖器の生理学的な距離が正常近くに戻ることから生理痛が和らぐと推測されます。

 「痛みは気の停滞によって起きうる」と亡き鍼灸師の恩師が話していました。とすれば…肝臓と生殖器の距離が適当でないと気の停滞が生じ痛みを生じるのでは?と勝手に考えています。ですから、生殖器に直接関係しないような柴胡剤を使うことによっても生理痛を減少させることが出来ると結論づけられるのではないかと思います。

 最後に…自分の医院ですか?(笑
 スタッフに「電柱に広告を貼ってきてよぉ〜!」とか話しています!(汗
 笑い声の絶えないスタッフに恵まれて幸せです。何であんなに笑えるんだぁ〜?

 先生からご紹介頂いた患者さんの治療については、患者さんと共にエベレストに登るような感覚です(汗。「自分について来て下さるなら…エベレストであろうとも登るぞ!」とか思うのですが、本当に登れるのだろうか?(苦笑

 では、またメール致します。

 おやすみなさい。

 関東の内科医師(笑

ASC_4117
ASC_4117 posted by (C)ヒゲジジイ

お返事メール:ブログへのご協力ありがとうございます。

 中医学的には肝鬱気滞による生理痛は普遍的なものですから、この場合、ご承知のように通常では逍遙散や加味逍遙散など、柴胡、芍薬とともに活血調経薬の当帰などが配合された方剤を使用することが多いのですが、調経活血薬の配合のない大柴胡湯で生理痛に効果を発揮したところが面白いところだと思います。

 活血調経薬の存在しない大柴胡湯中の柴胡、芍薬、枳実による純粋な調気疏肝法によっても、十分に生理痛に効果を発揮したことは、ヒゲジジイも経験している四逆散による子宮内膜症の治癒例からも推察するに、純粋でしかもかなり単純な肝鬱気滞による生理痛や子宮内膜症のタイプもあり得る証左ともなることでしょう。

 また、中医学的に言われる「不通則痛、通則不痛」という格言は、気、血、津液(水)に共通した概念ですので、あらゆる疼痛を伴う疾患には確かに基本事項だと思います。
さらに気は血や津液の流通にそのまま影響を与えていますので、さっこんのようにストレスの多い社会では気滞を伴う疾患が目立ちます。

 このような中医学的な分析部分を、先生オリジナルのユニークな中西医結合的な方向で解釈され、とても興味深く拝読致しました。

 本にまとめられる時には、中医学的な弁証論治も並行して記載されると、中医学派により理解されることと思います。

 ともあれ、先生もいよいよ開業され、千客万来のご様子。
 ご多忙中のところを、このお時間(01:13)にメールを頂けるとは、とても恐縮しております。
 ありがとうございました。

 蛇足ながら、私淑する陳潮祖先生の御高著「中医病機治法学」の序文中に、
※五臓の生理機能はいずれも気血津液の生化輸泄{生成・輸布・排泄}に関係があり、「通」{流通}という共通した働きを示している。
※五臓六腑は「流通しているべきもの」という命題こそは、病機と治法を分析する上での重要な指針となるものである。   ━http://cyos.exblog.jp/3394788/
とあります。

【編集後記】 大柴胡湯や四逆散に配合される芍薬について。

 日本で使用される芍薬は、中医学で使用されるものと異なっている。ところが、異なっていることで有利に働いているケースがしばしばである。

 今から書くことは、中医学の専門家にしか理解してもらえないだろうが、日本漢方で使用される芍薬や日本で製造される各種漢方エキス製剤で使用される芍薬は、中医学で使用される芍薬とはことなっているということである。
 詳細な説明を省いて、結論から言えば、日本の漢方製剤で使用される芍薬は、中医学の白芍でもなければ赤芍でもない。

 日本で使用される芍薬は、白芍でもなければ赤芍でもないかわりに、効能としては白芍と赤芍の両者の効能を併せ持っている可能性が高い。

 中医師が芍薬を配合するとき、白芍と赤芍が同時に配合されることが多いが、日本で使用される芍薬は両者の効能を併せ持つので、実に便利であると言いたいわけである。

 そのお陰で日本で使用される芍薬の効能には、補血活血、柔肝止痛の効能があるので、生理痛に対する効果がより発揮しやすいものと思われる。

 中医学においては「月経痛に対する方剤には必ず白芍を配合する」(『中薬臨床応用』広東衛生出版社⇒『漢薬の臨床応用』医歯薬出版)とされるが、実際には赤芍も併用するケースが多い。
 
ASC_3665
ASC_3665 posted by (C)ヒゲジジイ

IMGP7602
IMGP7602 posted by (C)ヒゲジジイ

posted by ヒゲジジイ at 20:18| 山口 ☀| 大柴胡湯や茵蔯蒿湯(インチンコウトウ)の真実 | 更新情報をチェックする

2011年03月08日

右目視力の急激な低下の原因は・・・

ASC_2513
ASC_2513 posted by (C)ヒゲジジイ

 パソコン画面とにらめっこの毎日という人は、ヒゲジジイに限らず、世界中の多くの人々が同様の生活を送っているので、いまさら珍しくもないだろうが・・・

 ところがヒゲジジイの場合は、趣味が身近な鳥撮で、ストレス解消とばかり、外の空気を吸うことを兼ねて、僅かな時間でも取れたときは裏庭に出て身近な小鳥たちを撮影している。
 それゆえカメラのファインダーを覗く毎日がパソコン漬けの毎日と常に重なっている。

 凝り性なので、昨夜はどうしても常用しているレンズとボディの相性が気になって、夜中2時過ぎまでテスト連写を行ないながら調整に手間取って右目を酷使し過ぎた。

 今朝、起床後に右目の視力が激変しているので些か慌てた。しばらくサボっていた杞菊地黄丸を慌てて服用し、同時に生薬製剤2号方と田七末や、いつもの牛黄製剤も服用したが、相変わらず朝食を摂るまでの時間がなかった。

 見えないみえないと愚痴をこぼしながら仕事をしていたが、遅い朝食を午後1時半に摂ると、眼にも栄養が行き渡ったか、急速に右目の視力が半分くらいは回復。

 食事は視力の回復に漢方薬にも勝る絶大な効果を発揮したっ!
 朝食を抜くことが、どんなにか身体によくないものか、老体の視力低下に追い討ちをかけていたらしい。

ASC_3194
ASC_3194 posted by (C)ヒゲジジイ


2011年03月07日

我が薬局の女性薬剤師の漢方相談

我が家の上空を駆け抜けるチョウゲンボウ
我が家の上空を駆け抜けるチョウゲンボウ posted by (C)ヒゲジジイ

 三十代の既婚女性の生理過多(過多月経)が槐角丸と杞菊地黄丸の併用で奏功。
 また視野欠損により緑内障が疑われていたが、この配合で視野欠損が治って疑いが晴れたという。

 その三歳の子供さんの喘息には涼解楽(銀翹散製剤)に辛夷清肺湯の併用で、ここ数ヶ月発作がなくなっているという。

 通常は子供さんの漢方相談はしないが、ご両親のどちらかが当方の漢方薬に長年親しんでいる場合は例外で、そのうちの一人。

 いずれも弁証論治にもとずく配合であるから、病名治療は絶対に通用しないので、念のためっ!

IMGP4097
IMGP4097 posted by (C)ヒゲジジイ




2011年03月03日

粗食のすすめ

飛び立つシロハラ
飛び立つシロハラ posted by (C)ヒゲジジイ

 粗食のすすめ、といっても老い先短いヒゲジジイは毛頭やるつもりはないが(苦笑

 アトピー性皮膚炎でほとんど寛解状態がずっと続いている女性の話。(この方は、過食に気をつけておれば、ほとんど症状がぶれることもなくなってかなりな期間が続いている。)

 友人がダイエットに目覚め、豆類や穀類を中心とした粗食に切り替えたところ、スマートになると同時に花粉症が完璧に治ったというお話。

 僅かこれだけのお話だが、各種アレルギー性疾患の治療のヒントになるだろう。

 性懲りない人たちは、ヒゲジジイの哲学の煙と同様、頑として聞き入れたくないだろうが、こちらは治ってもらわないと仕事にならないのだから、直ぐには無理でも、徐々に食事量と内容の改善に心がけてもらいたい。

 「隗より始めよ」と言うなかれ。
 仕事上のアドバイスと、個人的なヒゲジジイの不摂生とは別問題である(苦笑。

IMGP0931
IMGP0931 posted by (C)ヒゲジジイ

posted by ヒゲジジイ at 22:56| 山口 ☀| 中医漢方薬学 | 更新情報をチェックする

2011年03月02日

荊芥連翹湯が適応する人の特徴についてのご質問

庭の電線で休憩して直ぐに去ったマヒワ
庭の電線で休憩して直ぐに去ったマヒワ posted by (C)ヒゲジジイ

【 ブログへ掲載の可否 】:転載応諾
【 年 代 】:30〜39歳の女性
【 お問い合せ内容 】: はじめまして。いつも綺麗な写真にも見入っています。

 ところで、荊芥連翹湯について教えていただけたらと思います。
 一般的には鼻炎などの慢性疾患に処方されるようですが、私はワキガの体質改善(理気・清熱利湿)ということで半年服用していますが全く改善が感じられません。

 舌の色は淡白、舌苔はほとんどみられません。舌の側面に歯型もみられません。
 荊芥連翹湯で効果があると思われる人の特徴的なことなどを教えていただければと思います。
 荊芥連翹湯の前に玉屏風散を3ケ月服用しています。

 お忙しい中、大変恐縮ですがよろしくお願い致します。

DSC_9556
DSC_9556 posted by (C)ヒゲジジイ

お返事メール:荊芥連翹湯が適応する人の特徴的なものは、不思議とほとんどの人達が手足の裏がべたつきやすいことです。それにとてもくすぐったがりであることも特徴的です。

 この手足のべたつきのために、しばしば掌がしっとりしやすいために、紙などがペッタリとくっついてしまうこともあります。

 いわゆる「解毒証体質」の人に適応しますが、詳しくはグーグルなどの検索窓で「解毒証体質」と打ち込んで調べてみると詳しく説明されているサイトがあります。
 一貫堂という流派から生まれた処方です。

 ところで、舌がほんとうに淡白であれば、この処方はまったく適応するはずがありません。陽気や気血が虧損されている証拠ですので、少なくとも荊芥連翹湯中に配合されている黄連解毒湯や枳殻、連翹など邪魔な配合が多過ぎます。

 淡白舌が事実なら、即刻中止され、もっと中医学に習熟された薬局にかわるべきです。

 蛇足ながら、ワキガは簡単な手術で治るような話を聞きますが、それが事実なら敢えて漢方薬に頼らずとも病院で手術をされた方がよいのではないでしょうか?
 以上、取り急ぎお返事まで。

IMGP5810
IMGP5810 posted by (C)ヒゲジジイ


posted by ヒゲジジイ at 00:11| 山口 ☔| 漢方と漢方薬関連の御質問 | 更新情報をチェックする