2010年02月26日

腹水に応用される代表的な方剤は補気建中湯および分消湯だが・・・

スズメさん
スズメさん posted by (C)ヒゲジジイ

 せっかく小太郎さんが補気建中湯エキス製剤を実現してくれたので、ことのついでに分消湯のエキス製剤の実現も依頼している。

 他社で既に存在してるものの、知る限りでは蒼朮と白朮が共に配合された正しい分消湯製剤は見当たらない。多くは白朮だけの配合であるから片手落ちの製剤ばかりである。白朮だけの配合でも無効というわけではないが・・・

 事実、
2006年02月06日 大腸癌再発による腹膜播種で腹水の漢方薬 と 
2006年02月07日 昨日のお問い合わせ:大腸癌から腹膜播種による腹水等の続き

の患者さんは結局、村田漢方堂薬局に来られ、分消湯を主体にした配合で腹水には速効を得た。
 想像していたほど重症とは言えず、十分に体力を保持されていた。

 通常の煎じ薬量の半量で十分に奏効したのでそれで継続するお約束だったが、ご家族の薬剤師さんの采配で煎じ薬量に増量されたので、腹水が再発してもないのに増量するのは時期早尚であると叱ったのに気を悪くされたか、次第にいつの間にか無音となられたので、以後の経過は不明である。

 但し、使用した分消湯製剤に蒼朮が入らない分、それを補って余りある併用方剤の補強もあったと記憶する。

 もちろん多くの腹水患者さんがシンプルな漢方製剤で軽減できるとは限らないので、虚証に補気建中湯、実証に分消湯という単純な図式化はナンセンスである。

 補気建中湯の配合は明らかに扶正去邪の配合である。

 分消湯を主体にした配合は、確かに日本漢方的に言えば体力が十分に残っている人に通用することが多いが、極期に使用して亡くなられた後にご家族から感謝されて戸惑ったことがある。

 三十数年前のことであるが、悪性腫瘍末期の腹水が重篤で患者さんが苦しみ抜いて、入院中の医師の許可を得て漢方薬を求めて来られたのに、分消湯を服用してもらったところ超速効で腹水が軽減し、ご本人はとても喜んでまだまだ飲みたいと所望し続け、ああ楽になったラクニナッタと呟きつつ、三日目に息を引き取られたというのであった。

 奥様から詳細な御報告がてら、いたく感謝された当時の複雑な気分とともに今も鮮明に思い出し、忘れられない。その当時はあるいは補気建中湯だったらもっと延命されたかもしれないと思ったのもだが、そうは問屋がおろさなかっただろうと思われる。

 分消湯が適応方剤であったからこそ速効が得られたのであり、補気建中湯であれば暖簾に腕押しだった可能性が高いのである。

 このように的確な方証相対が実現しても、苦痛軽減のにみ終わることもあれば、運よく短期間で急を脱してかなりなレベルまで健康を回復することもある。
 臨機応変の併用方剤の運用にも関わって来るかなりデリケートな問題もあるだろう。

 ともあれ、分消湯では無効なケースでも、補気建中湯こそ適応方剤であったということも珍しくはないので、両者は今後、ますます需要は高まることであろう。

 両方剤を併用すべきケースもあり得るはずである。

 このようなきわどい段階に使用することの多い方剤は、真の意味で中医学をしっかり勉強して、勉強しただけの机上の空論家ではなく、実際に漢方経験の長い専門家にしっかり相談して使用すべきで、素人療法は禁物である。
 とりわけ重要なことは、その他にも必要な併用方剤などの指南を仰ぐべきだからである。

 蛇足ながら2006年02月06日 大腸癌再発による腹膜播種で腹水の漢方薬に後日記載した「後日談」の部分のみ引用する。
【後日談】 その後、実際に村田漢方堂薬局にご本人が来られることとなり、気力、体力は想像していたよりもそれほど損耗されておらず、腹水と腹満に関する限りは分消湯エキス製剤で明らかに好転した。
 実際にお会いしてみると、補気建中湯や補中益気湯合五苓散証などではなかったのである!
 
 これによっても分かるように、ご本人に直接お会いしないままのメール相談ではあやふやなことが多く、ましてや今回のケースのように代理人を介してのご相談となると、ますますイヨイヨもって当てにならないことが多いという教訓となっている。


白長楽(しろおさらく)
白長楽(しろおさらく) posted by (C)ヒゲジジイ

2010年02月24日

関節リウマチの漢方相談

ツグミさん
ツグミさん posted by (C)ヒゲジジイ

年齢 : 30歳〜39歳の女性
ご職業 : 会社員
簡単なご住所: 九州地方
お問い合わせ内容 : はじめまして。

 ご相談をさせて頂きたいのですが、私はリウマチと診断され1年3ヶ月になります。当初は倦怠感がひどく、複数の手の指が曲がらず、手首も痛み、足の裏も痛くて真っ直ぐ歩くことが出来ませんでした。

 今は総合病院のリウマチ科に通院しております。当時に比べればかなり良い状態になってきてはいますが、左の足の甲の腫れと痛みが続いていて“あと一歩”という気がして、何か方法はないかと悩んでおりました。

 知り合いから先生のお話しを伺いメールをさせて頂きました。平日は会社で、土曜日も隔週でしか休みがありません。休みの土曜日を利用して通いたいと思っております。予約も無く突然お伺いしてもよろしいでしょうか?

 あと、個人差があると思いますが、どれくらいの費用がかかりますでしょうか?よろしければ教えて下さい。 お願いします。


お返事メール:関節リウマチについては、数十年前より●●県方面を中心に九州地方の人達が何人も来られては寛解されていかれます。現在も回復中の人が何人もおられます。

 体質と病状によって漢方薬の配合(組み合わせ)はマチマチです。従って使用すべき漢方薬は個人差がかなりありますので、今から断定的に言えるものではありません。

 関節部が腫れて熱感を伴うタイプが昨今は目立ちますが、単純で典型的なこのタイプであれば、二〜三種類の配合で済むので一ヶ月分に換算すれば一万五千円以内で済んでいる人も複数おられます。(但し、最初のうちは10〜15日分ずつで様子をみるので少し割高にはなります。)

 かなり重症でCPRが異常に高かった人でも、ステロイド治療などの病院治療だけでは治まらなかった疼痛が順調に軽減している人でも運よくこのくらいの経費で済んでいる人もおられます。

 但し膝関節に水が溜まるなど、あるいはそのほかの合併症が見られる人などでは、さらに加えるべき漢方薬が増しますので、もっと経費はかかります。

 隔週の土曜日しか来れないそうですが、予約ナシで来られても一向に構いません。たとえ予約されていても、常連さんなどは予約ナシに来られますので予約しなくても同じことです(苦笑。

 要するに、いつ来られても構いません。貴女の本気度次第です。

 ところで“あと一歩”とのことですが、そのレベルの軽さでしばらく通う意気込みが続くかどうかがやや気になるところです。多くの方は“あと一歩”ではないので非常に困って来られるケースだからこそ頑張れているみたいです。

 軽いから速効がでるとは限らず、かなり重症だから漢方薬の効果がはっきり出て来るというケースが多いようです。
つまりは作用反作用の強弱と類似した面があるのかもしれません。

 以上、取り急ぎお返事まで。

追伸
 毎週土曜日の営業時間は朝9時〜12時までですが、12時ギリギリでも来られれば大丈夫です。(多くは延長戦となっていますので)

メジロ
メジロ posted by (C)ヒゲジジイ


ラベル:関節リウマチ
posted by ヒゲジジイ at 20:37| 山口 | 各種膠原病や関節リウマチやシェーグレン症候群など | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

がんサポートの成功例をどうして本やブログに書かないの?

メジロ
メジロ posted by (C)ヒゲジジイ

 本日のタイトルは、漢方薬を服用し始めて、顕著に経過が良好となった人達からしばしば質問される内容である。

 短期間で劇的なサポートが叶った人達からは本にまとめて出版したらよいのに、という人までおられるが、トンでもないことである(苦笑。

 皆がみなにがんサポートが理想的に成功するわけでもなし、それでなくても病人さんご自身はその気がないのに、ご家族の心配で漢方薬を所望されるケースでの成功例、というよりも持続的に継続される例はあまりない。

  そのようなご本人が消極的なケースに限って過度な要求を出されることが多いので、ご本人みずから行動を起こされたケースでない限りは最初からお断りすることにしている。

 だから、アナタたちのように理想的に経過するケースというのは、ご自身みずからが積極的に行動を起こした前向きに努力されるアナタたちのような人達ばかりなのである。

 それもそのはず、免疫力が直結する病気だけに、他人や家族から説得されてシブシブ、というケースでは漢方薬を利用されても免疫力の向上は思ったほど高まるとは限らない。
 第一、そのようなケースでは漢方薬類の服用も途切れがちになりやすいのでなおさらである。

 ということで、極めて経過良好で理想的な結果が出た後、漢方薬に完全に嵌ってしまった人達も多いが、このブログの愛読者もおられるだけに、アナタ達の実話を敢えて書かないのは上記の理由によるのである。

 すなわち、ブログをご覧になったご家族が直接問い合わせに来られたり、あるいは電話やメールでお問い合わせされるのに、一々お断りする苦労は並大抵ではないからである。
 みなさんが想像される以上に、お断りするのも一苦労なのである。

 上記の理由から、村田漢方堂薬局はメインのHP⇒http://murata-kanpo.ftw.jp/にも書いている通り、遠近に関わらず御本人みずからの意志と意欲で、直接定期的に繰り返し来局できる人のみが対象となります。というのが長年の方針である。

メジロ
メジロ posted by (C)ヒゲジジイ

posted by ヒゲジジイ at 22:53| 山口 ☁| 悪性腫瘍・癌・ステージ4の進行癌や転移癌 | 更新情報をチェックする

2010年02月16日

お茶代わりの漢方薬?

ねずみとボクチン
ねずみとボクチン posted by (C)ボクチンの母

 お断りせざるを得ない依頼でもっとも多いのが「ちょっとお訊ねですが・・・」のお気軽なお問い合わせであるが、中でも最も困惑するのが「お茶代わりの漢方薬」である。

 実際に本日も直接来局された女性がアレルギー体質改善の親子で服用できるお茶代わりの漢方薬を求めて来られたのである。

 そもそも「お茶代わりの漢方薬」というイメージが、漢方薬の専門家であるはずのヒゲジジイには皆目検討が付かないのである(苦笑。

 「お茶代わりの漢方薬」とは何ぞや???

 実に無字の公案よりも難題であるっ!


類似ブログ:2008年08月08日:お茶代わりの漢方薬ってナンだろう?

ペンタックス
ペンタックス posted by (C)ボクチンの母


posted by ヒゲジジイ at 22:34| 山口 ☁| 漢方と漢方薬関連の御質問 | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

久しぶりに来られた人がどうしても思い出せない(涙

雨中のメジロとスズメが仲良く
雨中のメジロとスズメが仲良く posted by (C)ヒゲジジイ

 37年間もこの仕事を続けていると、以前当方の漢方薬で病院に見捨てられた疾患を克服出来た人達が十年以上経って別の疾患で久しぶりに来られるケースがとても多い。

 ところが、思い出せない(涙。
 多くは昔の相談カードを取り出してようやく思い出すことが多いのだが、時にはそれでも思い出せないことすらある。
 相談カードには当時の弁証論治の方剤の変遷がすべて書かれているのになぜだろう。

 当時、このような重大な疾患が完全寛解というよりも根治している事実に我ながら驚くこともしばしばであるが、何年間もお互いに苦労して通い詰めてもらった成果であるが、それなのにようやく思い出すのは容姿の雰囲気だけということもある。

 毎年、そのような人達が、久しぶりに新たなご相談で戻って来られるのだが、今年は例年になく多い。
 しかもその多くは西洋医学で治療方法の限界を宣告された人達が多いことは既に述べた。

 このような記憶喪失に遭遇すると、そろそろボケの始まりかっと、しばしウロタエルのだった(涙。
 まだかろうじて五十代なのに・・・・

去りゆくスズメ
去りゆくスズメ posted by (C)ヒゲジジイ


posted by ヒゲジジイ at 23:14| 山口 ☔| 村田漢方堂薬局の近況 | 更新情報をチェックする

2010年02月12日

がんと漢方

飛び去るヒヨドリ
飛び去るヒヨドリ posted by (C)ヒゲジジイ

 漢方相談で最も多いのが、がん患者さんたちのQ.O.L。

 長年当方の漢方薬に嵌って悪性腫瘍を克服したり長年共存している人達からの紹介で来られる人も多い。

 漢方薬を開始して、多くの人は短期間で食欲増進と体力増強効果が真っ先に出て来る。

 新人さんたちはいつの間にか年下の若い人達が多くなっている。

 進行癌や転移癌でも、ご本人の強い意志で来られる人達ばかりだから、積極的で前向きな姿勢が免疫向上の相乗効果をもたらせ、かなりな成果が得られているのだろう。

 翻って、ご紹介者の手前お義理で来られたり、ご家族の説得でシブシブ来られるケースでは、長続きするのは一部の人達に限られている。

 というよりもご本人の強い意志でない場合は、実際にはその多くをお断りしている。
 経費的にも通常の疾患よりもやや出費が嵩むので、積極的に漢方薬を利用される意欲がやや欠ける場合、精神衛生上にもよくないので、積極的な人達に比べ、免疫向上の相乗効果が望めないないだろうと信じるからである。

 たとえご紹介者やご家族の熱意に負けてお引き受けしても、ご本人が本気になれない場合は、当然のように長続きしない。
 不思議と「病院の薬と併用するのは大丈夫だろうか?」と繰り返し疑問を提出されるパターンが多く、こちらから見ると本末転倒としか思えないのだが「ご心配ならどうぞお止め下さいっ」ということになる。
 
ムクドリ
ムクドリ posted by (C)ヒゲジジイ
posted by ヒゲジジイ at 00:33| 山口 ☁| 悪性腫瘍・癌・ステージ4の進行癌や転移癌 | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

医薬品の通販規制を恨む人々

懐かしいウグイスの素顔
懐かしいウグイスの素顔 posted by (C)ヒゲジジイ

 多少とも命に関わる疾患で、西洋医学の限界を感じた人達が遠路はるばる漢方相談に来られる。昨年暮れからそういう人達が増えている。
 同様に地元の人達も過去に治った人達からの紹介で新たに来られる。

 中には主治医から治療方法ナシと宣告され、意を決して通って来られる医療関係者も複数おられる。

 地元近辺の人は問題ないが、遠路はるばる通って来られる人達の望みは配合パターンが決まった時点で通信販売に切り替えて欲しいという皆の要求である。

 しかしながら、漢方薬は第二類に該当するものが多いだけに、新規の人達は例の悪法によって通信販売に切り替えるという従来の方法が取れない。

 無理をおして遠路はるばる直接何度も来られるのにハラハラさせられる病状の人もおられる。
 見るにみかねて地元近辺で漢方薬局や漢方専門医院を探すように説得するのだが、多くの人は既に地元で漢方薬の服用経験済みで、ほとんど無効であったり、あるいはそのような疾患は未経験というところが多くて話にならないといわれる。

 幸いに速効が出た人たちは一ヶ月分をまとめ買いすることで来局頻度を減らす工夫が可能になっているが、まだ微妙な微調整が必要な段階の人は、代理のご家族が高い交通費を使って10日分の漢方薬を購入に来られる。
 実に交通費の十分の一以下の薬代のケースすらある。

 皆が口を揃えてあの慈悲心のかけらもない、暗記力しか能のない冷酷無比な強権組織「厚生労働省」のキチガイじみた医薬品の通販規制を恨むのは当然であろう。

懐かしいウグイスの素顔
懐かしいウグイスの素顔 posted by (C)ヒゲジジイ

懐かしいウグイスの素顔
懐かしいウグイスの素顔 posted by (C)ヒゲジジイ

posted by ヒゲジジイ at 00:03| 山口 ☁| 漢方と漢方薬関連の御質問 | 更新情報をチェックする

2010年02月05日

知人に奨められたくらいで使用するのは些か軽率

ヤラセに悪乗りしたメジロ君
ヤラセに悪乗りしたメジロ君 posted by (C)ヒゲジジイ

ブログへの転載の可否 : ブログへ転載を許可します
年齢 : 30歳〜39歳の女性
ご職業: 会社員
お問い合わせ内容: はじめまして。漢方に関することかどうか分からないのですが、ご存知でしたら教えていただきたく思います。

 知人より「杜松の樹皮を煎じて飲むとデトックス効果があるので良い」と勧められ、一ヶ月ほどお茶代わりに飲んでおります。

 しかし杜松の実について調べたところ「妊娠中・腎臓障害がある者は使用禁止」と知りました。現在妊娠はしておりませんが、妊娠を希望しております。

 また、数年前に患った突発性難聴の後遺症で軽度難聴と耳鳴りがあります。尿に蛋白が出ることもあります。このまま飲み続けても問題はないのでしょうか。

 突然の不躾な質問で大変申し訳ございませんが、ご存知でしたらお教え下さい。よろしくお願いいたします。


お返事メール:不安を持たれるものは即刻中止した方が無難です。

 人体に薬理的な影響を与えるものを、しかもややゲテモノに近いものを知人に奨められたくらいで使用されるのは、些か軽率だと思います。

 以上、取り急ぎお返事まで。

トンビ
トンビ posted by (C)ヒゲジジイ
ラベル:素人療法
posted by ヒゲジジイ at 19:54| 山口 ☁| とんでもない話や、信じられない困った話 | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

現代社会における漢方薬の存在意義は・・・

寒いのに外出中のボクチン
寒いのに外出中のボクチン posted by (C)ボクチンの母

 本当に漢方薬を必要とする人達は、西洋医学治療に限界が生じた場合であるように思われる。
 現実に日々、漢方相談に訪れるのはそのような人達ばかりである。

 軽症から重症者まで様々だが、薬局の性質上、お気楽気分で来られる人が、病院に行くのが面倒だから漢方薬で済ましておこうという不届きなケースでは、二人に一人が罹る悪性腫瘍が隠れていたら困るから、先ずは病院に行くべきだといって漢方相談をお断りする。

 病院で医師の診断を一度も受けることなくお気楽に漢方薬を服用していた人が、後になって会社の健康診断などで偶然、悪性腫瘍が発見された場合、「薬局で漢方薬を飲まされていた」などと、なんでもかんでも薬局の責任に転嫁されかねないからである。
 
 それほど現代日本人の人間性は地に落ちている。
 それとは真逆に、村田漢方堂薬局に縁のある人達の多くは、古き良き時代の日本社会そのままの礼節を知る人達ばかりである。

 実際に漢方薬を上手に利用されている人達は、検査上では何も発見されないけれど、様々な症状に悩まされているレベルから、難病治療のサポートのみならず、進行癌や転移癌患者さんたちのクオリティ・オブ・ライフの維持向上目的で漢方薬が大なり小なり役立っているのが現実である。

 自費の漢方薬は高いと思い込んでいる人も多いが、恩恵を蒙っている人達の中には、とても安いと感じてくれる人も多いのだから、世の中様々である。

海上自衛隊の飛行機
海上自衛隊の飛行機 posted by (C)ヒゲジジイ
posted by ヒゲジジイ at 23:32| 山口 ☀| 悪性腫瘍・癌・ステージ4の進行癌や転移癌 | 更新情報をチェックする