2009年06月29日

葛根湯の適応証について

フロント係りのカラスです
フロント係りのカラスです posted by (C)ヒゲジジイ

間違いだらけの漢方と漢方薬のお問い合わせフォームからの御質問
ブログへの転載の可否 : ブログへ転載を許可します
年齢: 30歳〜39歳の女性
簡単な御住所 : 関東地方
お問い合わせ内容 : はじめまして。

 色々検索していて、こちらへたどり着きました。
 現在、頭痛や肩こりを感じる時に、葛根湯・ロキソニン・カフェイン・安中散等が配合された漢方を飲んでいます。

 葛根湯の成分であるマオウのためか、服用後しばらく経つと首から上がのぼせたかのように感じ、汗をかきます。

 この症状がでるのは、体にとっては負担なのでしょうか?

 継続するか否か、アドバイスいただけたらと思います。

 余談ですが、葛根湯と四逆散を同量で配合したものを内服すると痩せるという噂を耳にしました。これはどういう作用で痩せるのでしょうか?

ご案内係りはホオジロです
ご案内係りはホオジロです posted by (C)ヒゲジジイ

お返事メール: 貴女の頭痛や肩凝りに葛根湯が本当にフィットしているものなら、ロキソニンなどの西洋医学の医薬品は短期間でほとんど必要がなくなるはずです。

 葛根湯の適応条件は、ご自分で(1)首の真裏を揉むと気持ちがよく、(2)その同じ首の真裏を温めると明らかに気持ちが良い、という二つの条件が最低限揃わない限りは葛根湯証ではありません。

 この二つの条件が本当に揃っているのでしょうか?

 もしも揃っていなければ即刻中止すべきです。

 もしも二つの条件が揃っていて「服用後しばらく経つと首から上がのぼせたかのように感じ、汗をかきます」というのであれば、薬用量が多過ぎるのか、安中散まで配合して温め過ぎで、安中散が不要な可能性が高いことになります。
 安中散にも発汗作用のある桂皮が配合されており、葛根湯中の桂皮とダブルからです。

 発汗作用があるのは、麻黄ばかりではなく桂皮や生姜にもかなりな発汗作用があります。

 「葛根湯と四逆散を同量で配合したものを内服すると痩せるという噂」は、まったくナンセンスで悪い冗談としか思えません。

 以上、取り急ぎお返事まで。

ご案内係りはホオジロです
ご案内係りはホオジロです posted by (C)ヒゲジジイ

おり返し頂いたメール:さっそくのお返事ありがとうございました。
 根拠となることがわかり、納得しました。
 ありがとうございました。

フロント係り助手のホオジロが職場放棄
フロント係り助手のホオジロが職場放棄 posted by (C)ヒゲジジイ
ラベル:葛根湯
posted by ヒゲジジイ at 17:43| 山口 ☔| 病院の保険漢方による誤投与あるいは危険な配合 | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

6月以降の新人さんは「悪法」のお陰で、県外の超遠方であっても定期的に通って頂かなくてはなりません

可愛い雀たち
可愛い雀たち posted by (C)ヒゲジジイ

ブログへの転載の可否 : ブログへ転載を許可します
年齢 : 40歳〜49歳の女性
お問い合わせ内容 : はじめまして。
 主人が骨髄異形成症候群を患い総合病院の血液内科で3年程治療を受けております。ですが効果は上がらず逆に数値は下がるばかりでおりましたところ、貴HPに辿り着きました。

 主人も是非漢方の処方をお願いしてみたいと申しております。

 予約が不可とのとのことですが混雑している場合は朝からお待ちしてもその日に面談して頂けない場合もあるのでしょうか?

夕刻のムクドリ
夕刻のムクドリ posted by (C)ヒゲジジイ

御返事メール:直接定期的に通える方であれば、漢方薬によって一定レベルの効果が出ることも多々あります。

 また、自動車の修理のようにこうしたら確実に・・・という断定的なことが言えるような疾患でもありませんので、お互いの努力と運も見方してくれなければなりません。

 これらの問題以外にも、遠方であるがゆえに、また病気による体力低下の問題からも、定期的に通うことが不可能であろうと推察申し上げます。

 他の疾患では、もっと遠方からでも熱心に毎月定期的に通われて来られる方も複数おられますが、病状的にも不可能ではないでしょうか。

 一度来られれば、あとは電話やメールで、という訳にはゆかない時代となり、かの悪名高い厚生労働省の恣意的な省令により、6月以降の新人さんは、直接来られない限りは漢方薬の販売ができないことになっています。

 上記の事情から、残念ながらお断りせざるを得ない情況です。

(このような厚生労働省の野蛮な省令は、遅かれ早かれ常習犯的な厚生労働省の度重なる憲法違反として覆る可能性も大ではありますが、悪法でも法ですので、遵守せざるを得ません。)

 以上、悪しからず御了承下さいませ。

やっぱり桔梗
やっぱり桔梗 posted by (C)ヒゲジジイ

折り返し頂いたメール:お忙しい中早速の返信誠に有難うございます。

 早速ですが、残念ながらご無理とのご返答でございましたが、現在主人は会社員として病気の為にお休みを頂くことも無く通勤させていただいており、激しい運動でないかぎり日常生活は送れております。確かに遠路ではありますが定期的に通うことを考えた上でのお願いでございます。

 先生のブログも読ませていただき2007年に同じ病の方に漢方薬の効果が表れた事を知りまして、これはもう先生にみて頂きたい!とただその一念です。もちろん先生の処方がどれほど素晴らしくてもそれが必ず主人に適合するという保証など無いことも承知しております。

 ですがこのまま3年間効果の上がらない薬を飲み続けて容態が悪化するのを見守っていくばかりもできません。大変やっかいな病気であることは承知の上で、それだからこそ是非先生にみて頂きたいと思っております。何卒再考の程、よろしくお願い申し上げます。

 お疲れの所不躾な文章お許し下さいませ。

可愛いスズメたち
可愛いスズメたち posted by (C)ヒゲジジイ

御返事メール:体力的にも会社に通えるのであれば、こちらへ定期的に通うことも可能とあれば、話は別です。
 当方ではアトピー性皮膚炎以外では難治性疾患の漢方相談が主となっていますので、お一人にたっぷり時間をかけるシステムです。

 流れ作業が出来ない仕事ですので、常連さん以外は簡単な病気の相談はあり得ません。(といっても常連さんはほとんど電話相談が主となっています。)
 それゆえ、普通の薬局のようなお気楽な来客は皆無ですので、土曜日や月曜日、あるいは火曜日以外は、それほど込み合うことはありません。

 たまたま新しいご相談者が重なった場合には、待ち時間が多少長くなります。
 明らかな傾向としては水曜日と木曜日や金曜日の三日間は多くは比較的空いており、本日などは閑古鳥が鳴いてくれて、昨日までの三日間の疲れがどっとでてゴロゴロしていたほどです。(昨日の水曜日は例外的に夜まで延長戦が続きましたが・・・)

 また、月曜日や火曜日、あるいは土曜日とて、時には閑古鳥が鳴くこともありますので、お時間にたっぷり余裕をもって来られれば、ご都合のよい日に特別なご連絡がなくとも突然来られても構いません。
 
 以上、取り急ぎお返事まで。

逆光で捉えたツバメ
逆光で捉えたツバメ posted by (C)ヒゲジジイ


posted by ヒゲジジイ at 08:36| 山口 🌁| とんでもない話や、信じられない困った話 | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

繊細でデリケート?な神経を消耗する毎日を忘れられる一瞬(笑

夕方のスズメ
夕方のスズメ posted by (C)ヒゲジジイ

 六月にしては意外に忙しい毎日。
 昨日でも常連さんの送り注文が殺到した同じ午前中に、七十代の昔のお嬢様方の漢方相談が二名続いただけで、気が付くと疲労困憊。

 相談内容が濃厚だから、僅か二名連続しただけで疲労が蓄積するのは、そのほかにも大切な送り状発行のみならず、服用中の人達からの経過報告や問い合わせなどに対するお返事メールの数も半端ではないからである。

 気が休まる一瞬は、今回のような写真が撮れたとき(笑。

夕方のスズメ
夕方のスズメ posted by (C)ヒゲジジイ

2009年06月24日

防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)ブームは百害あって一利なし

コクゾウムシ
コクゾウムシ posted by (C)ヒゲジジイ

 テレビや雑誌などによって防風通聖散製剤がメタボに効く漢方薬として派手に宣伝されるようになって以降、馬鹿売れしていてナイシトールなど一部のメーカーは笑いが止まらないらしいが、そろそろ防風通聖散の化けの皮が剥がれかけている。

 増え続ける一方の防風通聖散による様々な副作用事例の報告は目に余るものがある。
 下痢や胃腸障害のみならず一部の人では発疹が出現した例も多い。

 村田漢方堂薬局で受けた相談例では、全身の浮腫が生じて気持ち悪くなり食欲減退し、それなのに浮腫のためか却って体重が増加したという副作用の相談を受けたことがある。

 もともと以前からのお馴染みさんであったが、勤務先の会社をあげてマスコミで宣伝されている防風通聖散製剤ナイシトールをまとめ買いで安く買えるというので、皆で共同購入した欲ばりが却ってアダになった事例であるが、御本人自身、大いに反省しきりであった。

 防風通聖散のような支離滅裂に近い方剤がやせ薬になると誰が証明したというのだろうかっ!?

 急性熱性疾患時の特殊な状況下でしか使用されるべきではない方剤であり、現代社会ではほとんど遭遇することがない証候に適応する特殊な方剤である。
 
 だから村田漢方堂薬局ではとっくの昔に防風通聖散の存在を抹消している方剤である。川芎(センキュウ)や麻黄、石膏など一癖も二癖もある生薬類がトリプルで配合され、漢方処方の中でもかなり注意が必要であるばかりか、現代社会ではほとんど不要な方剤なのである。

 防風通聖散でやせることがあるとすれば、下痢したり胃腸障害という副作用によって二次的に痩せることはあっても、滅多なことでは体調よく順調にやせることはあり得ない。

 このような方剤を安易にやせ薬として許認可する側も、漢方知識のレベルを疑われる大きな問題である。
 
 体質を考慮した弁証論治にもとづくこともなく、派手な宣伝によって民衆を騙す手法は古今東西変るところがない。

 日本国内における防風通聖散ブームによって、漢方薬の製剤原料である生薬類が不足しはじめ、真に必要とする漢方薬の製造に影響が及び始めた昨今である。

 防風通聖散がメタボに効くなどと安易な宣伝を打ってぼろ儲けした企業の責任は重大である。
 今後もますます防風通聖散ブームがもたらす大きな害悪は増え続けることだろう。

 百害あって一利もない防風通聖散ブームは、日本漢方のレベルの低さをますます露呈するばかりである。

蜘蛛
蜘蛛 posted by (C)ヒゲジジイ
posted by ヒゲジジイ at 00:27| 山口 ☔| 防風通聖散の誤用による不快反応や副作用 | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

昨今の新人さんは直接通える範囲の人達ばかりになっていたが・・・

美しいアゲハチョウ
美しいアゲハチョウ posted by (C)ヒゲジジイ

 6月以降の新人さんは、たとえ遠方の人であっても定期的に直接通える人でなければ受け付けていない。

 幸いにも県外からでも定期的に通える人ばかりだから、新しく来られる人もテレビ報道などで心得ているものと安心していたところ、本日に限って、やや遠方の県外から、二度と通えないので二回目からは電話相談でやって欲しいという人が、遠路はるばるやって来られた。

 6月以降の新人さんは、たとえどんなに遠方であっても、すくなくとも1〜3ヶ月毎にでも通ってもらわないことには漢方薬の販売が不可能である。

(但し、6月以降であっても、新人さんにも通信販売が可能なものは、第三類に分類されるササヘルスやオルスビー錠、胃神我述錠などの医薬品や健康食品扱いの板藍茶や雲南田七や霊芝類などは当然可能なので、派手にネット通販をやってやろうかと企んでいるくらいであるっ!)

 6月以前の人は二年間の移行措置があるので引き続き通信販売が可能であるが、6月以降の新人さんには、悪法でも遵守する必要がある。

 そのうち、裁判で判決が出れば、またもや厚生労働省の憲法違反の裁定が下り、病人や老人虐めの通信販売禁止省令も撤回されることと信じているが、裁判所の判決が下るまでは悪法でも、シブシブ遵守する必要があるのである(苦笑。

 話を元に戻して、遠路はるばる泊りがけで来られた人のおつもりでは、二度目以降は電話相談で、漢方薬は地元の親しい漢方薬局で購入されるという虫のよい話である。

 どうやら村田漢方堂薬局を慈善事業の薬局と誤解されているようである(憮然っ!。

 一時間以上もかけて月曜日の朝っぱらから熱心に説得して、病気の内容からも不定愁訴症候群で、しかも心の問題が大きく絡んでいる。ヒゲジジイのもっとも不得意分野だからとお断りした。

 納得されて帰られる折に、日頃常用されている天津感冒片を購入されて行かれたので、最低限のマナーを心得た人であったかとお別れする段になって、やや見直した(笑。

美しいアゲハチョウ
美しいアゲハチョウ posted by (C)ヒゲジジイ

美しいアゲハチョウ
美しいアゲハチョウ posted by (C)ヒゲジジイ
posted by ヒゲジジイ at 23:43| 山口 ☔| 漢方と漢方薬関連の御質問 | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

繁用方剤は時代と共に変遷する

DSC_5750sss
DSC_5750sss posted by (C)ヒゲジジイ

 二十年前まで毎日まいにち、販売しない日はなかった八味丸は、ここ十年以上、販売することは稀となっている。温暖化と暖房設備の充実と共に、八味丸に含まれる附子が不要になったからである。
 不必要に附子が配合された八味丸を乱用すると、肺陰を損傷して碌なことはない。

 漢方入門当初に繁用していた加味逍遥散も、ここ二十年くらい使用頻度は激減していたが、ここ数年来、爆発的に使用頻度が復活している。ストレスの多い時代の反映とも思えるが、夙に有名な方剤だから、村田漢方堂薬局に辿り着く前に、どこかで使用されていたので使用頻度が激減していたのかもしれない。

 それにしても昨今の加味逍遥散が必要な各種疾患の情況は異様である。すでに他所で服用して来られて無効だった人でも、併用方剤の良し悪しとともに、加味逍遥散製剤自体の品質問題も影響しているのかもしれない。

 使用頻度の爆発的増加は異常である。
 
 思い返せば二十五年前、専門分野の原稿を書くようになって初めて原稿料をもらった拙論が「加味逍遥散加桂枝桃仁について」だったと思う。和漢薬誌の299号だったはずであるが、要するに加味逍遥散合桂枝茯苓丸である。
 当時はこのような配合がしばしばよく奏功したが、昨今ではこのような配合を必要とするケースに遭遇することが無くなっている。

 肝胆の湿熱に奏功する茵陳蒿湯は、少陽三焦のルートを通じて広い範囲に影響力を持つので猪苓湯とともに毎日まいにち販売しない日はあり得ない時代となっている。

 疲労困憊の時代でもあるから牛黄製剤や麝香製剤の販売頻度はここ十数年、年々漸増することはあっても減ることが無い。
 これらのお陰でこの世に生息することができるのだっ!と真顔で感謝を述べられることが多いが、ヒゲジジイ自身もその一人である(苦笑。

 また、中医漢方薬学流の偏見から防風通聖散と十全大補湯は村田漢方堂薬局には存在しない。
 小青竜湯も一人の常連さんに特別に使用する以外には販売することが皆無。

 肥満薬として宣伝される防風通聖散はほとんど錯誤である。

P6158157aaa
P6158157aaa posted by (C)ヒゲジジイ
posted by ヒゲジジイ at 07:26| 山口 ☁| 時代的な傾向や使用頻度が増加中の漢方薬方剤 | 更新情報をチェックする

2009年06月12日

心臓に悪い仕事なので牛黄製剤が欠かせない

ムクドリの群れ
ムクドリの群れ posted by (C)ヒゲジジイ

 先日、高一時代からの最も身近な親友が夜勤明けの過労で急死した(心筋梗塞による心臓破裂)。山口県には大きな事件が重なっていたので、友人の勤務先にもしわ寄せが来ていたに違いない。警察官だった。

 わがまま一杯のヒゲジジイの漢方相談業務に見えるかもしれないが、少数精鋭とはいえ連日濃厚な難病相談続きだから、見かけによらず繊細な神経なので心身ともに消耗は激しい。

 もっとも心臓に応えるのは、運よく超速効が得られた人達のその後の経過である。
 多少とも生命に関わる疾患の場合では、しばらくは決して油断せずに真面目な継続服用が必須であるが、目覚しい効果に安心されるのか、服用量が激減されるケースが往々にしてみられるのである。

 御本人の喜びとは裏腹に、こちらはハラハラドキドキさせられることとなる。
 明らかな効果が出て以後でも、詰めの甘さによっては再燃や再発というケースは珍しくないからである。

 効果が乏しい時にはますます無い頭を振り絞って不眠が続き、効けば効いたで、突然音信が遠ざかる難病の人達の油断を心配してハラハラドキドキ。

 息苦しくなっては牛黄製剤に頼り、なんと心臓に悪い仕事なのだろうと天を呪わないで済む日は、ない。

ムクドリの集団
ムクドリの集団 posted by (C)ヒゲジジイ



posted by ヒゲジジイ at 23:19| 山口 | 漢方常備薬および漢方薬長期連用による効用について | 更新情報をチェックする

2009年06月10日

印環細胞癌によるスキルス胃癌の初期だけでなく卵巣転移の手術後

秋吉台下のスズメのボクチン
秋吉台下のスズメのボクチン posted by (C)ヒゲジジイ

 35年以上の漢方経験から断言できることは、漢方薬の実力は半端ではない、ということだ。

 数々の奇跡的な回復を経験して来ると、そのような数多くの実績から、もはやそれらは奇跡ではなくなり、運の良い症例であるとして欣喜雀躍することがなくなる。

 今月も既に驚くべき成果の報告を得たが、二度の再検査でも完全に消えていることが証明され、十年に一度あるかないかの珍しい例であると主治医に云われている。(印環細胞癌によるスキルス胃癌)
 先月の検査でも「滅多にあり得ないことだ」と云われ、診断に間違いないか、今月にも再度の確認検査を行うそうである。

 もともと手術を拒否してやって来られたのを絶対に外科手術を受けるよう説得して、その約束を守ることを条件に、癌サポートの役割としたお渡しした漢方薬類のはずであった。

 現実的な免疫力発揮の良し悪しが直結するような重大疾患では、複雑な配合のピントが合った折には、往々にして爆発的な免疫力を発揮して超短期間に理想的な結果が得られることは驚異的である。

 同じ印環細胞癌によるスキルス胃癌でも卵巣転移の手術後に抗癌剤治療が却ってアダになって腫瘍マーカーが激増する時点で、西洋医学治療をすべて諦めて来られた地元の女性。
 予想外に理想的な結果が得られて既に3年以上、腫瘍マーカーも正常値を維持し続けて早くに社会復帰を果たして、一生涯漢方薬を続ける約束をしている。
(後日談:平成24年5月現在も継続服用中で腫瘍マーカーなどすべてまったく問題なし。卵巣転移摘出後、既に6年以上を経過。胃の摘出からは既に8年以上を経過している。)

 ただ、そのような超速効の確率は残念ながら、イチローさんの打率よりは当然悪く、遅効ということの方が多いようである。(但し、幸いなことに今年はイチローさんの打率を上回っている。)

 抽象的な表現ではあるが、本物の器質的疾患にも漢方薬はかなりな効力を発揮できるものと思うが、それも多くは中医学的な弁証論治におうところが大である。

 漢方薬は機能的疾患を得意として、器質的疾患は不得意とされるが、ほとんど誤解ではないかと思うくらいである。

 35年以上の経験を、あとさらに何年間上乗せできるのかは分からないが、そのような奇跡的な効果を得ていながら、直ぐに服薬を怠る人や、突然に音信が途絶える人が出て来るのは不思議でならない。

 再度、病がぶり返した場合に、アトピー性皮膚炎のように取り返しがつくとは限らないのに、命の問題が直結する問題なのに、何を考えているのだろうと不思議でならない。

 再発してしまった時には時すでに遅く、同様の配合を再開しても半年のブランクは如何ともしがたく、二度とあのような速効を発揮してくれずに取り返しのつかない結果に終わったこともある。

 無い頭を振り絞り、配合方剤などの種類を増量して取り返しがつき、安堵の胸を撫で下ろした例もあるが、病気が病気だっただけに一部の人には一生涯中止すべきではないと厳命(苦笑)しているほどである。

 器質的疾患は決して甘くないのは当然である。あまりに油断すると再発は往々にしてつきものである。

秋吉台のスズメのボクチン
秋吉台のスズメのボクチン posted by (C)ヒゲジジイ

P6081597
P6081597 posted by (C)ヒゲジジイ


2009年06月09日

つばめのジョナサン

 かもめのジョナサンではありませんでした。
 写真を繰り返しクリックすれば、どんどんドンドン拡大写真が見えますっ!

ツバメのジョナサン
ツバメのジョナサン posted by (C)ヒゲジジイ


ツバメのジョナサン
ツバメのジョナサン posted by (C)ヒゲジジイ


ツバメのジョナサン
ツバメのジョナサン posted by (C)ヒゲジジイ


ラベル:桃源郷

2009年06月06日

普通の人も相談に乗ってもらえますかっ?

アマリリス
アマリリス posted by (C)ヒゲジジイ

 ここ数年来「普通の人も相談に乗ってもらえますかっ?」というお問い合わせ電話がある。
 同一人物ではなく、まったくそれぞれ異なる人達からのお問い合わせである。毎年10名ずつくらいはあるだろう。

 昨日も慌しい夕方にかかった女性の電話にも、いつものように受付嬢が丁重?にお断りしている。意味不明で薄気味悪いからである。

 長い間、禅問答や公案のように意味が分からず不思議に思っていたが、突然疑問が氷解した。
 要するにお気軽な相談者も受け入れてもらえますかっ?という意味だったのだろう。いや、だろうではなく、間違いなくその意味に違いない。

 やっぱりすべてお断りしていて正解だった。普通の人、つまりお気軽な相談では、気合が入らないし、若い頃に随分経験したことだが、単なる時間つぶしに利用されてはかなわない。

 あるいは病院で言えないことの愚痴や、八つ当たりに使われるだけで、時間を浪費させられたあけぐ、よく考えてまた出直しますでは、無い頭を振り絞った弁証論治も無駄になる。

 この歳になって二度とあのような無力感を味わいたくもない。残り少ない人生なのだっ。

 客面(キャクヅラ)された挙句に、貴重な時間を奪われて「また考えて出直します」と言われた時の徒労感を味わうくらいなら、最初からお断りしておくに限るのである。

 中医漢方薬学に賭けてみようという意気込みがない人はお断り。
 迷っている段階の人も相談には乗れない。

 納得してもらったり説得するくらいなら、逆にあきらめてもらう努力をするほうが、はるかに気が楽なのである(苦笑。

DSC02188
DSC02188 posted by (C)ヒゲジジイ

2009年06月05日

6月に入って連日、高齢の常連さんたちからも聞かされる厚生労働省への不満

遠いムクドリ
遠いムクドリ posted by (C)ヒゲジジイ

 三十年来の常連のお年寄り達が怒り心頭に発している。
 彼女らとは50歳頃からのお付き合いである。少なくともそれぞれ百回以上は通い詰めてくれた人達である。

 突然6月になってはじめてテレビの報道で知ったらしく、慌てふためいて電話が連日かかり続ける。

 毎度のように、官のお情けで二年間の移行措置があるので、しばらくはこれまで通り発送は可能だと伝えても、厚生労働省に対する呪いの言葉がとどまるところを知らない。

 呪ってもノロっても、呪い切れない思いの人達が、ヒゲジジイも含めて日本国中、無数にいることを愚官たちが知ったとて、冷徹無慈悲な連中だから、きっとほくそ笑んでいるに違いない。

 ヒゲジジイといえば、昨日、高校時代からの用心棒的な友人(警察官)の突然の訃報に、ひどくショックを受けている。
 いつも暴走を止めてくれていた友人が急にいなくなった。

 仕事外の個人的な交流のある身近な人達が、突然、次々に亡くなって行く。
 そろそろヒゲジジイも危ないかもしれないが、その前に反日組織としか思えない厚生労働省によってこの国が亡びるだろう。

さようなら
さようなら posted by (C)ヒゲジジイ
posted by ヒゲジジイ at 00:17| 山口 ☁| 漢方と漢方薬関連の御質問 | 更新情報をチェックする

2009年06月04日

4年制薬学部出身の日本の薬剤師のレベルが低いと罵る無礼者からのメール

早朝にまた五月蝿い六月のカラス
早朝にまた五月蝿い六月のカラス posted by (C)ヒゲジジイ

 今回は本流のこのブログよりも傍流の下記のブログのほうが断然面白いので、必ずジャンプして通読されることをお奨めします。

 あまりの愚問だから厚生労働省に訪ねるように案内していたところ、匿名の若者(ばか者)から糞味噌甚大にこき下ろされるヒゲジジイの応答集は稀に見る名勝負です。
 このような馬鹿者がいるから、ネットは馬鹿と暇人の道具のように言われるのでしょう(苦笑。

厚生労働省へ問い合わせるべきご質問 ←序章っ!
 上記に続いて下記の内容が圧巻ですっ! 無礼者の晩夏とでも言うべき最後っ屁っ

無礼者の返礼 ←踏んだり蹴ったりされるヒゲジジイ(笑

早朝にまた五月蝿い六月のカラス
早朝にまた五月蝿い六月のカラス posted by (C)ヒゲジジイ
ラベル:無礼者
posted by ヒゲジジイ at 09:30| 山口 ☁| 日本人としての自覚の問題 | 更新情報をチェックする

2009年06月02日

二年の経過措置があるから御安心をっ!

飛んでるで〜
飛んでるで〜 posted by (C)ヒゲジジイ

 関東在住の数十年来の常連さんから電話がかかって来た。テレビニュースで知ってかなり慌てた様子。

 これからは毎月、新幹線や飛行機でまとめ買いに伺いますよ、と大変な決意の申し出である。

 御心配なく、哀れみ深い日本の官僚さんたちは二年間の経過措置を設けてくれていますから。
 でも、その後は野となれ山となれというおつもりか、日本人を根こそぎ絶滅させるお積りらしいですね(苦笑。

 その前哨戦なのでしょう、地方の医療を崩壊させた元凶が官の案出した新研修医制度だという噂は医療界ではもっぱらですが、やることは首尾一貫していますよ。御立派といえば御立派ですが・・・(涙。

 御自分達の天下り先は豊富だから、官は強し、民は弱しで、家畜の平等を企む連中のようですから、東大を出るようなコピー人間(生き字引)は考えることが違いますよ。

 ほんとうは冷徹無慈悲な●●主義者ばかりらしいですからね(涙。

飛んでるで〜
飛んでるで〜 posted by (C)ヒゲジジイ
posted by ヒゲジジイ at 00:28| 山口 | 漢方と漢方薬関連の御質問 | 更新情報をチェックする

2009年06月01日

ハクセキレイやカラスにスズメなど

 昨日の収穫は16ギガ撮影して半分は削除。連写スピードが速いので、直ぐにカードが満タンになる。

 自然に親しむことは心の健康にとって漢方薬以上の効果がアル。

飛んでるで〜
飛んでるで〜 posted by (C)ヒゲジジイ

カラスも素敵な飛行
カラスも素敵な飛行 posted by (C)ヒゲジジイ

ハクセキレイ
ハクセキレイ posted by (C)ヒゲジジイ

ハクセキレイ
ハクセキレイ posted by (C)ヒゲジジイ

飛んでるで〜
飛んでるで〜 posted by (C)ヒゲジジイ

などなどっ
ラベル:桃源郷