2017年12月13日

オルスビー錠が「逆流性食道炎治療薬」として特許取得

2011年12月13日の茶トラのボクチン(7歳)
2011年12月13日の茶トラのボクチン(7歳) posted by (C)ボクチンの母

 以前から、折々にオルスビー錠が、人間様の逆流性食道炎に有効性を示すことがあることを、このブログで報告してきたが、製造元の剤盛堂薬品(株)の社長さんが、ヒゲジジイの度重なる報告を、実際には疑われていたのか? はたまた少しは信用されたのか???

 ヒゲジジイのこのブログを読んだ人達から、しばしば製造元に問い合わせがあるので、ありがた迷惑に思われたのか? あるいは少しはよろんでくれたのか? なんと、なんと!奇特なことに長期に亘って?動物実験を繰り返された由。

 実験に使われた動物(ラット?)達には同情を禁じ得ないのだが、胃を縛り、胃の容積を小さくした上で、

@ 牛胆配合製剤(オルスビー錠の成分)の投与群
A 牛胆汁エキス末投与群
B @の牛胆配合製剤から牛胆汁エキス末を除去した製剤群


の3パターンで比較実験したところ、 @Aでは食道の炎症はみられなかったが、Bではすべての実験動物の胃が、黒く爛れてしまった!

 これらの詳細な動物実験によって、タイトルの通り、オルスビー錠の配合成分(牛胆汁エキス末・甘草末・桂皮末、生姜末)そのもので、逆流性食道炎治療薬として特許を取得することができたのだという。

 これによって、ヒゲジジイが堂々と胸を張ってブログに報告がしやすくなるだろうと思われているらしいが、人間様に使った場合の有効性は、単独使用では5割前後、10人のうち5人前後であろうということはすでに

2007年02月15日 逆流性食道炎に対する安上がりな漢方薬

で述べたとおりである。

 もっと確率を上げるには、上記の記事でも一部を書いていたように、大柴胡湯や柴胡桂枝湯、あるいは六君子湯など、それらでなければササヘルスなど、体質に応じた適切な方剤を併用すべきだろう。

 なお、牛胆汁エキスは、病院でしばしば投与されるウルソと同じだと信じて疑わない医療関係者が多いようだが、まったく似て非なるもので、前者は逆流性食道炎や胃もたれなど、様々な胃症状に効果を示すが、ウルソの場合は、人によっては逆に胃もたれなどの胃症状を誘発する場合がある。

 まったくの似て非なるものであること、その由来や成分など、ここで取り上げるまでもなく、医療関係者ならみずから調査して、しっかり常識として知っておくべきである。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします
     ⇒ ⇒ ⇒ 健康・ダイエットランキング ⇒

2011年12月13日の茶トラのボクチン(7歳)
2011年12月13日の茶トラのボクチン(7歳) posted by (C)ボクチンの母

2017年12月12日

最も懐かしいボクちんの写真

2008年12月12日の茶トラのボクチン(4歳)
2008年12月12日の茶トラのボクチン(4歳) posted by (C)ヒゲジジイ

 上記写真のボクちんが眺めている人形の下に、ボクちんの抜け毛を集めて埋めているので、ちょうどボクちんの墓代わりとなっている。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします
     ⇒ ⇒ ⇒ 健康・ダイエットランキング ⇒

2008年12月12日の茶トラのボクちん(4歳)
2008年12月12日の茶トラのボクちん(4歳) posted by (C)ヒゲジジイ

2017年12月07日

人間様の重大な疾患も中古ノートPCの再生のように容易なら

2009年11月07日の茶トラのボクちん(5歳)
2009年11月07日の茶トラのボクちん(5歳) posted by (C)ボクチンの母

 衰えが目立つ中古のノートPCも、思い切ってハードディスクを新品のSSDに交換することで、新品同様に再生できた。
 やってみればみるほど、こんなに簡単にできるとは思わなかったが、億劫がらずにやってみる価値は大いにあった。

 身内にはIT関連会社の社長兼内科医がいるが、教えを乞うのも癪だから、ネットで調べることで、うまく修理することできた。

 ネットはこのように本当に便利だが、ところが人間様の病気となると、しばしばネットで調べて漢方薬を飲んでいたという人が相談に来られるが、その多くはとんでもない漢方薬や、あまりにシンプルすぎたり、得体のしれない健康食品で副作用をこうむっていたり、こと人間様の病気に関しては、そうは問屋が卸さない。

 人間様の重大な疾患も、パソコン再生のように、簡単にいけばよいのだが、やっぱり人間様の身体は、OA機器といえども、複雑さのレベルが大違い。

 そのような複雑多変で、西洋医学でも容易に寛解できない多くの慢性病・難病でも、45年の長きにわたって、中医漢方薬学によって寛解や根治に導くことができた例は、数限りがないのだが、昨今、それらの具体的な自慢話を書かなくなったのは、これ以上、仕事が増えすぎて、こちらがダウンして本末転倒になってはまずいからである(苦笑。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2009年11月07日の茶トラのボクチン(5歳)
2009年11月07日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母
posted by ヒゲジジイ at 19:21| 山口 ☁| 村田漢方堂薬局の近況 | 更新情報をチェックする

2017年12月05日

ややマニアックな話だけど、3台の32bitのパソコンを64bitに変換してメモリを8Gに増設!

2008年12月05日の茶トラのボクチン(4歳)
2008年12月05日の茶トラのボクチン(4歳) posted by (C)ボクチンの母

 仕事に使うパソコンは、もっぱら法人向けの富士通製で13.3インチのものばかり。

 頭脳であるCPUは、Corei5の第一世代、第二世代、第三世代のいずれも中古品ばかりだが、メモリはいずれも8G〜16Gと、しっかり余裕を持たせているが、残念ながら第一世代の3台のパソコンは32bitなので、メモリは実質3G以内に抑えられる。

 そこで、ネットで調べに調べて、無料で64bitに変換する方法を学んで、ようやく3台とも無事64bitに変換を終えて、メモリもその機種で許容される4G+4G=8Gに増設して軽快に作動するようになった。

 ところが、台所のCorei5の第二世代のパソコンLIFEBOOK S761/D が、購入後1年半も経たないうちに、怪しい雰囲気になりつつある。
 これら2台のパソコンは、閉店後に入ってくる翌日の発送依頼や問い合わせに対するお返事メールだけでなく、ブログの更新などにも、日々、頻繁に大活躍してきたので、中古パソコンの宿命、ハードディスクに機械的な問題が生じつつあることは明白。

 これらの病を治すには、新品のHDDやSDDに交換すれば、即新品同様に回復することは分かっているのだが、ハードディスクのクローンを作る作業など実に億劫なことなので、一年半とはいえ、やたら酷使した中古の2台だから、そろそろご隠退願べきかもしれない。予備のパソコンはしっかり確保しているのだから。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2008年12月05日の茶トラのボクチン(4歳)
2008年12月05日の茶トラのボクチン(4歳) posted by (C)ボクチンの母
posted by ヒゲジジイ at 15:54| 山口 ☀| 繊細でデリケートなヒゲジジイ | 更新情報をチェックする