2016年08月29日

「肺癌で病巣が大き過ぎて手術不能を宣告されながら漢方薬を飲むうちに手術可能となって根治」 した人が、17年後に亡くなられたが、その原因は

2009年8月29日病床のボクチン(5歳)
2009年8月29日病床のボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母

 肺癌で病巣が大き過ぎて手術不能を宣告されながら漢方薬を飲むうちに手術可能となって根治した実例の男性が、17年後の昨年亡くなられたと、先日ご家族から報告があった。
 七十歳手前の年齢だった。

 当時、ようやく根治を告げられた後も、気に入った漢方を一種類だけ継続されていたが、いつも電話でまとめて送付を依頼されながら、最近は次第に肺機能低下を生じていたことを知らされることもなかった。

 当時、手術後には漢方薬類だけでなく、放射線治療も受けていたとのことで、かなり広範囲に照射した影響が後年になって肺機能低下の原因となったらしい。

 その事実を早めに報告されていたら、もしかしたら、たとえば茯桂味甘湯のような弁証論治に基づいた古方の方剤を奨めることで、一定レベル軽減できていたかもしれない。

 それにしても、地元の各病院では完全に見捨てられていた方が、医師を含めた医療関係者のご家族の努力のお陰もあって、いったんは根治して17年。

 その当時のご努力は、十分に報われたというべきか。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします健康・ダイエットランキング
 こちらも一緒にお願いします

2009年8月29日病床のボクチン(5歳)
2009年8月29日病床のボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母

タグ:肺機能低下
posted by ヒゲジジイ at 07:14| 山口 ☁| 肺癌 | 更新情報をチェックする

2016年08月28日

心筋梗塞治療中に生じた脳塞栓で臨終を宣告される寸前に、あの世の奥さんに救われた話

2010年8月28日のボクチン(6歳)
2010年8月28日のボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ

 根治不可能とされた悪性リンパ腫が漢方薬類の併用で根治していた人が、今度は心筋梗塞治療中に生じた脳塞栓で、ご臨終を宣告される寸前に、あの世の奥さんに救われた話。

 漢方薬の併用によってステージ4の悪性リンパ腫が根治できたご高齢者の場合、抗癌剤は一時的に効果があっても、全身に転移しているので根治は不可能とされ、2クールだけで終わる予定が、幸いにも漢方薬によって副作用がほとんど出ないので、さらに2クールすることが可能となり、それでも副作用が出ないので、さらに2クールすることが可能となり、合計6クールが可能となって根治。
 主治医は、こんな例は経験したことがないと驚かれたが、このご高齢者の場合は、個室をとっていたので、最後まで漢方薬の併用を隠し続けたままだった。━2016年06月17日 病院で抗癌剤による点滴治療中に漢方薬を併用しても大丈夫ですか?という意外な質問!より
 というこの男性は85歳を超えても矍鑠として家業に専念されていたが、遠方の病院で久しぶりの定期健診から帰宅後の夜半、心筋梗塞を生じたために、急遽、地元の病院で緊急にカテーテル治療となった。

 3ヶ所の梗塞部の2ヶ所はスムーズ通ったが、3ヵ所目のところで血片が脳に飛んで血栓を生じて意識が途絶えてしまった。

 危うくご臨終を宣告されるべきところ、思いがけず、自然に血片が溶けて意識を回復されて九死に一生を得られた。

 ご本人によれば、先年亡くなられていた奥様が夢に出てきて、「あんたはまだ来る時ではない!」ときつく?叱られて、その後に意識が回復したということだった。

 以前から、死んだら人間は終わりで、あの世など存在しないと断言していた人だから、これであの世を信じるようになったかどうかは、土曜日の混雑する店頭で、女性薬剤師がご家族から聴かされたお話なので、ヒゲジジイはそのまた聞きである。

 それにしても、悪性リンパ腫の抗がん剤治療時に併用していた高濃度の牛黄製剤や雲南田七類を止めて数年になるが、もしも現在も予防的にこれらを継続されていたなら、心筋梗塞も、ましてや脳塞栓も未然に防げていたかもしれないので、その点では惜しいことではあったが、まずはあの世の奥様に救われて、目出度し、めでたしではあった。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします健康・ダイエットランキング
 こちらも一緒にお願いします

2010年8月28日のボクチン(6歳)
2010年8月28日のボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ

タグ:脳塞栓

2016年08月27日

大手術後、幸いにも良性腫瘍だった若い人達

2009年8月27日のボクチン(5歳)
2009年8月27日のボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母

 敢えて性別は記さないが、手術を予定されている四十代の人が、遠路はるばる飛行機で何度も通ってこられていた。

 膵臓に大きな腫瘍があって一部には水分が貯留しているようで、肝臓にも腫瘤が認められる。
 
 当然、膵臓癌に肝転移の恐れがあるが、手術してみないことには断定できないということで、手術前から多少でも漢方薬で手術が楽に運ぶようにとのことだったが、悪性と分かればがん保険が降りるので、精一杯の配合を頂きたいが、現時点では最低限のものでということで、大柴胡湯に茵蔯蒿湯・五苓散や雲南田七など合計5種類くらいで、左脇腹の膨満感はかなりな程度軽減できた。

 そこで、8時間の大手術。
 幸いにも良性腫瘍で、膵臓にもメスが入っているために糖尿のコントロールが一生涯付き纏うかもしれないが、悪性でなくて本当に幸運なことだった。

 もう一人は、三十代。
 食道の内部ではなく、外皮にそって大きな腫瘍が発見された。

 悪性腫瘍を恐れて、手術前から多種類の配合で対処したが、幸いにもこれは良性腫瘍で、浸潤した部分もなく、目出度し、メデタシの人達だった。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2010年8月27日のボクチン(6歳)
2010年8月27日のボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母

posted by ヒゲジジイ at 07:30| 山口 ☁| 村田漢方堂薬局の近況 | 更新情報をチェックする

2016年08月26日

抗癌剤の副作用を漢方薬でどこまで軽減できるのか?

2010年8月26日のボクチン(6歳)
2010年8月26日のボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ

 先日、新規相談者で、大腸癌で肺転移などを生じている人は、主治医に当方の漢方薬か、あるいは免疫療法の併用を相談したところ、免疫療法は実際には無効だが、漢方薬類なら抗癌剤治療時に有用だからと、十分な資料を揃えて村田漢方堂薬局宛てに紹介状までもらって持参された。

 実際のところ、抗癌剤治療時の激しい副作用をかなりなレベル軽減できるだけでなく、漢方薬類の効果とも相俟って、期待以上の成果を得て、肺小細胞癌が多数散らばっていて手術不能例でも、抗癌剤と放射線+漢方薬で、副作用を驚くほど防護できて根治した稀有な例もあるし、全身に散らばった末期の悪性リンパ腫でも、抗癌剤と漢方薬類の併用で、副作用もほとんど生じることなく、根治に至っている。

 ただ、食道癌が肺に浸潤した手術不能例では、放射線と抗癌剤治療時に、病院の協力も得て、多種類の漢方薬類を胃瘻から投入してもらっても、激しい副作用をもう一歩軽減できないために、さらに高濃度の牛黄製剤を追加したところ、かなりなレベル軽減することが可能となり、無事予定通りの西洋医学治療を終え、その後、数年、再発の兆候はまったく見られない。

 これに類したものは多数にのぼり、胃癌で卵巣転移や腹膜播種を生じている若い人でも、激しい副作用を漢方薬類の併用でほとんど軽減できて、検査上は転移巣はすべて消滅している例など枚挙に暇がない。

 肺腺癌で体幹部や骨転移のみならず脳転移まで生じている人たちが、分子標的薬の副作用で続けられなくなっているところへ、多種類の漢方薬類の介入によって、再度使えるようになっているばかりでなく、転移巣はすべて消滅して、根治が期待できる状況に至っている人達も複数おられる。

 ところが、問題は抗癌剤が明らかに逆効果で、激しい毒性のために漢方薬類をもってしても軽減できない場合も現実には折々に遭遇しているが、その場合は、ご本人が自覚して主治医に強く奨められる抗癌剤を断固拒否して、漢方薬類だけに賭けて、運よく根治した卵巣転移まで生じていたスキルス胃癌や、他の悪性腫瘍でも、転移巣の進行が止まったまま数年経過している人など。

 この人達が抗癌剤をそのまま続けていたら、もしかして抗癌剤死? や、
抗癌剤の副作用に耐えられずに拒否した人たち、ばかりでもないので などに書いているような最悪の事態が生じていたかもしれない。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2010年8月26日のボクチン(6歳)
2010年8月26日のボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ

 
posted by ヒゲジジイ at 07:00| 山口 ☁| 抗癌剤の副作用や抗癌剤治療の是非の問題 | 更新情報をチェックする

2016年08月25日

命とは関係ない病気の人たちの、無意識層では病気を治したくない心理が働いている、としか思えない「心の闇」

2010年8月25日のボクチン(6歳)
2010年8月25日のボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母

 昨日、連続して遭遇した、人間様たちの心の闇

 緑内障の弁証論治は、意外に個人差が大きく異なるものだが、それにしても清熱舒筋・滋補肝腎によって、初期には即効を得て、眼精疲労や付随していた広範囲の口唇と舌の熱性炎症にも著効を得ていたはずが、口唇と舌の炎症はは治ったままとはいえ、最近、どうも眼の効き目が感じられなくなったという。

 あらためて弁証論治を出直しても、やはり変更する余地はない。
 おかしいな〜と思案していると、何かの本に書いていたので、漢方薬を始めた頃から、15分以上、温かい風呂に入ると血行が改善されて緑内障によいとあった?ので、それを実行して8ヶ月以上。

 もともと夏場はシャワーを浴びることで、風呂には入らない習慣だったが、熱いのを我慢して続けているという。

 呆れ果てても物が言えない。絶句するとはこのことで、そもそも清熱舒筋という中医学的にはかなり特殊な治法が必須の体質の人が、それを打ち消す長風呂をされたのでは、漢方薬の効果が激減しても当然だろう。

 「貴女は、きっと無意識層では病気を治したくない心の闇が巣食っているのだろうから、その心の闇に抵抗して、もっと思慮深くなるべ」きだと、と強く諭したが、どれだけ分かってくれたことやら。

 その同じ日の昨日、「酒さ」の悩みで、病名は異なっても上記と同様の清熱舒筋法を主体にした配合で、数ヶ月で7割以上治ったとかで、そのまま無音となっていた関西の女性が、数ヶ月ぶりに、ひどく狼狽した声で電話がかかってきた。

 当時、20日前後の泊りがけで毎日通い詰められ、仕舞には顔を見るもの嫌になるほど「酒さ」の悩みを縷々聞かされ続けたものだった(苦笑。

 そのくせ僅か3ヶ月で無音になった人だったが、鳴り物入りで来られる人ほど、根気が続かない人が多いのは慣れっこだから、すっかり忘れていたところへ、突然悲壮な電話。

 これまで大学病院の皮膚科まで行って、保険漢方すら投与されるまでになっても、まったく治らなかったというのに、またぞろ魔がさしたものか、わざわざ、新たな皮膚科を訪ねて、「酒さ」に効くという塗り薬をもらって塗ったところ、40分もしない間に、下関に訪ねてきた当初以上にひどく再発してしまったのだという。

 そこで送ってほしいのは、当時は2〜3種類の方剤で7割改善が得られたはずが、今回は主方剤の1種類だけで治りそうだから、それを送ってほしいという依頼だった。

 それにしても、僅か数ヶ月の服用で、せっかく7割以上治って安定していたというのに、残りの1〜3割も、漢方薬をそのまま続けて治せばよいものを、突然中断して、性懲りもなく皮膚科に行くなんて、これも上記の人と同様に、心の闇と考えざるを得ないだろう。

 このような昨日の2名は、8mmの再発癌が消滅した2名の共時性とは真逆の、実に困った共時性である。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2010年8月25日のボクチン(6歳)
2010年8月25日のボクチン(6歳) posted by (C)ボクチンの母

posted by ヒゲジジイ at 00:48| 山口 ☁| 酒さ(酒皶)・赤ら顔・酒さ様皮膚炎・ステロイド酒さ | 更新情報をチェックする