2018年04月24日

卵管の「通気検査」ミスにより、不妊治療で死亡という報道

2011年04月24日の茶トラのボクチン(もうすぐ7歳)
2011年04月24日の茶トラのボクチン(もうすぐ7歳) posted by (C)ヒゲジジイ

 タイトルのような内容で、テレビ報道やヤフーニュースなどで、広く報道されていたので、不妊治療を求めて通院中の人達は不安にかられているかもしれない。

 卵管の通気検査中に、血管に空気が侵入して肺栓塞を生じたもので、不妊治療で死亡するという、恐るべき医療過誤。

 村田漢方堂薬局でも過去、不妊相談に訪れた人の中には、当該産婦人科医院に通っていた人も多い。

 たとえば10年前だったか、もしかして、この女性もその産婦人科医院に通っていただけに、報道されているような危険を伴う時代遅れの「通気検査」が行われていたのかもしれないのだが、診断では卵管の片方が完全に塞がっており、もう一方もほとんど塞がった状態だから、不妊治療はまったく困難であると宣告されたのだった。

 この女性、下関市内では有名な公立病院内の不妊治療外来では無理なので、上記の産婦人科医院に紹介されて受診した結果が上記の通りの診断だったので、最後の望みをかけて、村田漢方堂薬局に漢方相談に来られたのだった。

 その後の事情は、既にこのブログでも報告したと思うが、通常なら少なくとも数種類以上の方剤を必要とするところ、芎帰調血飲第一加減エキス製剤のみの連用半年でめでたく妊娠。

 喜んだのもつかの間、直ぐに流産してしまったので、再度出直して、同じ方剤を続けること半年、めでたく妊娠したところで、二度あることは三度あっては困るので、芎帰膠艾湯+補中益気湯の各エキス製剤を持参して、別の公立病院に依頼して一ヶ月以上安静を保てるように管理してもらった。これらの努力がみのって、最終的に二人の子宝に恵まれた。

 いずれにせよ、ヤフーニュースに記載されていた「西日本新聞」の記事によれば、卵管の「通気検査」は危険を伴うので、15年前からほとんど行われることがなく、より安全な造影剤によるエックス線撮影が主流といわれる。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします
     ⇒ ⇒ ⇒ 健康・ダイエットランキング ⇒

2011年04月24日の茶トラのボクチン(もうすぐ7歳)
2011年04月24日の茶トラのボクチン(もうすぐ7歳) posted by (C)ヒゲジジイ

ラベル:不妊治療

2018年04月23日

四逆散や香蘇散・柴胡加竜骨牡蠣湯・麝香製剤の時代

2012年04月23日の茶トラのボクチン(もう直ぐ8歳)
2012年04月23日の茶トラのボクチン(もう直ぐ8歳) posted by (C)ボクチンの母

 人生とは、皆が免れない死刑執行の猶予期間に過ぎないことを考えれば、考え方によっては悲観的になってもやむを得ないことだろう。

 それでなくとも、日々、社会に出れば仕事上で上司や部下との人間関係に悩まされ、セクハラ、パワハラ何でもござれで、家に帰れば家族間の揉め事。

 あるいは親の介護で奔走する人達が増える一方の高齢化社会。

 そのような事情が皆無という人は滅多にないだけに、ましてや様々なこじれた慢性疾患の人達こそ、それらの問題が病気の誘発原因になっているらしいことも多いだけに、タイトルのいずれかの方剤を主方剤とともに併用して効果を上げることが多い。

 とりわけ進行がんや転移がんの人達には、麝香製剤が心身ともに有用なことがとても多い現実がある。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします
     ⇒ ⇒ ⇒ 健康・ダイエットランキング ⇒

2012年04月23日の茶トラのボクチン(もう直ぐ8歳)
2012年04月23日の茶トラのボクチン(もう直ぐ8歳) posted by (C)ボクチンの母
posted by ヒゲジジイ at 22:37| 山口 ☁| 村田漢方堂薬局の近況 | 更新情報をチェックする

2018年04月20日

流行は、たいていの場合、それの供給者によって作られる

2012年04月20日の茶トラのボクチン(もう直ぐ8歳)
2012年04月20日の茶トラのボクチン(もう直ぐ8歳) posted by (C)ヒゲジジイ

 『「明治R-1」がTBS系番組でステマ疑惑!』というタイトルで、『週刊文春』4月26日号に掲載されている。

 まさにこの商品こそ、

2018年04月15日 インフルエンザ予防に某乳酸菌飲料がブームとなった年のこと

 で書いた商品そのものなのである!

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします


2012年04月20日の茶トラのボクチン(もう直ぐ8歳)とクロちゃん(1歳未満)
2012年04月20日の茶トラのボクチン(もう直ぐ8歳)とクロちゃん(1歳未満) posted by (C)ヒゲジジイ
posted by ヒゲジジイ at 13:36| 山口 ☀| とんでもない話や、信じられない困った話 | 更新情報をチェックする

2018年04月19日

相談も何もあったもんじゃない

2011年04月19日の茶トラのボクチン(6歳半)
2011年04月19日の茶トラのボクチン(6歳半) posted by (C)ボクチンの母

 症状だけを言って、直ぐに漢方薬を出しくれと言う。

 体質によって同じ症状でも、フィットする漢方薬は異なるので、少々時間が必要だと言えば、いかにも怪訝そうな表情で、どのくらい時間がかかるんですか?とくる。

 その態度だけで、こちらはやる気を失うのだが、真剣な漢方相談なんて問題外の人達がいる。

 病院やクリニックで、たいした相談時間もかけずに漢方薬をもらって来た悪習で、漢方専門薬局にもその調子で来ているのか、はたまた、医師でなく薬剤師風情の薬屋だからと侮っているのか、いずれかは不明だが、どこへ行っても治らないという苦しい症状に悩んでいるという割には、理解に困しむ人達である。

1日1回、今日も応援のクリックをお願いします

2011年04月19日の茶トラのボクチン(6歳半)
2011年04月19日の茶トラのボクチン(6歳半) posted by (C)ボクチンの母
posted by ヒゲジジイ at 10:48| 山口 ☀| ありがた迷惑な話 | 更新情報をチェックする