2024年05月18日

托裏消毒飲のエキス製剤がないのは、日本の漢方レベルが低い証拠

 托裏消毒飲というこんなに重宝な方剤が「一般用漢方製剤承認基準」に収載されてないのだから、いかに日本の漢方レベルが低いか、分かろうというものである。

 昨今では止むを得ず「千金内托散+衛益顆粒+白花蛇舌草」の各エキス製剤で代用して、素晴らしい効果を上げているものの、本物の「托裏消毒飲」に勝るものはないはずである。

参考文献:2013年07月27日 日本の漢方はますます衰退して行く(緒方玄芳先生の思い出)

 日本の漢方レベルの低さは、托裏消毒飲の問題に限らず、せっかく承認され製造販売されている補陽還五湯エキス製剤にしても、主薬の黄耆の配合量があまりにも少ないために、衛益顆粒(玉屛風散エキス)を併用しなければならず、それでも黄耆が足らないくらいである。

 さらには、せっかくの芍薬甘草湯エキス製剤は、各社で濃淡様々に市販されているが、某メーカーさんに、芍薬と甘草の配合比率を3:1、少なくとも2:1にして、芍薬を多く、甘草が少ない配合にすべきだから、新たに製造許可を申請するように提案したところ、日本では同比率でなければ、絶対に許可が得られないほど、日本は頑固に硬直した許可基準だというから、呆れ果てるばかり。

 ひるがえって、昨今、離婚した場合の共同親権が採択されたというが、これはさらなる揉め事を爆発的に増やす法案にほかならず、弁護士を豊かにするばかり。

 しかも子供の人権はまったく無視!する最悪の決定であり、インボイス制度やマイナー保険証など、日本国民は、狂気の日本政府のお陰で、ますます地獄に落とされ続けて歯止めがかからない。
応援したくないアンチの人が多いですね


2009年5月18日の茶トラのボクチン5歳 posted by (C)ヒゲジジイ
【関連する記事】
posted by ヒゲジジイ at 10:11| 山口 | 間違いや問題の多い日本の漢方と漢方薬 | 更新情報をチェックする

2024年05月13日

ようやくレビューが公開された!

 前回のブログの続きだが、その後も執拗に繰り返し投稿し続けたところ、ようやく昨夜公開された。

 Amazon の 平家物語(上) (講談社文庫)のレビューである。

 これによって、遅かれ早かれ、旺文社文庫の『海潮音』のように、いずれは古書価が暴騰するかもしれない(苦笑。
応援したくないアンチの人が多いですね


2012年5月13日の茶トラのボクチン8歳 posted by (C)ボクチンの母
ラベル:海潮音 平家物語
posted by ヒゲジジイ at 07:01| 山口 ☔| 近況報告 | 更新情報をチェックする

2024年05月08日

某古書のレビューを投稿したところ営業妨害で不掲載か

 どうやら古書であっても褒めたたえる内容と事実を書いたものでも、結果的に他の書籍の営業妨害になるのか、いつまでたってもレビューが掲載されないので、ようやく気が付いた。

 どうやら上記の理由で、営業妨害と判断され不掲載となったのかと思われる。
 旧漢字旧かなで、しかも総ルビというのが最高!!!
同じ平家物語で、文庫本に限らず、岩波の新旧いずいれの日本古典文学大系や、小学館の新旧いずれの日本古典文学全集の平家物語を所持しているものの、総ルビというのは、この講談社文庫版の上下2巻本のみ!
総ルビであることが、どんなに通読あるいは熟読しやすいか、各出版社も見習ってほしいが、とはいえ、昨今ではこの講談社も、総ルビの文庫本や単行本は、知る限りではまったく見当たらなくなった。
実に残念なことだ。
 以上の内容だが、書籍でも事実を指摘するとマズいらしい。

 不掲載になった経験は、これまで皆無だったので、驚いている。

 昨今、とても生きにくい。

 ひるがえって、過去には旺文社文庫の『海潮音』にはしっかり訳注が付されており、旺文社版以外で訳注がしっかり付されているのは角川書店発行の日本近代文学大系『明治大正訳詩集』のみと記したレビューの投稿が掲載されて以降、旺文社文庫版の『海潮音』の古書価が、異常に暴騰(昨今でも3,000円以上)してしまった過去がある。

 突然これを思い出したが、考えてみれば、今回は不掲載のお陰で、講談社文庫版上下2巻の『平家物語』が異常な高騰を免れるので、その点は救いである。
応援したくないアンチの人が多いですね


茶トラのボクチン(7歳) posted by (C)ヒゲジジイ
posted by ヒゲジジイ at 08:00| 山口 ☁| とんでもない話や、信じられない困った話 | 更新情報をチェックする

2024年05月04日

さすがに連休が4日間続く前日の2日(木曜日)は午後5時の閉店は叶わなかった

 午後閉店近い時間に乳癌でほとんど10年近くで根治に近づいている常連さんの服用薬類の発送依頼に、連休後の7日(火曜日)になるとは、到底言えないので、集荷が終わった後だったが、急ぎ荷造りして再度、集荷を依頼した。

 そうこうするうちに、もともと腎機能障害で通われていたお馴染みさんが、あらたにステージ2の前立腺癌が発覚したというので、相談を受けながら、従来の常用薬ととも、本気で漢方サポートをする場合の案内などをしていると、ほとんど夕方6時になっていた。

 多少でも本格的な漢方サポートをするには、ステージ2の前立腺癌であっても、最低限4種類以上の漢方薬類を必要とするが、少なくとも他の悪性腫瘍よりも、西洋医学治療だけでも、ステージ2の前立腺癌であれば、かなりな確率で根治が望めるはずである。

 といっても、過去の事例からみても、漢方薬類のサポートは、放射線治療などの副作用を軽減するなど、免疫力を保ちながら、根治率を高めながら体調管理に資するところは大きい。
応援したくないアンチの人が多いですね


2012年4月4日の茶トラのボクチン7歳半 posted by (C)ヒゲジジイ
ラベル:前立腺癌
posted by ヒゲジジイ at 08:48| 山口 | 膀胱癌・前立腺癌・ステージ4 | 更新情報をチェックする

2024年05月01日

不思議と鷹揚な性格の人が多いらしい「糖尿病」の人達

 不思議なことに、漢方薬類で確実に効果が出ているというのに、あるいは「出たから」というべきか、中には運用く即効に近い効果が出ていても、数年も経てば、いつのまにか中断してしまう人が多い「糖尿病」の人達。

 糖尿病の怖さは、様々な疾患に連動しやすいというのに、すなわち神経障害、網膜症、腎臓障害、動脈硬化など、中でも腎不全を誘発して透析が必要となるケースが多いのは無視できないはずで、透析患者の4割以上が糖尿病が原因である。

 長年観察するところによると、肝臓疾患の人達はやや神経質で厳格・真面目な人が多かったので、ウイルス性肝炎の治療薬が西洋医学で開発されるまでは、漢方薬類を熱心に続ける人が多かったが、糖尿病の人達は、性格がやや鷹揚というか、深刻さに欠ける部分があるのかもしれない。

 要するに、我が薬局では数十年以上の常連さんがとても多いのだが、不思議なことに、糖尿病の人達では、一定の効果が出たところで中断してしまったケースがほとんど。

 他の疾患の人達では、明らかな効果があったことから漢方に嵌って、数十年以上の常連さんになったケースとは大違いである。

 糖尿病は漢方が得意とするところであるというのに、実に不思議なことである。
応援したくないアンチの人が多いですね


茶トラのボクチン(ほとんど6歳) posted by (C)ボクチンの母
ラベル:糖尿病
posted by ヒゲジジイ at 23:48| 山口 ☁| 糖尿病 | 更新情報をチェックする