2020年09月20日

病院で投与された半夏厚朴湯が無効なのに

 病院で投与された漢方薬で効果がなく、他社の同じ方剤を飲んでもらうと、明らかに効果があったというケースは、これまで最も多かったのが猪苓湯で、次に柴胡桂枝湯や五苓散、六君子湯や補中益気湯など、数えればきりがないが、今回は半夏厚朴湯。

 ステージ4の悪性腫瘍で、進行がピタリと止まったままのやや高齢者が、以前からあった頑固に続く咽喉の詰まり感によって、折々に嚥下困難を感じていたのが、何年も前から、病院で汎用される例のメーカーさんの半夏厚朴湯を投与されていたが全く効果がないというので、昨年だったか、他社の半夏厚朴湯を飲んでもらうと、しっかり効果があり、一昨日電話でもあらためてお礼を言われたところだった。

 長年、漢方薬の品質問題に関しては、煎じ薬の薬味一つ一つの選別に神経を使っていた時代から、あることをきっかけに、家庭で煎じる成分の抽出ロスの問題、および、臨機応変の配合変化には極めて不便な煎じ薬の非能率な問題。

 のみならず進行性手掌角皮症などに対して煎じの温経湯を使っていた時代よりも、エキス製剤を使用しだして以降の方が、効果が出る速度が、たとえエキス濃度が二分の一の製剤であっても、2倍以上早い速度で効果が出る経験を繰り返すうち、優良な製剤を選べば、煎じ薬よりも効果が優れていることを実感するに至った。

 とはいえ、ここで極めて重大な問題は、同じエキス剤でも、各社で効果がかなり異なる場合があるので、注意が必要であるばかりか、同じ方剤名でも、虚証用の白朮を使うべきところを実証用の蒼朮が配合されていたり、白朮のみならず蒼朮も両者を配合すべき方剤に、白朮しか配合されてないものなど。

 そればかりか、同じ方剤名でも、それぞれ薬味の配合比率が大きくことなる問題など、それはそれは、問題を指摘すれば際限がない。

 話は戻って、半夏厚朴湯でさえ、このような効果に差がでるのは、厚朴の品質に問題があるのかもしれないし、精油成分の揮発状況など、成分の抽出方法に問題があるのかもしれない。

 あるいは投与する人間との信頼関係の問題、ということがないとは言いきれないかもしれないが、過去、疑り深い人でも、同様な経験をして、そのお陰で信頼されるようになったこともあるくらいだから、信頼関係の影響とは無関係のように思える。
応援のクリックをお願いします 健康・ダイエットランキング

2008年9月20日の茶トラのボクチン(4歳)
2008年9月20日の茶トラのボクチン(4歳) posted by (C)ボクチンの母
ラベル:半夏厚朴湯
【関連する記事】
posted by ヒゲジジイ at 08:06| 山口 | 病院の漢方薬 | 更新情報をチェックする

2020年09月18日

まったく信用されない

 連休前とて、悲惨なほど千客万来、発送依頼も半端じゃない。

 夕刻、ようやくホッとしかけたのもつかの間、40年来の常連さんが、数ヶ月毎に定期便で常用薬をまとめ買いに来られた。

 その時、ちょうど裏庭で、哲学の煙を嗜んでいたときだったので、急ぎ店頭に向かうと、いつもながら、その匂いを敏感に察知した女性薬剤師が、僅かにむせ返った。

 常連さんは、私もタバコは大嫌いよ、とのたまうので、コロナ対策には最高の薬で、タバコを吸う人は、統計的にも、明らかにコロナに感染しにくいことを縷々説明するのだが、呆れかえって、まったく信用されない。

 実に歯がゆい思いだが、世の中、タバコをこれほど毛嫌いされるのも少しは理解できるが、それならもっと害悪を垂れ流す飲酒の問題は、どうなのだっ!

 現実的には、喫煙の害よりも、飲酒の害毒の方が、はるかに大きいのに、あまりにも飲兵衛が溢れかえっているので、この問題が社会的に取り上げられることは、ほとんどない。

 タバコをこれだけ迫害するのだったら、禁酒法も制定するのが公平というものだろう。
応援のクリックをお願いします 健康・ダイエットランキング

2010年9月18日の茶トラのボクチン(6歳)
2010年9月18日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ
ラベル:コロナ
posted by ヒゲジジイ at 17:37| 山口 ☁| 漢方相談室での談話風景 | 更新情報をチェックする

2020年09月17日

マスクの着用は、新型コロナウイルス感染予防に、ワクチンよりも効果がある

 案の定、昨日書いた、一昨日の閉店後の夜8時前に「ネット販売では絶対に見つからない中医学系のやや特殊な製品の値段の問い合わせ」の電話をかけてきた若い男性は、本日、再度、電話がかかることはなかった。

 夜間にかかる、このような得体の知れない不快な電話というのは、村田漢方堂薬局に限っては、滅多にないことだから、まことに異様に感じるものである。

 それはともかく16日、米疾病対策センター(CDC)のレッドフィールド所長は、議会証言で、マスク着用は新型コロナウイルス対策としてワクチンよりも有効な可能性があると述べられていた。

 ポロっと本音が出たのか、実際のところ、新型コロナウイルスに限っては、インフルエンザワクチンと同様、ワクチンに過度な期待を持たないことである。

 テレビ報道などで、ワクチンを期待する話題が出るたびに、性懲りもなくオメデタイ人達だ、と呆れているイヤミなヒゲジジイが長州にいる。
応援のクリックをお願いします 健康・ダイエットランキング

2009年9月17日の茶トラのボクチン(5歳)
2009年9月17日の茶トラのボクチン(5歳) posted by (C)ボクチンの母

2020年09月16日

義理人情なんて

 今回は、特別な題材もないので、昨夜の出来事から。

 昨夜8時前に、ネット販売では絶対に見つからない中医学系のやや特殊な製品の値段の問い合わせがあった。

 ちょうど庭でタバコを吸っているところにかかった電話なので、慌てて家に入り、受話器を取った。

 閉店後の時間外にかかる電話には、ロクなものがないので、電話番号によっては取らないことも多いし、ましてや「非通知」の場合は、絶対に取らない。

 080から始まる番号なので、シブシブ取ったものの、上記の通り、やや特殊な製品の値段を尋ねる質問だが、閉店後は薬局にいないので、値段は分からないが、飲んだことがあるのか?と尋ねると「ある」という返事。

 何時まで開いているのかというので夕方6時までだと答えたが、翌日の本日再度電話をかけるつもりらしいが、こちらは怪訝そうな応対に終始していたので、再度かかるとは限らないだろう。

 他の薬局の店主やスタッフによるサグリということもあり得るが、もしも本当にその製品を欲しているのだとしたら、その製品を選んでくれた薬局さんに失礼である。

 やや特殊な製品だけに、素人の個人の知識で、到底選べるものではないだけに、義理人情なんて、大昔の話。

 既に、村田漢方堂薬局でも、適切な方剤を見つけてあげても、効果が確実になると、さっさと他の薬局やネット通販に切り替える連中も、決してマレではない。

 そういう人に限って、ムシよく、困ったときには相談を依頼して来るのだから、もともと人間という動物は、そんなものなので、まだ犬や猫の方が、はるかに義理堅いものである。

 こんな嫌味なブログを書き終わったところで、1〜2年前に、肺がん手術前の数ヶ月にわたって、当方の漢方薬類を飲んで体調を整えていたつもりの人が、手術寸前になって病巣が消滅して、寸前で手術を免れた人は、律儀に継続服用されているが、念のための検査も半年に1回にのびているとの報告を得た。

 よっぽど前世の行いがよかった人に違いない。

 本日は自分のではなく、ご主人用の牛黄製剤の補充だったが、長年、ご一家で入れ替わり立ち代わり、あるいは同時に、比較的長いお付き合いのご家族のお話し。
応援のクリックをお願いします 健康・ダイエットランキング

2011年9月16日の茶トラのボクちん(7歳)
2011年9月16日の茶トラのボクちん(7歳) posted by (C)ヒゲジジイ
ラベル:義理人情
posted by ヒゲジジイ at 10:17| 山口 ☔| 近況報告 | 更新情報をチェックする

2020年09月15日

メマイなど、ストレスの多い時代には

 我が薬局に関しては、コロナの時代になって、例年になく目立つのは、メマイを訴える新旧の相談者たち。

 やや高齢の人達によくフィットするのは、釣藤散+半夏白朮天麻湯+六味丸系列の方剤。

 それより若い年齢層でも、半夏白朮天麻湯証を呈する人が多く、釣藤散の併用も必要なこともある。

 世間で頻繁に使用されるらしい苓桂朮甘湯がフィットしそうな人は、以前から村田漢方堂薬局では、そのようなタイプの人は少ない。

 以前から、重症のメニエール氏症候群には、釣藤散+半夏白朮天麻湯+六味丸系列の方剤という3種類の併用によって、しっかりフィットして、根治する人も多かった。

 なお、ストレスに弱い体質者によくみられる、突然のメマイ・嘔吐・下痢など、自律神経発作症とも言うべき発作的に生じる諸症状も含めて、様々な領域の疾患に、柴胡桂枝湯の適応がないかどうかを考慮しておく必要がある。

 ずいぶん昔の話だが、故相見三郎先生が、たとえば昭和46年発行の『漢方の臨床』誌の第200号記念特集号に、『傷寒論の特質と治療方針及びその診療の実際について』と題された中で、「正邪分争」など、傷寒論の条文のみならず、素問なども数多く引用されて、極めて詳細に論じられつつ、「小柴胡湯合桂枝加芍薬湯の自験に基づく傷寒論思想の理解」の項目中で、心臓神経症・自家中毒・チック症、夜尿症、円形禿頭、喘息、蕁麻疹、潰瘍性大腸炎,偏頭痛、パルキンソン氏病(パーキンソン病)、メニエル氏病、リウマチ、バセドウ氏病、無月経、月経困難症、手掌角皮症、腰痛、帯下、ノイローゼ、不眠症、神経痛、神経麻痺、胃潰瘍、てんかんなどに対する有効性を論じられながら、実際の治療統計を公表されていた。

 小柴胡湯合桂枝加芍薬湯は、とりもなおさず、柴胡桂枝湯中の芍薬を2〜3倍に増量したものに過ぎない。

 これで思い出したのだが、昔、故小曽戸丈夫先生が、苦笑を禁じ得ない表情をされながら、次のような面白いお話をされたことだった。

 先生の知人の漢方薬局さんでは、どの相談者にも、まずは柴胡桂枝湯を最初に飲んでもらうことにしているという話だったが、上記の相見三郎先生の論説が発表されて5〜6年以後の話だったので、もしかしたら相見三郎先生の論説に基づいての安易な販売行動だったのかもしれない。

 ともあれ、現代中医学では、考えられないような応用分野を切り開く、独特な日本古方派の人達が昔からおられ、しかも脈々とどこかで受け継がれているのだろう。

 小柴胡湯合桂枝加芍薬湯という柴胡桂枝湯の広範囲な応用については、実に深い解釈と理解があって投与されているハズだから、素人や漢方初心者が安易にマネしても、実際に効果があるかどうかは別問題である。
応援のクリックをお願いします 健康・ダイエットランキング

2010年9月15日の茶トラのボクチン(6歳)
2010年9月15日の茶トラのボクチン(6歳) posted by (C)ヒゲジジイ
posted by ヒゲジジイ at 13:06| 山口 ☁| 時代的な傾向や使用頻度が増加中の漢方薬方剤 | 更新情報をチェックする